平成が終わると昭和の日のように「平成の日」の祝日が増える?  

これからの季節、楽しみなゴールデンウィークですが、その最中の4月29日は「昭和の日」ですね。私が子どもの頃(今から40年以上前)、4月29日は天皇誕生日でした。昭和が終わった後、名称が変わって「昭和の日」となったのです。



*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

現在の天皇誕生日は12月23日ですが、来年の4月に天皇陛下は退位をします。その後天皇誕生日はどうなるのか気になりますね。


今回は

  • 平成31年の4月に現在の天皇陛下が退位すると、天皇誕生日は「平成の日」になるのか
  • 「昭和の日」はあるけれど、明治の日や大正の日はあるのか

について解説します。





昭和の日が残った理由は、ゴールデンウィーク中だったから!

昭和が終わった後、4月29日は平日になってもおかしくありませんでした。祝日になるのは現在即位している天皇の誕生日だけだと法律で決まっているからです。天皇陛下が代わっても祝日がドンドン増える事は無いのです


しかし昭和天皇の天皇誕生日は、ゴールデンウィーク中だったために、そのまま祝日として残されました。


ゴールデンウィークが1日減る事で、様々な影響が国民の生活に出る事が心配されたのです。確かに以前は祝日が今ほどありませんでしたから(週休2日制も一般的ではありませんでした)、これは大問題になったでしょう。


休みが減らなくて、私もホッとした記憶があります。


しかしそれだけの理由で4月29日が祝日として残ったのではありません。


4月29日は最初、昭和天皇が植物学者だった事から「みどりの日」と言う名称でした。


2007年に「昭和の日」と言う名称に変わったのです。昭和天皇を偲び、昭和という時代を風化させないように、と言う意図があったのです。


私が覚えている昭和天皇は、ひょうひょうとした風貌のどこか可愛らしいお祖父さんでした。


昭和天皇が崩御した時は、親戚のお祖父さんが亡くなったような寂しさがありました。そんな親しみやすい昭和天皇だったから、寂しい、忘れたくないと思った人が多かったのでしょう。


こんな人々の感情も「昭和の日」が受け入れられた一因だと思います。



実は文化の日は「明治の日」?!

11月3日の「文化の日」は「明治の日」と言える日です。第2次大戦後、この日に日本国憲法が交付されたこともあり、現在も国民の祝日となっています。


しかし「文化の日」と言う名称になる前は、この日は「明治節」と言う名称でした。私が子どもの頃には、「明治節」と呼んでいる大人がまだいました。11月3日に明治天皇が産まれたからです。


明治天皇の在位中は「天長節」と言う名称だったこの日は、明治天皇崩御後、平日となっていました。しかし崩御後15年以上も経った1927年に祝日として復活したのです。これは明治天皇を偲ぶために11月3日を再び祝日にしようと言う運動が国民の間に起こった結果だそうです。


第2次世界大戦の終戦を機に「明治節」は廃止されましたが、明治天皇の誕生日は、2度も名称を変えながら、生き残ってきたのです。私はもちろん明治天皇の事は知りませんが、人々の明治天皇に対する思いが伝わってくるようで、思わず感心してしまいました。


祝日として残るのは特別!

大正天皇は在位期間が15年と短かったので、天皇誕生日は祝日になりませんでした。大正の日はありません。


何だか大正天皇がかわいそうな気がしますが、明治と昭和の方が特別なのかも知れません。明治も昭和も長く変化の激しい時代でした。開国や戦争と言う国の危機もありました。その時代を乗り越えるために、天皇陛下の存在は人々にとって心の拠り所だったのです。

「平成の日」はできない?

現在の天皇誕生日・12月23日は、来年以降は平日となる予定です。現在の天皇陛下は退位後に上皇となるために、二重権威と国民に受け取られないように配慮しているのです。


政府は国民の祝日である天皇誕生日の「12月23日」について、天皇陛下が2019年4月30日に退位された後、当面は新たな祝日とせずに平日とする検討に入った。上皇の誕生日を祝日にすると事実上の「上皇誕生日」になり、新天皇の誕生日と併存して国民の目に「二重の権威」と映る懸念があるためだ。

引用元


確かに上皇と聞くと、平家物語の後白河上皇などを思い出して、権力者をイメージしてしまいますね。

残念ながら平成の日はできないようです。



あっても良いのに…「平成の日」

平成になってから日本は何回も自然災害に見舞われましたが、天皇皇后両陛下がいち早く被災地に向かい、被災した人たちと同じ目線でお話されるのを私たちは何回も見てきました。慰霊のために第2次世界大戦の戦地へも出かけられていました。


終戦から70年以上たった今も、戦争で辛い思いをした人たちを慰めようとしていらっしゃいます。


自然災害や戦争で大変な想いをした人の中には、天皇陛下に語りかけてもらった事が心の支えとなった人も多かったのではないでしょうか。


現在の天皇陛下は今年85歳になるわけですが、懸命に働く天皇陛下を見ていると、私は少し辛い気持ちになってしまいます。平成の日ができても良いのに、と思ってしまいます。


何だか寂しい気がしますが、これも時代の流れと言う事でしょう。そんなに祝日が増えても、困ってしまいますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください