クリスマスチキンはいつ食べるのが正解?24日か25日かを徹底審議!

クリスマスが近づいてくると、街ではクリスマスソングが流れ、イルミネーションやたくさんのイベントが気持ちを盛り上げてくれますよね。

1年のイベントの中で、クリスマスが1番好きという人も多いのではないでしょうか?

また、クリスマスディナーのコマーシャルも始まり、「今年はどこで予約しようかな」と考えるのも楽しい時期だと思います。

クリスマスディナーの中でも、チキンを食べる人は多いと思いますが、いつ食べるのが正解なのか気になりますよね。

今回は、クリスマスチキンを食べるのは24日と25日、一般的にどちらが正解とされているのか調べました。

また、クリスマスの本来の意味と、日本でクリスマスが浸透した理由もまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

クリスマスチキンを食べるのは24日?25日?

結論から言うと、宗教的に正しいとされているのは「24日の日没~25日の日暮れまで」になります。

キリストの生誕を祝うお祭りの最終日が24~25日で、最後に家族で集まって美味しいものを食べるのが一般的とされています。

一方で、日本では、クリスマスチキンを食べるのは24日の夜が多いですよね。

イベントも、クリスマス当日よりもクリスマス・イブのほうが盛り上がるイメージがあります。

理由としては、TVドラマや音楽の影響が大きいようです。

日本では、クリスマス当日よりもクリスマス・イブが曲やドラマでの題材になる事が多く、25日よりも24日がメインという考えが浸透しています。

筆者もクリスマス・イブのほうがロマンチックなイメージがあり、24日に祝うことが多いです。

クリスマスチキンはフライドチキン?ローストチキン?

ジューシーなローストチキンとサクサクのフライドチキン、どちらも美味しいですよね。

フライドチキンとローストチキン、どちらもクリスマスチキンとして販売されていますが、日本ではどちらを食べる人が多いのでしょうか?

結論から言うと、ローストチキンを食べる人が多いようです。

1番多かった意見は「フライドチキンはチェーン店もあり、いつでも食べられるのに対して、ローストチキンはクリスマス時期でないとあまり売っていない」というもので、次に「映画などでクリスマスにローストチキンを食べるシーンがあったから」でした。

日本ではイベントの時に特別感を大事にする人が多いので、普段なかなか食べられないものを食べて、さらに盛り上げたいと考える人が多いようですね。

クリスマスとは?

日本では、クリスマス=恋人と過ごすイベントというイメージが強いですが、ほかの国ではどうでしょうか?

クリスマスには「キリストの誕生を祝う日」という意味があり、多くのキリスト教徒の間では、「12月24日の日没~25日の日暮れ」がその祭りの日と決められています。

そして、その日は家族と過ごす日とされ、モミの木の下にプレゼントを置くまでがお祝いの流れのようです。

日本でクリスマスが浸透した理由は?

クリスマスとは、キリスト教徒の人たちがキリストの生誕を祝うものだという事が分かりました。

では、なぜキリスト教徒がそこまで多くない日本でクリスマスが浸透したのでしょうか。

日本でクリスマスが広まったのは明治初期と言われていて、海外食品を扱うお店が宣伝に使う為、クリスマスの飾りつけを始めたことがきっかけとされています。

これに続き、他のお店もクリスマスセールやケーキ・チキンの売り出しをするようになりました。

百貨店でもクリスマスセールが行われるようになり、日本ではクリスマス=美味しいものを食べ、プレゼントを贈る日という認識が広まったようです。

スポンサードリンク

クリスマスチキンはいつ食べるのが正解?【まとめ】

クリスマスチキンを食べる日は、宗教的にいえば25日の夜が正しいという事が分かりました。

また、日本では24日の夜に食べる人が多いこともわかりました。

ここからは個人的な意見になりますが、筆者は日付にこだわらなくても良いと思います。

日本ではクリスマスでも休みにならない為、学校や仕事で時間が合わないことも多いです。

なので、日にちにこだわらず、家族や恋人と時間が合う日にゆっくり楽しく過ごせれば、それが1番良い形のクリスマスだと思っています。

今は日々の過ごし方も多様化しているので、それぞれの良い形でお祝いできると良いですね。