のざきまいり(野崎参り)2021年はコロナで中止?日程・駐車場も解説!

[cc id=15254 title=”お祭り日程”]

のざきまいり(野崎参り)は毎年大阪の大東市で行われている伝統行事です。
正しくは無縁経法要といい、先祖や親類縁者、動植物も含めたすべてに感謝のお経を捧げる行事です。


(公式サイトより引用)


20万人以上もの人出で賑わう、大人も子供も楽しめるお祭りとして知られています。
今回はそんなのざきまいりについての情報をまとめました。


2021年の日程や見どころである屋台をご紹介!また、気になるアクセス方法・駐車場についても触れています。参考になれば幸いです!

[cc id=7093 title=”祭”]





のざきまいり(野崎参り)2021年の概要をチェック




のざきまいりは大阪大東市で毎年行われる行事です。
大東市には慈眼寺というお寺があり、お参りをすることを「のざきまいり」と言います。


お寺は本尊にちなんで、野崎観音の通称で知られています。


のざきまいりは元禄時代(1680年頃)に始まったとされています。
人形浄瑠璃や落語等の舞台となっていることもあり、大衆に親しまれる行事として、300年以上経った現在でも多くの参詣者が訪れています。

[cc id=15254 title=”お祭り日程”]

のざきまいり(野崎参り)2021の日程

そんなのざきまいりの日程は毎年5月1日から8日までとなっていますので2021年も5月1日から8日まです。


しかし2020年は新型コロナウィルスの影響で行事や露店はなく、通常参拝のみ可能ということでした。

筆者が記事を編集している現在2021年3月6日時点では2021年ののざきまいりの中止という情報は出ておりませんが、昨年と同様に例年と異なる体制になる可能性もあるので、公式ホームページなどで必ずチェックするようにしてください。




多くの露店やイベントが開催される楽しいお祭りです。


アクセスには公共交通機関推奨

野崎駅を降りてすぐ露店が並んでいます。



期間中は多くの人が集まるので、大東市のホームページにも公共交通機関の利用に協力してくださいということが記載されています。


臨時の駐車場なども用意されていないようなので、車でのアクセスは控えたほうがいいですね。


どうしても車を利用する場合は、駅周辺のパーキングを利用することになると思いますが、誤って野崎観音の方へ進んでしまうと、路地は狭く、人も多くいるため身動きが取れなくなってしまうかもしれません。


周囲に迷惑をかけてしまう恐れがあるため、充分に気を付けてくださいね。




のざきまいり(野崎参り)には、300を超える多数の屋台

のざきまいりの1番の見どころといえば屋台が挙げられます。


通りにずら~っと、露店が所せましと並んでいます!
一直線に多くの屋台が並んでいる光景は圧巻ですね!


(公式サイトより引用)


「イカ焼き」や「お面」といったお祭りの定番の物から、「フライドオレオ」なんていう変わり種もあります。
野菜や果物がそのまま売られているのも面白いですね。


また、お祭りの露店といえば、「金魚すくい」や「水ヨーヨー」なども定番ですよね。
のざきまいりでは個性的な露店が多く、特に「〇〇つり」などといわれる体験型の娯楽が多いようです。


「ひよこ釣り」から「ハムスター釣り」「かめすくい」「ヤドカリすくい」「エビすくい」「蟹つり」そして、「うなぎつり」なんてものもあります。



つったあとどうすればいいのかわかりませんね!(笑)



珍しいお店がたくさんあると、見ているだけでも楽しめます。
時代とともに露店の商品も変化しているので、「今年はどんなものがあるだろう」と珍しい物見たさでお参りする人も多くいるようです。



見どころは境内にあり

多くの個性的な露店に目を惹かれますが、のざきまいりの見どころはそれだけではありません。

本来は「お参り」ですので、きちんと境内にも足を運んでくださいね。

(公式サイトより引用)



そうすると、境内の舞台では、大道芸が行われています。


(公式サイトより引用)

また、ちんどん屋さんも境内を練り歩きます。


県外から訪れる方には、こうした大阪らしい文化にも是非触れて、お祭りを存分に楽しんでいただければと思います!





のざきまいり2021【まとめ】

以上、のざきまいりについてまとめてみました。


多くの露店が立ち並ぶ風景は初めて観に行く人からすると圧倒される雰囲気がありますね。
長い歴史があり、地元の人たちにも愛されているお祭りです。


子どもも大人も楽しめるようなお祭りは素敵ですね。


日本のお祭りには神事が元となっている厳かな雰囲気のものも少なくないのですが、こののざきまつりは無縁経法要が元になっています。
「すべてに感謝」という寛容な心構えから生まれた祭りだからこそ、長く多くの人たちに愛されているのかもしれません。


この記事が皆さまのお役に立てば幸いです!


[cc id=7093 title=”祭”]
[cc id=15254 title=”お祭り日程”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください