右折するタイミングがわからない !そんな自分は下手なの?

車の運転において、右折というのは、非常にリスクの高い行動でもあります。

横断者がいるかもしれない、対向車が速いかもしれない、対向車に隠れてバイクが来ているかもしれないなど、慎重になるあまり「右折するタイミングがわからない」と感じる方も少なくないでしょう。


そこで今回は、右折のタイミングや、それに関連する様々な要素について解説します。



スポンサードリンク


右折の基本

右折する際、最も重要なのは、周囲の状況を把握することです。

当たり前ではあるのですが、歩行者や対向車線の左折車、右折した先に駐停車している車がいないかどうかなど、十分な注意が必要です。

また、距離の見極めも重要で、適切なタイミングで右折しなければ、交通の流れを阻害し、事故の原因となります。

右折するタイミングがわからないと感じる場合、まずは周囲の状況を落ち着いて確認しましょう。

右折する際には、歩行者に特に注意が必要です。

歩行者が横断歩道を渡っている場合、車両は一時停止し、歩行者が通過するのを待たなければなりません。

歩行者との距離や速度を正確に判断し、安全なタイミングで右折することが重要です。

左折車との協調も、右折のタイミングを判断する上で重要な要素となります。

左折車がいる場合、右折する車両は左折車を優先させる必要があります。

左折車との距離や速度を確認し、適切なタイミングで右折しましょう。

最近は自転車もかなり危険な存在です。

車が進行していっても平気で突っ込んできたりしますので、注意が必要です。



右折するタイミングがわからない方へのアドバイス

一言で言えば、慣れるしかないのですが、いくつか考慮すべき点はあります。


右折するタイミング

右折するタイミングは、対向車と右折先の横断歩道に歩行者や自転車などが来ていない時です。

どうしても対向車や人が切れない場合は信号が変わるタイミングで動き出すのが良いでしょう。

もちろん、信号が変わるタイミングでも突っ込んでくる車や歩行者はいるので、それらには細心の注意を払って進行してください。


ウィンカーの点灯も重要

直接的に右折のタイミングには関係ありませんが、ウィンカーも適切なタイミングで点灯しましょう。

道路交通法施行令第二十一条により、ウィンカーを出すタイミングは「交差点の30m手前」「進路変更をする3秒前」と決められています。

ウィンカーは、右折する意思があることを他の車に知らせるためのものなので、対向車や歩行者に早めに知らせることで、自分も余裕を持つことができるというのも安全に右折する秘訣です。


右折の仕方

右折するときは、交差点の中心付近を通りながらゆっくり曲がるようにしましょう。

そうすることで、歩行者や自転車を巻き込むリスクを低減することができます。


右折レーンのない交差点

右折レーンのない交差点で右折する場合は、道路中央に寄って待つようにしましょう。

後続車の邪魔にならず、気持ちに余裕を持つことができます。



スポンサードリンク


右折するタイミングがわからない【まとめ】

右折するタイミングがわからないという場合は、まず交通量が少ない安全な場所で練習をしてみることをおすすめします。

練習をすることで、右折するタイミングをつかむことができます。

以下に、右折するタイミングをつかむための練習例をご紹介します。

・交通量の少ない時間帯に、空いている交差点で練習をする。
・最初は、対向車が来ていない時だけ右折する。
・慣れてきたら、対向車が来ている時も右折する。

練習を重ねることで、右折するタイミングがつかめるようになります。

また、練習する際には一人ではなく、運転を適切にアドバイスできる同乗者がいるといいかもしれません。

適切な右折のタイミングがわからないまま、強引に右折すると、重大な交通事故を引き起こす可能性があります。

適切なタイミングでの右折は、自身の安全だけでなく、他の車両や歩行者の安全も保障します。

正しい知識と技術を持つことで、より安全な交通環境を築くことにつながります。