制限速度の標識なしの住宅街を走るとき!時速何キロが適切?狭い道や農道などでの運転マナー

住宅街を安全に運転することは、全てのドライバーにとって重要な責任です。

特に、制限速度標識がない住宅街では、適切な速度での運転が重要となります。


この記事では、制限速度の考え方や、住宅街や狭い道での運転マナーについて解説します。



スポンサードリンク



制限速度標識なしの住宅街での運転基準

はじめに「制限速度標識なしの道路は速度は何キロなのか?」ですが、原則として時速60キロと定められています。

しかし、それは大きな幹線道路に限った場合であり、住宅街などの狭い道でも通用するかというと、そうはいきません。

「道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。(道路交通法第70条)」と定められています。

例えば、裏路地のようなクルマが一台しか通れない一方通行のような狭い道や農道のようないわゆる生活道路と言われる場所で60キロものスピード出すと、「安全運転義務違反」となる可能性があります。

制限速度標識なしの住宅街での運転では一般的に、住宅街では時速30キロ未満が適切な速度とされていますが、道路の幅や交通の流れ、歩行者の有無によって、さらに低い速度での運転が必要な場合もあります。

また、学校の近くや通学路などでは、ゾーン30といって制限速度30キロが区域指定されている場所もあって、子供たちの安全のためにも、より慎重な運転が求められます。

最近ではゾーン30プラスという区域も設定されており、生活道路での歩行者を優先した安全をさらに整備するものです。

ゾーン30による最高速度30キロの区域規制と、「狭さく」というガードレールなどで意図的に狭くすることや、「バンプ」と呼ばれる段差を設けたり、直線の途中を少しカーブさせて減速させる「スラローム」など、物理的に速度が遅くなるようなデバイスを設置した区域で、全国的な整備が推進されています。

ドライバーに対して危険と思わせる施策なので、このような場所では物理デバイスによらずとも、意図的に安全運転を心がけるようにしてください。

住宅街の特徴と安全運転

日本の特に市街地の住宅街は通常、歩行者や自転車が多く、道路が狭いことが特徴です。

これらの道路で安全運転を行うためには、周囲の状況を常に把握し、予期せぬ障害物や歩行者に注意を払う必要があります。

特に、公園などの子供が遊んでいる可能性がある場所や、視界が悪い交差点では、制限速度に関わらず、徐行をして安全を確保したうえで運転することが重要です。

また、速度を落とす他に、必要に応じて停止して譲り合うことが大切です。

狭い道で対向車が来てしまった場合、頑なに進行しようとする人がいますが、相手によけさせるような独りよがりの運転はしないでください。

お互いにすれ違える空間を作る努力をし、必要であれば自分が大きく避けて停車し、パッシングなどで合図して譲ったことを伝えてあげてください。

意思疎通と譲り合いがとても重要になります。

曲がり角や見通しの悪い場所では、一時停止を怠らないようにしてください。

多くの場合、危険な場所は一時停止の標識があって、一旦停車することが求められますが、標識がない場所でも一時停止までいかないまでも、減速して安全に通過するようにしてください。

いつでも停止できる速度で運転し、周囲の状況に十分な注意を払うことが不可欠です。



スポンサードリンク




制限速度の標識なしの住宅街【まとめ】

住宅街や狭い道を運転する際は、たとえ制限速度の標識なしの場合でも、安全と周囲の状況に応じた速度で運転することが重要です。

道路交通法に基づいた運転は、自分自身の安全はもちろん、他の道路利用者の安全にも直結します。

制限速度が明示されていない場合でも、区域指定されている場合があるため、標識を見逃さないようにしましょう。

狭い道を走行するときは徐行をして慎重に走行させることが基本であり、状況に応じて一旦停止するなどの安全策を講じた運転を心掛けることが大切です。