ジョナサンのクリスマスチキン!評判やテイクアウト方法を調べてみた!

クリスマスになると食べたくなるものといえば、チキンですよね!

スーパーで丸鶏を見かけても、なかなか自宅でローストチキンを焼くのは難しいですよね。

下茹でをして、冷まして、オーブンで焼いて…となると手間も時間もかかるので、挑戦しにくいクリスマスメニューの一つになりがちです。


画像はイメージです。本文との関連はありません。

そんなローストチキンをお店で購入できるとしたら、喜んで購入する方も多いと思います。

クリスマスチキンは様々な店舗で取り扱っていますよね。

今回はファミレスの「ジョナサン」のローストチキンについてまとめてみました。

お手頃価格で食事のできるファミレスのローストチキンはどういったものか楽しみですね!

スポンサードリンク

ジョナサンのクリスマスチキンってどんなの?

ここで紹介するジョナサンのクリスマスチキンとは、「自家製ローストチキン」を指します。

ジョナサンの自家製ローストチキンは、鶏を丸ごと一羽焼いた贅沢な一品になっています。

価格は税込み1,058円です。

1,000円台で丸ごと一羽の鶏を食べることができるなんて、驚きです!

量は2人から4人くらいで食べると良さそうです。

「ちゃんと切り分けられるか不安…」という方もいらっしゃいますよね。

切り分け方については、公式ホームページやチキンと一緒に付いてくる説明の紙がありますので、そちらを参考にしてみてください。

しかも、この自家製ローストチキンは自社工場で焼き上げているそうです。

公式ホームページには「しっとり、やわらか」と書かれていますので、焼き方にもこだわりが見られますね。

ちなみに、2018年の情報にはなりますが、クリスマスの時期に「クリスマスローストチキン」として数量限定で販売されていました。

この時の価格は1,078円と、自家製ローストチキンの価格と比べるとちょっとお高めでした。

クリスマスの時期なので、価格がちょっと高めなのは仕方ないですね。

ジョナサンのクリスマスチキンのテイクアウト方法

ジョナサンのクリスマスチキンのテイクアウトは2つあります。

①ネット・電話で予約して、自分で受け取りに行く。
②公式サイトで注文し、宅配してもらう。

クリスマスの買い出しのついでにジョナサンに行って受け取ってもいいですし、料理の準備で手が離せない場合は宅配サービスがあると助かりますよね!

特にここ最近は店舗による宅配サービスだけでなく、宅配に特化したサービスもありますから、そちらを利用してもいいかもしれません。

ただ宅配サービスを利用する場合、別途宅配料がかかることもあるのでお気を付けください。

このクリスマスチキンは系列店である「ガスト」でも販売しているようです。

調べたところによると、公式の持ち帰りサイトでの受付はしていないようです。

もしかすると、クリスマスチキンとして取り扱われる場合もありますので、気になる方は公式サイトのチェックをお願いします。

クリスマスチキンをアレンジして食べてみる?

ジョナサンのクリスマスチキンについて調べていると、アレンジ料理を紹介している方もいらっしゃいました。

「普通に食べるだけじゃだめなの?」と感じながら見ていると、「なるほど!」と納得してしまいました。

例えば、食べ終わった後の骨を捨てる方がほとんどだと思います。

とある方は、その骨で出汁をとってうどんを作っていました。

ジョナサンのクリスマスチキンは照り焼き風の味付けなので、和風のアレンジもできるということですね!

他にも、食べきれなかったチキンを使ってサラダに入れてみたり…と様々なアレンジがありました。

鶏一羽となるとボリュームもありますので、こういったアレンジレシピも活用したいと思う方も多いはず!

「ローストチキン アレンジ」と検索すれば、たくさんのレシピが出てきますので、もしも余ってしまった場合はぜひ調べてみてください!

スポンサードリンク

ジョナサンのクリスマスチキン【まとめ】

今回はクリスマスの定番でもあるクリスマスチキン、その中でもファミリーレストラン「ジョナサン」のクリスマスチキンについてご紹介しました。

いかがでしたか?

鶏を丸ごと一羽使った贅沢なクリスマスチキンですが、お値段も他の店と比べると手ごろな価格で購入しやすいと思います。

一人で食べるにはボリュームがあると思いますが、大切な人と過ごす予定のある方は購入してみるのもいいと思います。

近所にジョナサンがある方は、今年のクリスマスチキンの候補に考えてみてはいかがでしょうか?