ガソリンが服についたら洗濯機は使える?臭いを落とす方法について解説!

こんにちは!

車をよく利用する方にとって、ガソリンスタンドで給油することは当たり前のように行っていることと思います。最近はセルフ式のガソリンスタンドが多くなっているため、運転手自身がガソリンを入れる事が当たり前のようになっているのではないでしょうか?

とはいえ、運転免許を取り立ての若い方にとって、ガソリンスタンドで給油することに馴染みがないので、自分でいれると様々なトラブルに遭遇することがあると思います。

例えば、ガソリンが服についた場合、お気に入りの服にガソリンがかかってしまったら・・・とっても嫌な気分になりますよね。すぐに帰ってガソリンを落としたい気分になります。

ところで、もし、服にガソリンがついた場合はどんなことをしなくてはいけないのでしょうか?洗濯機で洗えるのか、そもそもクリーニングに出さないと行けないのか、と中々遭遇しないケースですので、どう対応していいか困惑してしまうかもしれません。

そこで、この記事ではガソリンが服についたあとの疑問点とその対策について、ご紹介をしていきます。この記事を読むことで、ガソリンが服についてしまっても慌てることなく洗濯できる方法が理解できるようになると思いますので、最後まで読んでいただければと思います。

スポンサードリンク

ガソリンがついた服は洗濯機であらえるのか?

洗濯機で洗うことは可能です。

ただし、ガソリンが付いた服をすぐに洗濯槽に入れてしまうと、臭いがそのまま洗濯槽に残ってしまいます。

ガソリンが服についた場合は、なるべく早く洗ってしまいたいですよね。私も同じように考えて、すぐに洗濯機で洗ってしまおうとしてしまったことがあります。洗濯槽だけでなく、一緒に洗ってしまった別の服も巻き添えになってしまった苦い経験があります・・・。

そうならないためにも、2、3日陰干しをしたあとで洗濯することをおすすめします。服についたガソリンは揮発性の液体ですので、陰干ししておくことで、数日間置くことでガソリンが抜けていきます。

その後に洗濯をしていきましょう。なお、日向におくのはやめておきましょう。自然発火するので、避けておくほうが無難です。目を離している際に、或いは外出時に発火すると大変な事になるため、陰干しを意識していきましょう。

洗濯機で洗う前に何をするの?

重曹で臭いを取ったあとに洗濯をすると良いです。ガソリンの臭いは独特ですよね。お気に入りの服に付着してしまうと臭いがずっと残ってしまって嫌な気持ちになります。

私も、セルフガソリンスタンドで失敗してしまったことがありますが、買ったばかりの服にガソリンをつけてしまい臭いがずっと残ってしまいすごく悲しい思いをした経験があります・・・。

重曹には消臭効果がありますので、服を選択する前に準備をすることで臭いを取りながら洗濯することができます。ガソリン付着部分に対して、重曹をかけておき、数日間おいておきます。

その後、洗濯機で洗濯することで臭いを取りつつ選択することができます。こうしたひと手間をかけることで、臭いもなくしつつ洗濯ができますので、是非取り組んでみてくださいね。

スポンサードリンク

ガソリンが服についた【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

今回はガソリンが服についたケースを題材に、実際に遭遇した場合の対応についてご紹介しました。

今回のようなケースは遭遇する頻度は少ないですよね。

ガソリンについてどういうものか理解をしていない分、すぐに対応しないと服が傷んでしまうとか色々と考えてしまいがちですが、慌てずに落ち着いて対応できるものであることがわかって頂けたかと思います。

自宅にある道具で洗濯をすることが可能ですので、クリーニングに出さずに対応できてしまえるものです。慌てず自宅に戻ったらまずは服の消臭、その後服の洗濯をしてみてくださいね。