istで車中泊できるの?快適に車中泊できる便利グッズ3選!

こんにちは!この記事ではトヨタのistなど快適に車中泊する便利グッズ3選を紹介します。

最近、トヨタのistなどコンパクトカーの燃費も年々よくなっており、沢山車で長旅が出来るようになりました。沢山旅行するためには、よりお財布にやさしい旅を検討したいもの。

そのため、なるべく安い旅になるよう車中泊を検討されたことはあるのではないでしょうか。

しかし、車中泊といえば、つらいイメージが先行していると思います(狭い、寝返りできない、寒い/暑い等)。そのため、快適に車中泊なんてできないのではないかと考えてしまいます。

しかし、最近は車中泊を快適にする便利グッズが沢山出てきています。

そこで今回は3つほど車中泊で快適グッズを紹介しつつ、快適に過ごす方法を紹介します。最後まで読み進めていただくと、「快適に車中泊できるかも!」と考えていただけると思います。最後までお付き合いください。

スポンサードリンク

istで車中泊するためにおすすめしたい便利グッズ

快適なエアーマットレスで、深い睡眠を得ましょう

車中泊では必須とも言えるアイテムです!睡眠の質に大きく影響しますので、コストは気にせずしっかりしたマットレスを買いましょう(1回買えば長く使えますよ)。

「・・・ん?いや、昔から必須アイテムでしょ?」と思われるかもしれません。

マットレスは高くて、必須アイテムとは思いつつも、買うのを諦めていた人はいるのではないでしょうか。

最近では、低コストかつクオリティが高いアイテムが多くなっていますので、快適に過ごすアイテムとして再考いただきたいと思いピックアップしました!私自身、昔マットレスをゲットしたものの、「高い」「かさばる」「大きい」「寝心地悪い」の3重苦でしたので購入控えが続いていました・・・。

最近では、数千円程度で嵩張らないマットレスがゲットできますし、1万円程度で車内の形状に合わせて敷けるマットレス等もあります(ist専用のマットレスもあります!)。

istのようなタイプは、後部座席を倒したとしてもフルフラットにならないため、専用のマットレスや厚めのマットレスを購入すると快適な車中泊を過ごせるでしょう。

車内カーテンで他人の目を遮りましょう

長く駐車できることが条件になることから、車中泊をする場所は自ずとパーキングエリア等に限られてきます。

色々な方が利用する場所ですので、他人の目を遮るアイテムは必要になります。「他人に見られているかも、、」と意識しつつ睡眠を取ることは想像以上に睡眠の質に大きく影響します(私は一睡もできなかった・・・なんてこともありました)。

100均で突っ張り棒 / クリップ / タオルをゲットすれば作れますので、低コストで簡単に実現できますよ。

圧縮袋を使って車内空間をうまく活用し快適に過ごしましょう。

「え、地味!!」と思われるかもしれませんが、意外と快適になり便利なアイテムです。

ist等コンパクトカーで車中泊をすると車内空間は狭くなります(キャンピングカーと比べるとどうしても狭くなってしまいます)。

そのような空間で脱ぎ着していると、簡単に車内空間は荷物だらけになってしまいます。自分の部屋に脱いだ衣類がそこら中にあると移動しづらいですよね。

それだけでストレスになってしまいますので、圧縮袋を用意して衣類を小さく畳んで置くことで快適に過ごすことができます。

「圧縮袋って掃除機必須じゃないの?」と思うかもしれませんが、最近では掃除機を使うことなく手で圧縮可能なアイテムがあります。

なんと100均で手に入りますので、お金がかかりません。ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

istで車中泊はできる?【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

ここでご紹介した以外にも、車中泊を快適にする便利グッズが沢山ありますので、調べてみてください。

一通り揃えてしまえば、宿泊代が浮きますので1回の旅行費用が安くなります。快適に車中泊できそうと思えたら、ぜひトライしてみてくださいね!