フィットの2代目はかっこいい!今も変わらず人気なのはなぜ?

2001年に突如として現れた「ホンダ フィット」その革新的なデザインと機能性で世界的に人気の車ですが今もなおモデルチェンジを重ねて進化しています。

そんな中で「時代を超えて愛される」という言葉がぴったりな車があるとしたら、間違いなくホンダのフィット2代目です。

市場に登場してからしばらく経ち、新型モデルが登場する中で、フィット2代目の人気は色褪せることがありません。


ではなぜ「フィット2代目、かっこいい」と多くの人が感じるのでしょうか?

私自身、スタイリッシュな外観、広々とした内装、そして優れた走行性能に何度も感心させられました。(笑)

ではフィット2代目の人気の秘密を3つの視点から観察していきましょう。

是非最後まで読んでくださいね!



スポンサードリンク


フィット2代目がかっこいいと人気の秘密3選

オシャレ内装&かっこいいデザイン

2007年に登場したフィット2代目は同年のカーオブザイヤーに選ばれた実績もありそのデザイン性も評価を受けている車です。

そんなフィット2代目は、ただのコンパクトカーとは一線を画す存在です。

その独特なデザインと快適な内装で、日々の運転が楽しみに変わる事でしょう。

フィット2代目には前期型と後期型があり、ボディデザインについて前期型はクリーンなラインとシンプルなフォルムが特徴的。

繊細なヘッドライトと滑らかなバンパーデザインで、初代と比べると非常にシャープな印象を与えます。

ですがまだ全体的に丸みがかっていてかわいい印象もありますね。

後期型になると今度は前期型に比べてフロントバンパーとリヤバンパーのデザインが変更され、ボディラインが引き締まった見た目に。

シンプルにすごくカッコよくなった印象です。

見た目なら絶対後期型がおすすめですね。(笑)

続いて内装はどうでしょうか。

前期型は初代フィットに比べステアリングのデザインもよりスタイリッシュになりインテリアも全体的に曲線を意識されていデザインされています。

各スイッチ類の位置もデザインの一部となるようにオシャレな配置になっていますね。

さらには後部シートを倒しフルフラットにすることで室内空間を広く取る事ができ、使用の用途に合わせてレイアウトを変更出来るようになっているようです。

ホンダ用語で「マジックシート」というらしいですね。

ぴったりの言葉だと思います!

後期型は前期型からよりさらにアップグレードされており、基本レイアウトは変わりませんが各スイッチのLEDイルミネーションが変わっており、よりオシャレな空間を演出できてますね。

さらには後期型よりハイブリッドがラインナップとして登場したためECOスイッチが追加されました。

やはり後期になると色々とアップグレードするので良いですね。ハイブリッドはあまり興味無いので内装は前期の方が私は好みですがね(笑)


コンパクトながらパワフル

コンパクトカーの常識を覆す、それがホンダのフィット2代目です。

この小さな車がどれほどの力を秘めてるか知ってますか?

フィット2代目には、1.3Lと1.5L(i-VTEC)が搭載されています。

1.3Lエンジンは、軽量かつ効率的で、日常生活では必要十分なエンジンであり軽量な事もあり低燃費走行を可能としています。

すいません1.3Lエンジンは特にこれ以上ありませんね(笑)

やはり「ホンダ」といえば技術。

その粋を集めたエンジンそれがVTECエンジン。

VTECエンジンはバルブタイミングとリフト量を可変制御することによりエンジン低回転時は低燃費走行を実現し、高回転時はリフト量が増える為、燃料がたくさんエンジンに吸入されるのでパワフルな走行が可能となっています。

なにより高回転時にリフト量が増えた時の加速感とエンジンサウンドはまさに「乗った人を魅了する事間違いなし!」

思わずアクセルを踏みたくなるエンジンですね。

踏みすぎは注意です(笑)

そんなVTECに改良を加えさらに細かい制御ができるようにしたのがi-VTECなんです。

モータースポーツの為に作られたエンジンで、ホンダのスポーツカーに搭載されている事が多ですが、なんとフィット2代目にも載っています。

「フィット2代目RS」です。

RSはコンパクトカーとは思えない走りを実現しました。

パワーもそうですがハンドリング性能もしっかりしており、乗っていて安心出来る車です。

かっこいい見た目と軽量かつパワフルなエンジンのおかげで街乗りも楽しくなる事は必然ですね。



信頼性とコストパフォーマンスの良さ

フィットは耐久性と故障の少なさで知られています。

ホンダの車は一般的に長期間にわたり安定した性能を維持することで評価されており、フィットも例外ではありません。

この信頼性は、頻繁な修理や部品交換の必要性を減らし、オーナーにとって長期的なコスト削減につながると言えるでしょう。

私自身故障はほぼありませんでした。

機械なので絶対との保障はありませんが万が一故障しても部品交換費用もそこまで高額なもではありません。

フィットはメンテナンスが比較的簡単で、部品の交換や修理が他の多くの車種に比べて容易です。

フィット2代目は販売台数も多い車の為アフターパーツ等も非常に充実しているので仮にRSに乗るのであれば「車をイジる」楽しさを教えてくれる車ですね。

「どんどんイジってカッコよくしよう」と思い、私もたくさん手を入れた経験があります(笑)

コストパフォーマンスではハイブリッドモデルが設定されているので、みなさんご存じの通り燃料代は安価にすみますね。

さらに現在も尚フィット2代目は人気車種なので 中古市場も潤っています。



スポンサードリンク




フィット2代目はかっこいいと言われる理由とは?【まとめ】

フィット2代目は、そのスタイリッシュなデザイン、パワフルな走行性能、そしてコストパフォーマンスの高さにより、時代を超えて愛され続けています。

オシャレな内装とシャープな外観、i-VTECエンジンによる楽しいドライビング体験、そして信頼性の高さと維持費の低さが、この車を特別な存在にしています。

メンテナンスの容易さや燃料効率の良さも加わり、乗る人の負担も減らすことが出来る車ですね。

フィット2代目はただのコンパクトカーではなく、ライフスタイルに合わせた乗り方が出来る車と言えるでしょう。

フィット2代目の人気の秘密が伝わったでしょうか?

私自身フィットに乗って長いですがまさに至高の一台と呼べる車だと思います。

皆さんも是非フィット2代目に乗って日々のカーライフを満喫しましょう。

(買うなら出来ればRSで)笑

最後まで読んでいただきありがとうございます。