クリスマスプレゼントが決まらない場合の選び方4パターンのご提案!

人のために贈るものを選ぶときって、ワクワクしますよね。プレゼント選びの時点で、クリスマスはもう始まっていると言ってもいいでしょう。しかし、プレゼント選びは決して簡単なものではありません。

  • 付き合いが浅くて相手に何が喜ばれるか分からない…
  • 毎年プレゼントを贈り合っているので選ぶものもネタ切れ…

このように贈るべきものが思いつかず悩んで過ごしている方もいらっしゃることと思います。

そこで今回はクリスマスプレゼントが決まらない場合のご提案と題しまして、プレゼント選びのお手伝いをさせていただくための内容でお届けします。

これだ!というプレゼントを見つけてお相手に喜んでもらえれば、あなたにとってもクリスマスがより幸せなものとなるでしょう!

クリスマスプレゼントで相手の欲しいものが分からない場合のご提案

さて、クリスマスプレゼントを贈ることになったのはいいものの、相手の欲しいものが分からない…という場合はどうすれば良いのでしょう。

付き合いの浅い相手へ贈る場合や、仲間内の催しでプレゼントを用意しなければならない場合など、お相手の目線で考えるのが難しい場面も意外とありますよね。

あなたとの関係性から、予算はおおよその見当がつくと思います。問題はそこからいかに相手の欲しいものをチョイス出来るか、ですね。それでは見ていきましょう。

まず、身近な方への贈り物ならばとにかく相手のことをクリスマスまでにリサーチすることです。

普段の言動や身に付けているものから、趣味嗜好をある程度理解していれば欲しいものの傾向は見えてくるはず。お相手の友人など、周りにいる人間を抱き込んで情報を引き出す作戦もありますね。

相手へのリサーチが難しい場合は、広く一般受けするアイテムを選んでクリスマスプレゼントとするのも良いでしょう。

その場合注意したいのは、男性と女性ではクリスマスプレゼントに欲しい品物のタイプが異なるということです。

男性の場合、実用的なものが好まれる傾向にありますので、仕事や実生活において使えるもの、役に立つものを意識して選ぶと良いでしょう。

また、仲間内で盛り上がれる、あるいは見た目にインパクトのある雑貨類なども男性に好まれています。

女性へのクリスマスプレゼントとしてはアクセサリーが定番ですが、好みが分からない場合は避けた方が賢明。

贈る場合、せめてファッションやアクセサリーに対する関心、ブランドの嗜好のチェックくらいはしておきたいところです。

女性へ向けたプレゼントであれば、美容や健康を意識したものはいかがでしょう。誰しも興味のある分野なので、広く受け入れられそうな器具やグッズが選びやすいと言えます。

それでは次に、具体的にどのようなものが当たり障りなく喜んでもらえるのかを見ていきましょう!

クリスマスプレゼントが決まらない場合の、おすすめアイテムのご提案

相手の欲しいものが分からない場合には、広く受け入れられやすいものを選ぶ…というのがひとつの手段であることが分かりました。

それでは、どういったものがあるのかを4パターンに分けてご紹介していきます。

相手が男性ならビジネスシーンで使えるもの

スーツでお仕事をされている方なら、「ネクタイピン」や「ペン」などが実用的ですね。

相手のブランドの好み次第では「ハンカチ」や「名刺入れ」、「革小物」なども候補に入るでしょう。どちらかと言えば男性受けするジャンルであると言えます。

相手が女性なら美容グッズ

こちらは美容・健康に特に関心の高い女性向けのコンテンツ。「入浴剤」や「アロマグッズ」などがこれにあたりますね。他、「ドライヤー」や「スチーマー」、「小型の美顔器」といった美容家電も女性受けが良いですよ!

手元に残らないもの

手元に残らないプレゼントは気軽に贈り合えるので、お互いあまり気を遣う必要がないというのがメリットです。

「食べ物、飲み物のギフトセット」や、「スイーツ、お菓子類」などがこちら。ある程度相手の好みが分かっていれば選びやすいですね。他に「ギフトカード」などもクリスマスプレゼントによく贈られています。

雑貨類

予算的に足が出ることも少なく、広く一般受けする雑貨類はいかがでしょう。「マグカップ」や「タンブラー」、「置時計」「ルームスリッパ」「ブランケット」「コーヒーメーカー」…とちょっとした気持ちを伝えるのにふさわしい品が色々あります。

相手のことを詳しく知らなくとも、眼鏡を掛けているなら「メガネケース」、愛煙家なら「灰皿」と幅広く選んであげられそうですよね。ポイントはもらった後の相手のことを考えて、あまり大きいものや実用性の薄いものを選ばないということ!

以上となります。プレゼントの候補は見つかりそうでしょうか。

ちなみに私は、以前勤めていた会社に入ったばかりの頃、同期の社員数名でプレゼントを贈り合うことになった際には「目覚まし時計」を選びました。朝が早い仕事だったのでスマホのアラームだけでは心細いかな、という配慮が根拠です。

付き合いの浅い相手であっても、場面や状況に応じたふさわしいプレゼントを選んで喜んでもらいたいですよね!

マンネリを避けたクリスマスプレゼントのご提案

最後は、付き合いの長いカップルや長年寄り添ったご夫婦へ向けた、クリスマスプレゼントが決まらない場合のご提案です。

何年もプレゼントを贈り合っているとどうしてもマンネリ化してきてしまいますね。そういった場合、以下のようなものはいかがでしょう。

品物以外をプレゼント

プレゼントはなにも品物でなければならない道理はありません。「旅行」や「エステチケット」「ディナークルージング」など、品物以外で趣の違ったプレゼントをする…というのもひとつのテです。

いつもと違う、が例年通りのクリスマスに刺激を与えてくれるでしょう。

過去のプレゼントを買い替えてあげる

パートナーが愛用してくれている、かつてあげたクリスマスプレゼントを買い替えてあげるという方法もあります。

もらったものを大事にするタイプの方の中には経年劣化をものともせず使い続ける方もいらっしゃいますが…。あらためて違う色やデザインのものを贈って差し替えてあげるのも喜ばれますよ。

少し豪華なものをプレゼントする

付き合いが長いと、プレゼントの予算や規模が縮小する傾向にあります。ですからたまにはいつもよりワンランク上の品物、豪華なお料理や大きめの花束を用意するなど、贈るものにサプライズ感を持たせる演出はいかがでしょう。

いつまでも新鮮な雰囲気のクリスマスを過ごせると素敵ですね!

まとめ

今回はクリスマスプレゼントが決まらない場合のご提案というテーマでお送りしてまいりましたがいかがでしたか。

プレゼントに喜ばれる無難なものは様々あることが分かりました。その中から特に相手にふさわしい、気持ちの伝わるものを選んであげたいですね。

また相手の欲しいものがどうしても分からない、という場合は直接聞くというスタイルも手段としてあると思います。

ただし、サプライズを好む方もいらっしゃるので、ここは相手との関係性やあなたの考え方次第とも言えるでしょう。

それでは、今回の記事があなたのクリスマスプレゼント選びの手助けとなれることを願っております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください