マークXの乗り心地は悪い?マークXオーナーが再考してみた

「乗り心地が悪い」
「足回りが固い」
「地面のゴツゴツを拾って不快」

こんなマークXのレビューがあります。

マークX購入を検討するにあたってこれは気になるところ。
今マークXに乗っているけど、乗り心地をもう少し改善できないかと考える人もいるでしょう。

筆者は2代目(130系)マークXに乗っています。

乗り心地が悪いのは初代(120系)で、2代目はだいぶ改善したというレビューもきかれます。

筆者は2代目のマークX購入当初、段差や路面のギャップを乗り越えるとき、不快な振動を感じることがありましたが、ある方法で簡単に改善することができました。

本記事では、マークXはなぜ乗り心地が悪いと言われるのか、改善方法はないか考えていきます。

スポンサードリンク

マークXの乗り心地が悪いのは初代?

*初代マークXは足が固い
初代マークXは、足回りが固いというレビューが多いです。

これが、マークX全体として「乗り心地が悪い」というイメージにつながっています。

日本ユーザーは、昔から「柔らかめの足回り=乗り心地が良い」と考える傾向が根強く、「固めの足回り=乗り心地が悪い」という評価になりやすいです。

足回りを固くすると、高速安定性が増します。

欧州車などの足回りはドイツ車に代表されるように、一般的な日本車に比べ固いことが多いです。

これは、アウトバーンに代表されるような高速走行にフォーカスした結果です。

マークXは国内専用車ですが、車格的にドイツ車購入を視野にいれたユーザーもターゲットにしていたため、足回りの味付けも欧州寄りにした、結果的に乗り心地が悪いという評価につながったということではないでしょうか。

2代目は改善?それともふわふわ?

初代で不評だった足回りですが、2代目は改善したというレビューが見受けられます。

これは、初代で不評だった足回りを若干しなやかなフィーリングにセッティングしたからだと言われます。

一方で、「ふわふわである」「タイヤの設置感が少ない」など、足回りが柔らかすぎるというレビューもあります。

足回りの固い・柔らかいの感じ方は個人の主観がかなり大きい部分で、それまで乗ってきた車歴が影響するところです。

筆者は2代目マークXに乗っていますが、最初は結構「柔らかいな」と感じました。

それは、マークX以前はホットハッチなどスポーティなジャンルの車に乗っていたから。

ただその柔らかさ自体はそれほど不快には思いませんでした。

一方で足が柔らかい割に、突き上げや路面のゴツゴツを拾うのには疲れました。

これは冬タイヤ(16インチ)に履き替えたときに劇的に改善されるものでした。

どういうことかは次項で述べます。

乗り心地改善!インチダウンのススメ

乗り心地で大きな影響を与えるのは、サスのセッティングばかりではありません。

ドレスアップ目的で履く大きすぎるホイールも、乗り心地には悪影響を及ぼします。

筆者がマークXを中古で購入したときには、前オーナーが取り付けた19インチホイール(夏タイヤ)がついていました。

見た目は確かにカッコイイのですが、とても重たい。

段差を乗り越えるときにゴツゴツ突き上げるし、車内に不快な振動が入ってくる。

その割に足が柔らかいので車体がフラフラする。
とても不快でした。

ところが冬になると、とても乗り心地がよくなりました。
それは、冬タイヤが16インチだったから。
マークXは純正サイズが16〜18インチまで。

19インチはマークXにはやはり大きすぎたということを身をもって体感した私は、夏タイヤはすぐに18インチにインチダウンしました。

18インチにしてからは、夏場も乗り心地はかなり改善され、不快な突き上げに悩まされることもなくなりました。

純正設定以上に大きなホイールを履くとやはり足回りが負けてしまい、とたんに乗り心地が悪くなると実感しました。

マークXはその流線型なフォルムから、大径ホイールがとても似合います。

19インチなどまだまだ序の口で、20インチ、21インチを履く人もいます。

大きいホイールになればなるほど、当然乗り心地は悪く、固くなります。

マークXは大径ホイールを履く人が多い車種です。

大径ホイールを履くユーザーが多ければ多いほど「乗り心地が悪い、固い」という印象が定着しかねません。

不快な乗り心地がどうしても改善しないという方は、インチダウンも検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

マークXは乗り心地が悪い?【まとめ】

・乗り心地が悪い、固いというレビューは初代に多く、2代目は改善したというレビューが聞かれる。
・一方で、2代目は柔らかすぎる、ふわふわするというレビューがある。

・初代に比べ、2代目が足回りが柔らかくなったのは確かだが、その柔らかさの感じ方は個人の車歴によるところが大きい。
・少なくとも2代目に乗る筆者は柔らかさ自体は不快とは感じていない。

・ドレスアップ目的で大径ホイールを履くと乗り心地が悪く、固くなる。
・乗り心地を優先するなら、インチダウンも検討してみるべきである。

今回はマークXの乗り心地について考えてみました。

マークXは一般的に固めの乗り心地と言われますが、それは高速安定性とトレードオフの関係にあります。

マークXのスポーティーな路線を考えてみると、固めの足回りはアリだと思います。

しかし、固めとはいっても、スポーツカーなど峠を楽しむようなグレードにある固さはありません。

2代目は程よい固さと快適性を両立していて、年式から言っても、今から買うならよほどのこだわりがない限り、2代目マークXをオススメします。

ただし、大径ホイールを履きすぎても乗り心地は悪くなってしまいます。

自身がドレスアップを優先するのか、乗り心地を優先するのかで、ホイール選びも再考してみてはいかがでしょうか。