妊婦がディズニーは迷惑なの?身重でランドやシーに行く際の心構え!

お腹に新しい命が宿っているということは、新たな家族が増えるということでもありますが、同時にゆっくり夫婦2人だけでデートできる機会も少なくなるということにもなりますので、ディズニー好きの夫婦ならぜひ夫婦水入らずでディズニーデートをしたいと思っている人もいるかと思います。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

しかし、妊婦さんはいつ体調が悪くなるかわかりませんし、外出するのにはいろいろ気を使うことが多いですよね。

アトラクションの待ち時間が長くなってしまうと、お腹が張ってしまうこともあるかもしれないし…同行の人や他のゲストさんに迷惑をかけたくないし・・・といろいろ考えると不安が多いから「やっぱり行けないか…」とあきらめてしまう人もいるかもしれません。

しかし、ディズニーは妊婦さんでもしっかり事前に準備しておけばじゅうぶん楽しむことができるテーマパークですので、ご安心ください!

そこで今回は、妊婦さんがディズニーに行く時に気をつけることはについてご紹介します。

妊婦がディズニーで迷惑をかけないためにできること

妊婦がディズニーに行っても良いのは体調が良い時だけ

妊婦は病人ではありませんがだからと言って妊婦がいつディズニーに行ってもいいわけではありません。

安定期などの期間中で本人が体調が良い比較的安全な期間中に行くようにしてください。

ドクターストップがかかっているのにとか、お腹に違和感を感じているのに、食欲不振や睡眠不足が続いているのに行ってはいけません。

万一、ディズニー内で倒れたりお腹の赤ちゃんに何かあったら、周りの方にとても迷惑がかかりますし、何より妊婦さん自身が最もつらい目にあうので、絶対に無理だけはしないようにしてください。

妊娠中に乗ることができないアトラクションを確認

まず、行く前に必ず確認していただきたいのが、妊婦さんが乗ることができないアトラクションがありますので、チェックしておいてください!

まず、絶叫系はすべて乗ることができません。

ディズニーランドでいえば3大マウンテンと呼ばれる「ビックサンダー・マウンテン」、「スプラッシュ・マウンテン」、「スペース・マウンテン」、ディズニーシーでは「センター・オブ・ジ・アース」や「タワー・オブ・テラー」「レイジング・スピリッツ」などです。


(公式サイトより引用)

そのほかにも、お腹が大きくなるとセーフティーバーが安全に装着できないようなアトラクションや、激しい動きをするようなアトラクションも乗ることができませんので、ディズニーリゾートの公式HPにご確認ください。

妊婦さんは、安定期に入っていてもいつどのような体調の変化があるかわかりません。

急に体調を崩してしまうことで他の入園者にも迷惑をかけてしまうこともありますので、アトラクションをたくさん乗りたいという気持ちはよくわかるのですが、ゆったりのんびり園内を回るようにしましょう。

また、具合が悪くなってしまったときのために保険証や母子手帳は持っていくといいと思います。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

突然気分が悪くなってしまったときのためにエチケット袋を持ち歩くこともおすすめです。

事前に準備をしてあれば、安心して園内を回ることができます。

妊婦さんは、入園直後にゲストアシスタントカードをもらおう!

妊婦さんは、入園直後にゲストアシスタントカードをもらおう!

アトラクションの待ち時間が長くなると、お腹が張ってしまったり具合が悪くなってしまうこともあります。

そこで、妊婦さんにおすすめしたいのが、「ゲストアシスタントカード」をもらうことです。


(公式サイトより引用)

この「ゲストアシスタントカード」があれば、アトラクションに乗るまでの待ち時間を短くすることができます。

「ゲストアシスタントカード」は、各アトラクションや、メインストリート・ハウス、ゲストリレーション、ベビーカー&車イス・レンタルのキャストさん(従業員)に声をかけてパークチケット提示することで発行することができます。

また、「ゲストアシスタントカード」の事前予約も可能です。

来園予定日1か月前よりディズニーリゾート・インフォメーションセンターにて、事前予約が可能です。

混雑状況によっては発行までに時間がかかることもありますが、「ゲストアシスタントカード」は来園当日に受け取ることができます。

「ゲストアシスタントカード」の詳しい情報はこちらをチェック!

妊婦さんはディズニーの駐車場はどうする?

妊婦さんだと長い距離を歩くのもお腹が重くて大変ですよね。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

ディズニーランドやディズニーシーだと車を使って行く人も多いので、駐車場も混雑します。

ですので、場合によっては専用区画に駐車することも可能ですので、駐車場についてら料金所にてキャストさんに相談してみてください。

マタニティーマークを持ち歩くことで周りに迷惑をかける事を防げる!

マタニティーマークとは、妊婦さんが自治体から無料配布されるキーホルダーで「赤ちゃんがいます」と書かれていて、赤ちゃんの顔が描かれている一目で妊婦さんだとわかるものです。



マタニティマークの目的は周囲に妊婦であることを知らせて、適切な配慮を行ってもらうということです。

先ほどご紹介した「ゲストアシスタントカード」を発行してもらう際に、証明書などの提示を求められることがありますが、その時にマタニティーマークと母子手帳を提示するといいと思います。

また、園内でもマタニティーマークを持っていることで適切な配慮をもらえることもありますので手持ちのバックにつけておくこともおすすめします。

妊婦がディズニーは迷惑なの?【まとめ】

今回は、妊婦さんがディズニーに行く時に気をつけることについてご紹介しました。

妊娠しているときにミッキーに会って安産祈願をしてもらうのもおすすめです。

私もしてもらいましたが、そのおかげで無事スピード安産で出産を終えることができましたのでぜひ、妊婦さんはミッキーに安産祈願をしてもらってください!

妊婦がディズニーは迷惑なの?身重でランドやシーに行く際の心構え!” に対して18件のコメントがあります。

  1. 名前は教えません より:

    妊婦で大変だからといって、相手に何でもかんでもやってもらって当たり前だと思うな。妊婦は障害者と全然違う。妊婦がディズニーを楽しむ、はっきり言って一般からしてみれば「大迷惑」だ。!!このおデブ子妊婦。妊婦様。

    1. tassyon より:

      タケダさん
      興奮しすぎでしょw妊婦さんに何かされましたか?

      1. 匿名希望 より:

        別に興奮なんかしていないよ。最近の妊婦は本当に、「自分勝手すぎる妊婦が非常に多すぎる」ってことだよ。妊婦としてディズニーホテルに宿泊をするのに、妊婦用のパジャマを、ホテル側に準備しておくようにと、強要をしたり、ディズニーのゲストアシスタンスカードで、一般の方に、アトラクションの順番を譲ってもらっても、「有難うございます。なり、すいません」の一言もなく、黙ってアトラクションに乗る。(こういう妊婦が非常に多い。)精神障碍者の人でも、きちんとお礼ぐらいは言えるのにねー。一応は権利があるとは言えども、普通に並んでいる人から見たら、「立派な割り込みや、横入り」になるんだから。周囲の人に配慮をして貰って、常に感謝の気持ちをもて。っていうことだよ。それがないと今後、ディズニーに限らす、様々な面で、妊婦に対する嫌がらせを受けたりするよ。マジで。

        1. tassyon より:

          あなたが妊婦さんにディズニーで不快な思いをさせられた事は理解できましたが、妊婦さんの皆が皆そうじゃないでしょう。

          妊婦さんの中には常識のある方もいるでしょうし、非常識な方もいらっしゃる。
          ただこれは妊婦に限らないことで、妊婦じゃない方でも常識のある方も非常識な方もいらっしゃる。

          非常識な方を一括りに「迷惑だ」とするのは良いのですが、妊婦を一括りに「迷惑だ」とするのはいかがな物でしょうか。

          このブログの管理人は男性ですし結婚はしていますが、子供もいませんのであくまでも中立な立場での意見です。

      2. tassyon より:

        そうですか。
        まぁ色々な考えがあっていいのではないでしょうか。

      3. 匿名希望 より:

        TDRのゲストアシスタンスカード(略:GAC)、私も理由があって、毎回のように利用をさせて頂いています。現在はそのGAC、ブログなどを通じて、広く知れ渡っているせいか、悪用や不正利用が多発をしているようですね。その結果、来年(2019)の1月からは、発行の対象者と利用方法や、発行場所が大幅に変更になります。主に障害者手帳(勿論これが最優先)の有無によって、キャストさんの対応方法が、異なるようです。当然それ以降は、特に妊婦さんには、発行が厳(難)しくなるでしょうね。(インフォメーションセンターに確認済み)当然それ以降は、本人以外は(障害者手帳所有者と、その同行者原則3名までは今まで通り)、今までとは違って、GACでの待ち時間中に、列とは別の場所での待機が出来なくなります。(いわゆる同行者は、列内での待機となりますね。)いずれにせよ、運営側からの対象者(障害者や高齢者等)に対する、ご好意やご配慮が善意であるこの制度を、悪用や不正利用をする、一部の心無いゲストが、一番悪いのです。残念な話ですよね。

      4. 匿名希望 より:

        ゲストアシスタンスカードは、残念ながら2019年の7月で、廃止をされています。当然それ以降は、障碍者手帳若しくは、障害福祉受給者証を持っている方のみが登録でき、現在ではルールや対象者等が、大幅に変更されて、「ディスアビリティ(障害者)アクセスサービス:DAS若しくはダス」という風に変わっています。勿論ご妊婦様や、一時的な病気や怪我の人は、DASの登録の対象にはなりません。ですからご妊婦様が使えなくなって、本当に良かったと思います。DASの登録には、旧のGACの時とは異なり、事前予約ができなくなっており、登録時に指定の手帳の提示+、不正利用の防止や本人確認の為に、その場で係員による、「顔写真撮影が必要」です。ですから現在では、ご妊婦様として旧のGACのことを、係員にお願いをすると、マジで係員さんでさえ、「妊婦の方は制度が変わって、ご使用できなくなりましたので、ご遠慮ください。」って、断られて、冷たい態度を取られますよ。私はそれでいいと思います。現在のキャストさんのご妊婦様への対応、素晴らしいですね。それで尚且つ、今年の4月からは、パークに入るのに必要な、パスポートの障害者割引が実施されるので、超ラッキーです。勿論ご妊婦様は、パスポートの割引の対象にもなりませんね。

      5. 匿名 より:

        ディズニーリゾートの、障碍者手帳所有者向けのサービスである、ゲストアシスタンスカード自体が、残念ながら従来の、悪用や不正利用の増加を理由に、2019年の7月でもう既に、なくなっています。従ってそれ以降は、同制度が名前もルールも大幅に変わっており、現在では障碍者手帳若しくは、障害福祉受給者証所有者しか、登録できない制度になっています。新名称は「ディスアビリティ(障碍者)アクセスサービス(DAS若しくはダス)」です。従って登録時には当然、不正利用の防止や本人確認の為に、指定の手帳の提示+、その場で係員による、「顔写真撮影が必要」です。また現在では、従来のようなパスポートへの検印や、台紙発行は廃止されており、原則は、ゲストのスマホからの管理になっていますので、要注意です。

  2. 妊娠です。 より:

    妊娠超初期の者です。
    参考にさせて頂きます。
    ありがとうございます。
    ゲストアシスタンスカードって妊娠も使えたんですね。
    利用してみようと思います。
    妊娠の自覚症状(つわり等)がない今のうちに行きたいと思います。

    1. tassyon より:

      体調を第一優先で楽しんできてくださいね^^

  3. かんじゃに より:

    私が妊婦だった14年前より今の方が随分と妊婦さんの待遇は良くなってると思います。
    私は妊娠中にスーパーの店員さんが会計後にカゴを隣の台まで運んでくれて感動した事を今でも覚えています。妊娠前には無かった事なので…。
    今の妊婦さんや子育て中の方々は足りない事ばかりに文句を言うけど、感謝する気持ちが少ない気がします。
    道や出入口、スーパーなどで譲ったり、他の方が譲ってる姿を時々目にしますが、半分くらいの方しか、お礼を言ってないですね。皆、お礼を言われたい為にしている訳ではありませんが…自分達で、妊婦や子育て世代に対する印象を悪くしているみたいな所があると感じます。もちろん、全員ではありませんが。

    1. tassyon より:

      ∞さん

      貴重なご意見ありがとうございます。
      私は道を譲ったりなどして、感じが悪かった妊婦さんに過去に遭遇したことはありませんが、そういった方もおっしゃるようにきっといらっしゃるんでしょうね。
      妊婦の方も妊婦じゃない方も気持ち良く楽しめるよう、互いが思いやりを持つことが大事ですよね。

  4. 上から目線の妊婦が大嫌い。と言ってる心の狭いやつが嫌い より:

    妊婦がっていうよりただ単に上から目線でものを言う人が嫌いなだけでしょ。そんなの誰だって好きじゃないに決まってます。

    マタハラっていうんですよ。
    本当に気分悪いです。
    わざわざこんな書き込み残してほしくないです。
    削除求めます。

    1. tassyon より:

      例の方のコメントは、1意見として置いておく予定でしたが、ご指摘頂いた後再度読み返してみて、あまりに身勝手な暴論で気分を害する方も多いように思いましたので、削除いたしました。
      貴重なご意見ありがとうございます。

      ご不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。

  5. ひろ より:

    2月に初産を迎える妻と、11月半ばにディズニーに行く予定です。
    とても参考になりました!分かりやすくご説明いただき、ありがとうございます。

    昨今の妊婦に対する世の中の寛容さは、身重の妻を持つ男の身として「安心して過ごせる、良い時代だな~」と、大変ありがたく思っています。
    一方、「妊婦を過度に優遇しすぎじゃないか?」という意見が在ることも承知していますし、ともすれば、妊婦や家族には「やってもらって当たり前」と思う方も、中には居らっしゃるのかも知れません。

    しかし、「このおデブ子妊婦。妊婦様。」という言葉や、その後の発言などは明らかに差別です。

    少なくとも、私の妻や私の廻りの妊婦さんに、そういう方は居ません。席を譲ってもらえば「ありがとうございます」と言う。これは妊婦に限らず当たり前のことであります。
    それを、ご自身の勝手な評価で「妊婦だから」と仰いますが、それは「マナーが悪い人」なのであって、「妊婦だから」なのではありません。
    ご自身の価値観で妊婦を悪のように一括りにカテゴライズして、差別的な言葉をこういう場に書き込むのは不適切であると考えます。

  6. きゆ より:

    ゲストアシスタンスカードは横入りじゃないです。同じだけの時間を待ちます。
    立って並んでる人たち1人1人に「妊婦なばかりに座って待たせて頂いてありがとうございます。」ってお礼言ながら入ってけば満足なんでしょうか。
    目につきましたのでコメント致します。

    1. 匿名希望 より:

      ゲストアシスタンスカードは、2019年の7月でもう既になくなっているので、いわゆるきゆさんがこのブログにコメントをしている、9月の時点で、もうありませんね。従ってそれ以降は当然、同制度が、ルール変更や名前まで変更されて、「ディスアビリティ(障碍者手帳所有者限定)アクセスサービス(DAS若しくはダス)」になりました。おかげで、現在では障碍者手帳所有者限定の制度になっているので、上記の手帳を持たない、ご妊婦様などの一時的な病気や怪我の方は、残念ながらDASの登録の対象には、なりませんよ。当たり前ですよね。ていうか今までの、係員の特にご妊婦様に対する対応が、超易しすぎたんですよ。DAS自体は私も、旧のGACの時から使ったことがあるので、その制度は勿論どういうものなのかを、知っていますよ。貴方様に教えて頂かなくても。

  7. 匿名 より:

    初めまして。私もディズニーが大好きです。そして自身に障碍者手帳がある為に、障碍者手帳所有者限定のサービスである、「ディスアビリティアクセスサービス(DAS若しくはダス:旧名のゲストアシスタンスカードの、2019年1月以降の、障碍者手帳所有者限定のカード)」を、毎回のように使わさせて頂いています。以前はゲストアシスタンスカード(GAC)といって、自己申告制だったが為に、悪用や不正利用等が絶えなかった為に、2019年の7月で、突然予告なしで廃止をされたようです。
    従ってDASの登録には、旧のGACの時とは異なり、事前予約ができなくなっています。また登録時には、障碍者手帳の提示+、不正利用の防止や本人確認の為に、その場で係員による、「顔写真撮影が必要」です。DASは障碍者手帳若しくは、障害福祉受給者証所有者限定の制度です。また現在では、原則ゲストのスマホからの管理となっているがために、従来のGACの時のような、台紙発行や、パスポートへの検印は、一切廃止されています。なのでお気をつけ下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください