ディズニーに奇数人数で行きたくない!乗り物やバスはどうする?

少人数でも一人でも大勢で行っても楽しいディズニーランド、ディズニーシーですが、3人や5人といった奇数人数で行きたくないと感じている人もいるようです。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

確かに乗り物や行き帰りにバスを使うことを検討している人は、奇数だと1人あまってしまい、1人で座ったりしなくてはいけないと思うと気が重い…という人もいると思います。

そんな奇数人数に杞憂を感じるあなたに、今回は、奇数人数でも楽しめるディズニーランド、ディズニーシーの回り方についてご紹介します。

ディズニーランドで奇数人数の乗り物の楽しみ方

さて、今回は奇数人数でも楽しめるディズニーランド、ディズニーシーの回り方についてご紹介していこうかと思います。

そもそも、なぜ奇数人数が嫌なのかというと、奇数人数だと2人乗りのアトラクションだとどうしても1人が残ってしまい、仲間はずれになってしまったような複雑で寂しい気持ちになってしまう人も多いということが理由として挙げられます。

私が最もおすすめしたいのは、奇数人数でも余ることのないアトラクションに乗るということです。

実は、意外に2人乗りでも3人乗りでもいいというアトラクションの多いディズニーランド

3人乗りでも乗れるアトラクションや、大人数で一気に乗ることができるアトラクションを選べば1人余ってしまって悲しい思いをするといったことがないので、安心ですね!

たとえば、「ホーンテッド・マンション」は2人乗りのように感じますが、あれは3人でも乗ることができます。


(公式サイトより引用)

そして、2018年4月15日にリニューアルオープンする「イッツ・ア・スモールワールド」も大人数で乗ることができますので、グループみんなでのることができますので、奇数人数でもそこまで気を使う必要がありません。

あとは、「ジャングルクルーズ」や「カリブの海賊」も大人数で乗ることができますのでおすすめですね。


(公式サイトより引用)


(公式サイトより引用)

「プーさんのハニーハント」もハニーポットは1台につき5人まで乗ることができますので、5人グループだったらちょうど同じハニーポットに乗ることができるのでおすすめです!


(公式サイトより引用)

また、「オムニバス」といってシンデレラ城近くを2階建てのバスに乗って1周することができるアトラクションもありますので、みんなで乗って道中写真を撮ったりすればインスタ映えする写真も撮れて楽しいと思いますよ!


(公式サイトより引用)

一方人気の絶叫系アトラクションに関しては、大人数は乗れるのですが、席は2人席になってしまうので、これに関しては順番に1人で乗る人を決めて乗っていけば不公平にならずにすむと思います。

ディズニーシーで奇数人数の乗り物の楽しみ方

先ほどはディズニーランドのアトラクションの奇数人数での楽しみ方についてご紹介しましたが、ディズニーシーにも奇数人数でも気にせず楽しめるアトラクションがありますよ!

まずは、「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」や、「海底2万マイル」は大人数で乗ることができるゆったり系のアトラクションです。


(公式サイトより引用)


(公式サイトより引用)

また、「タートル・トーク」や「ニモ&フレンズ・シーライダー」も大人数で一気に入ることができるのでおすすめです!


(公式サイトより引用)


(公式サイトより引用)

そして絶叫系のアトラクションでは、ディズニーリゾート最強そして最恐のアトラクション「タワー・オブ・テラー」、「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの魔宮」が大人数で乗ることができますので、奇数人数でも着にせずお楽しみいただけます!

ディズニーランドでは、絶叫系は2人乗りばかりだったので絶叫系でも人数気にせず乗ることができる絶叫系があるというのが嬉しいですね!

一方、「レイジング・スピリッツ」や「センター・オブ・ジ・アース」は大人数は乗れるのですが、席は2人席なので、これに関しては順番に1人で乗る人を決めて乗っていけば不公平にならずにすむと思います。

奇数人数の楽しみ方 行き帰りのバス

行き帰りのバスで1人で乗るのがちょっと寂しいという人もいると思いますが、可能であれば最後尾の席に座れることができれば、1人になる心配がなくていいですよね!


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

もし、バスの予約をするときに可能であれば、最後尾の席の予約が取れるかどうか確認してみましょう。

もし、最後尾が取れなかったら周りの席の人が1人の席になってしまった人に積極的に話しかけてあげると寂しくなくていいと思います。

バスの中で食べられるようなお菓子を持ってきてみんなでシェアするのもおすすめです!

まとめ / 奇数人数でのディズニーの楽しみ方

今回は、奇数人数でも楽しめるディズニーランド、ディズニーシーの回り方についてご紹介しましたが、アトラクションによっては1人になってしまうこともなく乗ることができますので気を使わなくて安心ですね!

奇数人数でも楽しめるのでぜひ安心して行ってきてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください