s660のオイル交換頻度は?必要量や費用まで詳しく解説!

自動車のメンテナンスとして重要なエンジンオイル交換。

s660に限らず、一般的にオイル交換は半年に一度、もしくは走行距離5000kmに一度のいずれか早い方で行うのが適切とされています。

走行距離が多い方は当然交換頻度も多くなりますし、あまり乗らない方でも半年に一度はオイル交換が必要になります。

今回は交換にかかる費用やポイントを詳しく解説していきます!

筆者おすすめのオイルや添加剤もご紹介していきますので、s660のメンテナンスでお悩みの方はぜひ最後までご覧ください!

スポンサードリンク

オイル交換ってどのくらいの頻度でやればいいの?

先述した通り、s660に限らず一般的なオイル交換は半年に一度、もしくは走行距離5000kmに一度のいずれか早い方で行うのが適切とされています。

オイルの種類や走行状況によっても異なりますが、最低でも半年に1度はオイル交換を行うことが望ましいです。

またオイル交換2回に1回はオイルエレメントと呼ばれるオイルをろ過するフィルターの交換も必要になります。

オイルエレメントを交換しないと、どんなに新しいオイルを入れてもろ過力が落ちている為、燃費の悪化やエンジン音が大きくなるなどのデメリットが生じます。

また走行距離が極端に多い場合やサーキット走行など高回転域を多く使う場合は2回に1回と言わず、毎回交換する方もいます。

お車の乗り方に合わせて適切に交換しましょう。

s660のオイル交換。どんなオイルを入れればいいの?

エンジンオイルにはいくつか種類があります。

通常ベースオイルに添加剤を加えたものをエンジンオイルと呼びますが、ベースオイルの種類によって全合成油・部分合成油・鉱物油の3種類に大別されます。

それぞれの特徴としては

●全合成油:科学的に組成が安定している。ろ過力が高く高性能だが、価格は高め。
●部分合成油:全合成油と鉱物油を混ぜることで性能を高くしつつ価格は抑えめ。
●鉱物油:性能は抑えめだが劣化が緩やかで価格が安い。

レスポンスを気にする方や高回転域での走行が多い方は全合成油を、コストを抑えたい方は鉱物油をおすすめします。

また規格や粘度といった分け方もあります。

詳細な説明は省きますが、燃費性能や持続性能、排ガス浄化性能などについての規格が設定されています。

2022年現在「SP」という記載があれば、最新規格のオイルということになります。

粘度とは文字通りオイルの硬さを示しています。

「0w-20」や「5w-30」という記載を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?
オイルの硬さはエンジンの始動性や保護性に関わってくる性能です。

メーカーが推奨しているs660のオイルはHonda純正のSN規格のエンジンオイルです。
0w-20もしくは5w-30が適しているとされています。

SN規格とは先述したSP規格の1つ前の規格です。SP規格は2020年に定められた規格のため、2015年発売のs660ではSN規格が推奨とされています。

もちろん最新のSP規格のものを選んでいただいてOKです。

粘度に関してですが、0w-20はオイルが軟らかく低温での始動に適しています。

5w-30は硬めのオイルで、高温でもエンジン保護性能が維持しやすいオイルです。

乗り方によって選んで頂くのがいいと思います。寒い地域にお住まいであれば0w-20の粘度を、高速走行や長距離走行が多い方であれば5w-30がおすすめです。

オイル交換にかかる費用はどれくらい?

選ぶオイルやオイルエレメント交換の有無、添加剤を使用するかによって大きく異なりますが、2500円~10000円程です。

まず、s660のオイル必要量はエンジンオイルのみ交換の場合2.4L、オイルエレメントも同時に交換する場合は2.6Lとされています。
これはオイルエレメント内に少量のオイルが残っているため、オイルの必要量に差が生じます。いずれにしても3Lのものを選択すれば十分です。

筆者の場合ですが、MOTULのJ-01というオイルの粘度5w-30を使用しています。

また4回に1回フラッシング剤というエンジン内部の洗浄液を使用します。

全部フルコースで行った場合で大体7000円くらいです。
オイルの価格は本当にピンキリなので、ぜひお気に入りのオイルを見つけてください!

s660におすすめのオイル、添加剤は?

エンジンオイル

*MOTUL J-01

モータースポーツの現場で培ってきた技術を惜しみなく注ぎ込んだ高性能オイルです。
エンジンレスポンスが非常に優れていて、高回転域を多く使う方、高速走行が多い方におすすめです。

*カストロール EDGE

全合成油の中で比較的低価格なオイルです。
エンジン内部の金属摩擦を軽減することでエンジン保護作用、燃費向上効果が見込めます。あまり頻繁にオイル交換を行わない方にもおすすめです。

添加剤

*WAKO’S EF-OIL・W

エンジン内部の洗浄、金属カス、スラッジ除去に加えて水分除去作用をプラスしたフラッシングオイルです。エンジンオイルの交換をしばらく忘れてしまっていた方におすすめです。

*LIQUIMOLY MO2 アンチフリクション

二硫化モリブデン配合でエンジン内部の金属摩擦を軽減します。
エンジンの振動を防止し、保護に役立ちます。走行距離が多い方はもちろん、少ないうちから継続的に添加することでよりエンジンが長持ちするのでおすすめです。

スポンサードリンク

s660のオイルについて【まとめ】

いかがだったでしょうか。s660は軽自動車でありながらスポーツテイストな車です。

乗り方や走行距離、状態に合わせてオイルを選択してみるのも醍醐味の1つです。

ぜひ色々なオイルや添加剤を試して、ご自身の愛車に合ったものを見つけてください。