お食い初めの鯛はスーパーで焼いてくれる?欠品時の代用魚も解説!

赤ちゃんを産んで、100日目になると迎えるお食い初め。
お食い初めには鯛のお頭は必須ですよね。

でも、自分で焼くのは大変だと思っている人も多いです。


ここで、グッドアイディアを思いついた人いるんじゃないですか?

「自分で鯛を焼くのが大変なら、専門の人に焼いてもらえばええやん!」
「魚屋さんは魚の専門やから、焼くのも専門やん!」


お食い初めの鯛をスーパーの魚屋さんで焼いてくれるなら、どんなに楽な事でしょう!


スーパーでは鯛は焼いてくれるのでしょうか。
また、スーパーで鯛がない場合には、鯛の代わりにどんな魚が使われるのでしょうか。



スーパーではお食い初めの鯛は焼いてくれるの?

お食い初めの魚をスーパーで焼いてもらえたら、すごく楽ですよね。
お食い初めで用意をするものは、魚だけではないので、全体的に手間を減らすことが出来ますね。

スーパーで鯛を焼いてくれるところがあるのか気になりますよね。

お食い初めには、尾頭付きの鯛を1匹用意します。

スーパーの鮮魚コーナーに行くと、購入することが出来ます。

値段は、小さめの魚で1,500~2,000円、大きい鯛だと3,000円で手に入ります。

家族だけで行うなら、小さめな魚でもいいですよね。



「お食い初めに使う」と言うと、下処理をしてもらえ、尾頭付きのままくれます。
たいがいのスーパーで下処理をしてもらえます。


お食い初めの鯛を焼いてくれるスーパーは多い!

また、下処理に加えて、塩焼きまでしてもらうことも可能です。

下処理だけしてもらいたい人や、下処理から自分で出来る人、何もできないからしてほしい人など、いろいろな人がいると思います。

お店では、お客さんの要望に応えて柔軟に対応してくれるので、店員さんに遠慮なく何でも聞いてみましょう。

料理に自信がなく、すべてをお願いしたい人でも、安心できますね。

ほとんどのスーパーで焼いてくれますが、スーパーによっては時間が決まっていたり、断られることもあります。

すべてをお願いしたい時には、事前に聞いてみると良いですね。





スーパーで鯛がない場合に代わりになる魚は?

お食い初めと言えば鯛!
そのような印象は大きいですよね。

でも、スーパーをはしごしても、鯛がない…
そんな人もいると思います。

そんな時、鯛以外にどんな魚で代用することが出来るのか考えますよね。


お食い初めの「鯛」の代わりの魚は尾頭つきの魚なら何でもいい

お食い初めで大事なのは、鯛を探すことでも、良い食器を使うことでもありません。

「お祝いする気持ち」が最も大切なものなので、無理のないようにお食い初めの準備を行いましょう。

祝い事に不吉な魚はありません。お食い初めの「鯛」の代わりの魚は尾頭つきなら何でも良いのです。
ただ、魚を購入する時は、お頭がついているものを購入すると良いですね。

サンマやアジなど、旬の魚を使うのもおススメです。


小さなサイズの鯛であれば、高い確率で手に入るかもしれません。
小さなサイズのものでも、下処理をしてもらえるので、遠慮なく言ってみましょう。


お食い初めの鯛はスーパーで焼いてくれる?鯛の代わりの魚は?【まとめ】

お食い初めに使われる鯛は、スーパーに行けば下処理をしてもらえるので、遠慮なく言いましょう。

また、焼くことに失敗しないか不安に感じている人でも、スーパーでは塩焼きまでしてくれるところも多いので、安心です。

料理が苦手な人にも、すごくありがたいですよね。

ただ、塩焼きまでしてもらう際には、時間の都合もあり、してもらえない場合もあるので、事前に確認をしてから頼むようにすると良いですね。

お食い初めで大切なことは、「お祝いをする気持ち」です。
家族みんなで楽しく嬉しくお祝いをすることが出来れば、それが一番いいですよね。

鯛でなくても、他の魚でも大丈夫です。
500円程度の小さな魚でも立派なお祝い膳になりますよ。

尾頭付きの魚で、旬のものを購入すると良いですね。

ママも、体調がまだ本調子ではありません。
無理をせずにできる範囲で準備をするといいですね。

赤ちゃんにとっても、家族にとっても、お食い初めは大切な日です。
頑張りすぎない程度に準備をし、温かい気持ちでお祝いし、思い出に残るお食い初めにすることが、最も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください