お食い初め【煮物】の意味と、おすすめの簡単レシピを3つ厳選!

赤ちゃんが生まれると、たくさんのお祝いイベントがありますが、赤ちゃんの健やかな成長を願う「お食い初め」もそのひとつ。

お食い初めで用意するお料理には、いろいろな種類がありますが、今回は、その中で煮物についてご紹介します。

今日はお食い初めの煮物レシピと、飾り切りのやり方、煮物の意味などについてご紹介します。

お食い初めの【煮物】の意味とは?

お食い初めで使われる料理には、さまざまな願いがこもっています。
煮物にも、しっかりと意味が込められています。

お食い初めで出す煮物には、地域によっていろいろな煮物があると思いますが、ほとんどの地域では、おめでたい席で使われることの多い筑前煮が多く作られているようです。

先を見通せると言った意味を込めて、「れんこん」をいれたり小芋がたくさんできる里芋を入れて「子宝にたくさん恵まれるように」など、煮物に入っている具の一つ一つそれぞれに、願掛けをします。

たけのこの煮物には、竹のようにすくすくと真っすぐに育ってほしいと言った意味が込められています。

かぼちゃを六角形に切ると、亀の甲羅を表現することが出来、長寿の意味が込められています。

大根と人参を煮物に入れる家庭もあると思いますが、大根と人参の組み合わせは、紅白をイメージする意味もあり、とても縁起がいいです。

煮物の素材には、一つ一つそれぞれに意味を持っているとも言われていますが、細かい決まりがあるわけではないので、季節の旬のものを使うようにすると良いですね。

お食い初めにおススメの煮物のレシピ

お食い初めで作られる煮物のレシピは、いろいろなレシピが紹介されています。

その中でおすすめのレシピをご紹介します。

お節・お食い初めに♪ 基本の筑前煮

基本の筑前煮です。
人参を飾り義理にすれば、お食い初めなどのお祝いの席にもおススメです。

お祝いの席だけではなく、普段の煮物にもぜひ作ってみてください。

白だしでお食い初めの煮物

白だしをベースに作られた煮物。
素材の味や色を生かして作られています。

薄味を好む人にも白だしを使った煮物はすごく好まれています。

繊細な和食にもぴったりな煮物を、普段の食卓や、お食い初め、お正月などの和のおもてなしの一つにいかがですか。

おめでとう100日 ☆お食い初め☆ 煮物

お食い初めに煮ものを出すなら、大人でもおいしく食べることが出来ると良いですよね。

一生涯食べることに困らないようにと願いを込めて作られた煮物は、愛情がこもった優しい味に仕上がっているのではないでしょうか。

お食い初め【煮物】のまとめ

お食い初めには、料理一つ一つにそれぞれ意味が込められています。

煮物もその一つで、一生涯食べ物に困らないようにと言う大切な意味が込められています。

そして、煮物の材料に使われる食材にも、意味が込められていると言われていますが、細かく決まったことはないので、季節に合った食材を使うのが望ましいとされています。

味付けにもこだわりはありませんが、白だしで味付けをすることで、素材そのものの色を活かした煮物を作ることが出来、多くの人に活用されているようです。

お祝いの煮物として、ニンジンやレンコンなど、飾り切りをするのも良いですね。
飾り切りは手間がかかりますが、それだけ愛情のこもった煮物に仕上がるのではないでしょうか。

お食い初めの時期は、パパやママの育児疲れの出やすい時期でもあります。

無理をせずに、みんなが笑って過ごせるお食い初めの日を迎えられるように、無理のない程度に準備をするといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください