お食い初めの挨拶を一言!簡単な例文を参考にして乗り越えろっ!

お食い初めは最近では、家族だけで行うことが多くなってきましたが、親戚まで読んで盛大に行う家庭もあります。

大勢で盛大にお食い初めを行う場合には、初めに簡単な一言挨拶があります。

今回は、どのような挨拶を行えばいいのか、例文も含めてご紹介します。

お食い初めの挨拶にはどんなことを言えばいい?

お食い初めの挨拶には、どんなことを言えばいいのかすごく悩まされると思います。

今回は、赤ちゃんのお祝いへのお礼として、日ごろからのお礼をあらためていう場としても、お食い初めの場はすごく大事です。

今回集まってくださった事へのお礼は、一番初めに言いましょう。

それから出産からお世話になった事への感謝と、これからもよろしくお願いしますの意味を込めて挨拶を行うと良いのではと思います。

挨拶の言葉は、あまり長くならないように、簡素に重要な一言が言えるようにすると良いですね。

お食い初めの【挨拶】の例文

本日はお忙しい中、○のお食い初めにお集まりいただきましてありがとうございます。

○の誕生からこれまで、皆様には大変お世話になりまして
○も、健やかに(大過なく)今日を迎える事が出来ました事をお礼申し上げます。

ささやかではございますが、お時間の許す限り、ごゆっくりして下さい。

それでは僭越ではございますが乾杯の音頭をさせて頂きます。

ここにお集まりの方の今後ますますご健勝でありますよう
また○が健やかに育ってくれる事を祈りまして

乾杯!

このように、集まってきてくれた方へのお礼と、我が子の幸せを願う気持ちを込めて挨拶をするのは、すごくいいのではないかと思います。

集まる人が、祖父母までであれば、「ごゆっくりお過ごしください」まででもいいですね。

その後に、乾杯を軽くする感じで行うと良いと思います。

堅苦しいことが苦手な場合は、「今日は集まってくれてありがとう」と言い、「これからもよろしくお願いします」と乾杯をするのはいかがでしょうか。

堅苦しいことが嫌いと言っても、感謝の意を伝えることはすごく大切です。

乾杯の挨拶は誰が行う?

乾杯の挨拶を行うのは、基本的には、父親が行います。

この時点で、母親のほとんどがホッとするのではないでしょうか(笑)

父親には少しプレッシャーに感じると思いますが、頑張ってほしい所ですね。

しかし、挨拶をする人には、特に決まりごとはありません。
誰が行ってもよいとされています。

最初の挨拶は父親が行いますが、締めの挨拶まで全部父親が行う必要はないと言われています。

最初から最後まで全部行えば素敵ではりますが、締めの挨拶をおじいさまが行う場合もあります。

また、始まりの挨拶を父親がし、乾杯の挨拶を母親がするケースもあります。

親戚も集めて、盛大に行う場合には、祖父母にもお願いをして、役割分担するのもいい方法ですね。

お食い初めの挨拶【まとめ】

お食い初めの挨拶を考えるのは、少しプレッシャーに感じる人もいますが、一言感謝の気持ちを伝えるだけでOKです。

堅苦しいのが嫌いな雰囲気でも、感謝の気持ちを伝えるのは、お祝いの席では大事なことだと思います。

例文を一つご紹介したので、上記の例文を参考に、自分の言葉であいさつの言葉を伝えるのもおススメです。

また、挨拶を全部一人で行わずに、役割分担をすると、プレッシャーが軽くなるのでは…とも思います。

今日、集まってくれたことへの感謝の気持ち、今までよくしてくれたことへの感謝の気持ち、これからもよろしくお願いしますの挨拶。
これだけは押さえておきたいですね。

普段、なかなか感謝の気持ちを使えることが出来る機会はあまりないのではと思います。

感謝の気持ちを伝えつつも、思い出に残るようなお食い初めにしたいですね。