クリスマスプレゼントを贈る「日にち」は24日と25日のどっち?

ハロウィンが終わったと思ったら、今度はクリスマスが迫っていますね。キリスト教徒ではないし、良い大人になってはいるのですが、いつもウキウキわくわくしてしまいます。ちなみに、クリスマスプレゼントを贈るのに24日と25日と、どちらがより相応しい日にちと思いますか?

私は、断然、25日だと思っています。それも、24日から日付の変わった深夜から早朝にかけて。その理由について、今回は熱弁させて頂きましょう。




クリスマスプレゼントを贈るのに、25日がオススメな理由

そもそも、クリスマスイブとクリスマス、この違いについては御存知ですか?“クリスマス”である12月25日は、イエス・キリストが生まれた日です。そして、“クリスマスイブ”のイブは、実は前夜、という事ではありません。クリスマスのイブニング、つまりクリスマスの夜という意味なんです。


ユダヤ暦を採っている教会では日没=一日の終わりと考えられていました。そのため、24日の日没によって25日になったよ、という事になります。なので、クリスマスイブ、と呼ばれているわけですね。


日本に例えるなら、24日の日没までが大晦日。24日の日没後からがお正月、と言えば、判りやすいのではないでしょうか。日本の年末年始に例えると、お年玉をもらうのはほとんど1月1日になります。クリスマスも、新年の始まりの日でもあります。ということはつまり!クリスマスプレゼントは、24日の夜から25日の日没前に贈られるのが相応しい、という事になる訳ですね。



25日の早朝ににこっそり、が子供の大定番

続きまして、子供にプレゼントをするのに相応しい時間についてです。


思い出してみて下さい。いつプレゼントが枕元にありましたか?25日の朝、枕元にあった!という経験をしてきた方がほとんどではないでしょうか。かくいう私も、その一人です。ちなみに、サンタさんの秘密を知ってしまってからも、しばらく枕元にプレゼントはありました。判っていても嬉しいんですよね。眠っている間にプレゼントがあるなんて、魔法みたいで。


なので、子供にプレゼントをする時は、しっかり眠っている時にそっと置く。これが一番オススメです。



子供心を刺激する!プレゼントの贈り方

もちろん、上記のプレゼントの仕方をするのが難しい、という時はありますよね。そんな時には、24日の夜、クリスマスパーティーをしている時などに贈るのが良いでしょう。もちろん、サンタさんから預かっていたんだ、という言葉も添えるのをお忘れなく。


また、外国のように靴下の中に入れたり、ツリーの下に置くのもオススメ。子供を起こす時にサンタさんが来てたみたい!と言って起こしてあげると、きっと大喜びです。むしろ、喜んで自分から早起きしてくれる事でしょう。ちなみに、前夜にはサンタさんへのお手紙や、クッキーなどを用意しておくとより良いですね。そして、お手紙に返事が添えてあったり、クッキーが食べられた跡があったりして。素敵なクリスマスの朝を、家族で迎えられるのではないでしょうか。

子供以上なら、24日でも25日でもどちらでも

子供にプレゼントをする前提で紹介させて頂きました。では、恋人同士や夫婦でのプレゼントは、いつ贈るのが良いか。中高生や大人の場合はどちらでも構わない、というのが私の意見です。もちろん、24日と25日を一緒に過ごせるのなら、24日の夜から25日に掛けてがベストには変わりありません。しかし、お互いの都合などで難しい事もあるのも事実。一番大事なのは、ゆっくりお祝いできる日にちである、という事になります。


24日の晩にディナー後、プレゼントを贈るのも良いでしょう。25日にケーキを食べながら贈り合うのも、大人ならでは。子供にはサンタさんの出番がありますが、恋人や夫婦の前ではお邪魔虫になってしまいますからね。

まとめ

クリスマスプレゼントを贈るのに、相応しい日にちについて、ご紹介しました。子供から大人まで楽しい、クリスマスプレゼント。サプライズ形式でも、サンタさん形式でも贈る相手が喜んでくれる形式を考えるのも楽しいものです。どうぞ、大事な人に素敵なプレゼントを用意して当日に臨んで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください