ディズニーシーへ持ち込み!飲み物やお弁当・お菓子は禁止?水筒は?

ディズニーシーには、数多くのレストランや食べ歩きフードなどがあります。

しかし、食べ物よりもグッズにお金を使いたいという人やレストランでは落ち着いて食べられないといった子ども連れだったりすると手作りのお弁当を持っていきたいという人もいると思います。

また、アトラクションの待ち時間が長くなると口寂しくなるので、待ち時間の間に食べるお菓子や飲み物が欲しくなるということもあると思います。


そこで今回は、ディズニーシーに飲み物やお弁当、お菓子などの持ち込みができるかどうかについてご紹介します。

ディズニーシーで持ち込みNGなものって?

飲み物や食べ物、お菓子など持ち込みたいけどもし持ち込み禁止でキャストさんに起こられたり、回収されたりしたらショックですよね。

しかし、持ち込みしてもいいかどうかということをどこに確認すればいいかわからない…という人も覆いと思いますので、ここで持ち込みが禁止されているものについてご紹介します。

まず、持ち込みNGとされているものとしてあげられているものは、お弁当、ビン・缶に入った飲み物、そしてアルコールです。


ただ、お弁当でもアレルギーを持っている人用に用意された特別食に関しては許可されているようです。

残念ながらお弁当に関してはディズニーランドが開園した1983年からずっと持ち込み禁止されているものです。

ディズニー側の見解としては、お弁当の持ち込みはディズニーの世界観が壊れるということのようですので、持ち込みは昔から禁止されています。

ディズニーデートに手作りのお弁当を持っていこうと計画している人はご注意ください。

お弁当も園内へ持ち込まなければいいということですので、入園ゲート前のベンチなどで食べるということは禁止されていないようですが、できれば持ち込まないほうが良いと思います。

ディズニーシーでの持ち込み!お菓子はグレーゾーン

お菓子の持ち込みに関しては、具体的に禁止されているわけではないので、とりあえず持ち込みしてもいいということになるかと思います。


ただ、園内には数多くの魅力的な食べ歩きフードがありますのでぜひディズニーシーならではの食べ歩きフードを中心に楽しんでいただければいいなと私は思います。

ターキーは特にオススメです!

水筒、ペットボトルの持ち込みはOK!

先ほど持ち込みNGな飲食物としてビン・缶に入った飲み物、そしてアルコールということでご紹介しましたが、水筒、ペットボトルはどうでしょう?



実際に園内にもペットボトルの飲み物が売っていますが、観光地ならではではありますが通常の価格よりも高く設定されています。

園内で購入出来るペットボトルの飲み物は、コカ・コーラやアクエリアス、生茶などです。



これらのペットボトル飲料は200円くらいします。

のどが渇くたびにこれらの飲み物を買えばそれだけでも高額になりがち…と感じる人も多いと思いますが、実は水筒、ペットボトルの飲み物は持ち込みは許可されています。

特に夏場ともなると、ディズニーシーもディズニーランドもとてつもなく暑くなります。
アトラクションの待ち時間なんて本当に砂漠のような暑さでまさに灼熱地獄です。

そんな中、十分な水分補給ができなくて熱中症になってしまうという人も少なくありません。
そこで、水筒、ペットボトルの飲み物の持ち込みは許可されているようです。

ペットボトルの飲み物の持ち込みで注意したいこと

水筒、ペットボトルの飲み物は許可されていますが、大量に持ち込もうとしたりペットボトルのラベルなどが取られていて中身がわからなくなってしまっているものは少し注意が必要です。

実は、近年防犯対策としてディズニーシーもディズニーランドも入園ゲート前に手荷物検査場が設置されています。

だいたいの場合においては、かばんを開けて中身を見てもらえばすぐに通してもらえるので、長時間確認された、入園を断られたといった話を聞いたことがありませんが、大量に持ち込もうとしたりペットボトルのラベルなどが取られていて中身がわからなくなってしまっているものに関してはきちんと中身を確認する必要があると判断されて時間がかかる可能性もあるからです。

これは、ディズニーシーの話ではありませんが、以前私は空港の手荷物検査場で勤務していて、機内への液体物の持ち込みを取り締まっていました。


みなさまもご存知かもしれませんが、飛行機への液体物の持ち込みはかなり厳しい制限があります。

なぜなら、以前液体で爆発物を作ることができるニトログリセリンを機内に持ち込み、テロを企てた人がいたからです。

ディズニーシーでは、空港の手荷物検査場ほど厳しく取り締まっているわけではないかもしれませんが、入園者の安全を守るために荷物の検査をしているので、大量に持ち込もうとしたり、ペットボトルのラベルなどが取られているようなものは、念入りに検査されることもありますので、注意しましょう。

もし、万が一水筒やペットボトルの中身を確認したいと警備員から申し出があればぜひ協力してあげてください。

まとめ

今回は、飲食物の持ち込みについてご紹介しましたが、飲み物やお菓子が持ち込みできるとわかっただけでも安心ですよね。

ただ、せっかくディズニーシーに行ったのであれば魅力的なディズニーシーならではの食べ歩きフードやスイーツもお楽しみいただければと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください