松前さくらまつり2021はコロナで中止?駐車場やアクセス情報も!

[cc id=15254 title=”お祭り日程”]

北海道の松前で行われる松前さくらまつりは、もしかすると日本でも一番後に桜が楽しめるお祭りかも知れません。

見所がたくさんあるそうですが、どんな見所があるのか気になります。

北海道ということで、美味しいものもたくさんありそうです。
今回は2021松前さくらまつりの開催日程と見所、駐車場や混雑予想、アクセス、また気になる開花予想について解説します。


2021年 松前さくらまつりの概要

[cc id=15254 title=”お祭り日程”]

松前さくらまつり2021の日程

北海道松前町は、北海道の南の端、海を挟んだ青森県が見えるのではないかという場所にあります。

この松前にある松前公園はさくらの名所100選に選ばれています。

植えられている桜は250種類、1万本と言われています。その松前公園で春に開催されるのが松前さくらまつりです。

開催期間は毎年4月下旬〜5月中旬ですが2021年の情報は3月6日現時点では公表されていないようです

松前さくらまつりのアクセス

アクセスはJR木古内駅から函館バスで木古内出張所行きに乗車して松城で下車してください。乗車時間は約1時間30分です。松城からは徒歩3分で公園入り口に到着します。

松前さくらまつりの駐車場情報

さくらまつり期間は、駐車場は有料!

松前公園の駐車場は、駐車台数170台、さくらまつり期間中は有料(500円)です。公園内の松前城近くに臨時の駐車場が複数できるそうです。

駐車台数は合計で1000台なので十分な気もしますが、それでもゴールデンウィーク中は車を停められない人が出ています。

車を利用する場合は、早めに出発するなど対策をとった方が良いですね。


松前さくらまつりの攻略・見所

250種類以上の桜!

松前さくらまつりの見所は、なんと言っても桜の種類と数の多さだと思います。

桜の花は地面から離れたところで咲くために、ただぼんやりと桜が咲いている、と思う人もいるかも知れません。

でも桜にはいろいろな種類があることが近頃は知られています。

それにしても250種類も植えられていて、違いがわかるのかと思っていましたが、松前町の商工観光課のサイトで、252種類の桜をデータベース化してすぐに検索できるようにしてありました。

出かける前に眺めるのも、予習として良いですね。

開花の時期もいろいろ!

松前公園にはたくさんの種類の桜が植えられているので、開花時期も様々です。
染井吉野
早く咲き出す染井吉野や寒緋桜(カンヒザクラ)から、遅く咲く八重桜まで出かける時期によって違ったお花見が楽しめると思います。

松前町商工観光課では、Facebookを通じて桜の品種別に開花予想を出しています。桜の品種は早咲き・中咲き・遅咲きに分けられているので、出かけるときの参考になりそうですね。

さくらまつりで桜の通になれる?

公園内には桜資料館と桜見本園があります。桜資料館では桜の写真や資料を見ることができます。

となりにある桜見本園では様々な種類の桜を一つの場所に植えて、展示しています。桜への知識がグッと深まりそうですね。

公園内の三大名木も見所!

松前公園には三大名木と呼ばれている桜があり、とても有名です。

血脈桜

光善寺に植えられている樹齢300年の老木。光善寺の本堂を建て直すときに、大きくなった桜の木を切ろうとしたら、桜の化身のような女性が現れたため、木を切るのを止めたという伝説が残っています。

蝦夷霞桜

龍雲院に植えられている霞桜の老木に、元大学教授が命名したそうです。

夫婦桜

松前城・天神坂門に植えられています。1つの根から2つの桜が育ったために、この名前が付きました。

南殿桜(ナデンザクラ)を育てようと、染井吉野の台木に接ぎ木をしました。

すると南殿桜と染井吉野の両方が育ったために、夫婦桜ができたそうです。

こんな逸話や伝説を調べてから、お花見をすれば特別に心に残るお花見ができそうです。

最後の城郭「松前城」も見所!

公園の中で忘れてはいけないのが、松前城です。これは愛称(?)で、本当は「福山城」といいます。
松前城
日本式城郭としては、最後に建てられました(1854年・安政元年、幕末ですね)。現在の松前城は、昭和36年に建て直されたもので、天守閣は資料館になっています。

お城をバックにして咲く桜は、やはり良いものです。

たくさんの桜の花の下を歩く、たくさんの種類が桜にあることを知る、由緒ある桜の名木を鑑賞する、そして松前城と桜のコラボレーションを楽しむ、など桜の楽しみ方と見どころを紹介しました。

松前さくらまつり【まとめ】

さくらまつりでお腹も心も大満足!

夢中で桜を見ていると、お腹も空きますね。松前は場所がら海産物が豊富です。有名なのはマグロやアワビです。

松前はカズノコと昆布のネバネバが美味しい松前漬けの発祥の地でもあります。

松前さくらまつりでは、アワビ弁当やウニ丼などの美味しいものが並ぶ物産展が開催されます。

こうしたイベントは週末や祝日に行われるそうですから、桜と一緒に楽しめます。花より団子とは言いませんが、やはり団子もあった方が良いですよね。

武者行列、松前神楽なども行われるようです。

一度松前公園に行けば、長い時間楽しむことができますね。暗くなっても大丈夫です。さくらまつり期間中は桜がライトアップされるので、夜桜を楽しむことができます。

ライトアップの時間は日没から20時30分までです。

松前には温泉もありますから、宿泊してゆっくり桜を楽しむこともできます。今年のゴールデンウィークは桜を見に北海道に出かけてみませんか?

[cc id=15254 title=”お祭り日程”]