現金を父の日にプレゼントを攻略!相場はいくら?のし袋の表書きは?

父の日に、何をプレゼントすればよいのか迷う人は多いようです。そんなとき現金なら簡単です。お父さんも好みでない品物を贈られるよりも、喜んでくれるかも知れませんよ。

でも、目上の人に現金を贈るのはタブーだという人もいます。


今回は父の日に現金をプレゼントしたいけど、いくらくらいがよいのかについて解説します。現金を贈るときに、のし袋に入れないと失礼なのか、のし袋に入れた場合は表書きには何と書くのか、についても説明します。

父の日に贈る現金はいくらがよい?

父の日に現金を贈る場合、1万円という人が多いようです。特に決まりはないので、余裕がある人はもっと多くても構いません。

親子の間なので、あまり気にしなくてもよいですが、偶数は縁起が悪いと気にする人がいるので、1万円でなければ3万円にした方が無難かも知れません。

例えば、離れて暮らしていて、あまり頻繁に会えない場合や、お父さんが海外旅行に行くことがわかっているので、少し援助してあげたい場合などは金額を多目にしたいですね。

現金は、どんな袋に入れてプレゼントを贈る?

現金はのし袋に入れて贈るのが一般的です。

父の日のお祝いに贈るのですから、私ものし袋に入れて贈りたいと思います。

さり気なく渡したいので、ポチ袋に入れる人もいますが、それだと本当におこづかいをあげる感じになってしまいます。

お父さんとしては、お祝いしてもらうのは嬉しくても、まだ子どもにこづかいはもらいたくない、という人が多いと思います。キチンとお祝いとしてあげる方が、お父さんも気持ちよく受け取ってくれますよ。

のし袋を使うなら、表書きの書き方は?

のし袋の表書きは、「お祝い」と書きましょう。「父の日」と書いても、よいと思います。


中に入れる金額によって、のし袋にもランクがあります。中身とのし袋が不釣り合いだとおかしいです。のし袋を購入するときには、外袋に中に入れる金額の目安が書いてあるので、それを参考にして選ぶと間違いありません。

それから水引は蝶結びを選んでください。何回合ってもよいお祝いの際には蝶結びの水引を選びます。もちろん父の日は何回でもお祝いしたいですよね。

こちらのようなのし袋を使うと、間違いないです。

現金ではなく、商品券をプレゼントするのもよいけれど

現金を贈るのに、どうしても抵抗がある人は、商品券を贈るのもよいかも知れません。



今は広い範囲で使える商品券ですが、一々このお店では使えるかを確認するのが、私としては少し面倒です。クレジットカード会社の商品券はお釣りが出ないので、それも不便だと感じます。

お父さんに好きなものを買ってもらうために、渡すのですからなるべく便利な方がよいですよね。

現金を贈るときは、感謝の気持ちも一緒に贈ろう!

私は贈るなら、現金がよいと思います。手紙やカードを添えて自分の感謝の気持ちをお父さんに伝えれば、抵抗感もなくなります。

かわいいカードをいろいろと選ぶのも楽しいですね。

手作りのカードなら、それだけでも立派なプレゼントです。こちらのサイトではかわいいカードの作り方をわかりやすく紹介しています。

「お父さん、今日は父の日です。私たち子どもから、日頃の感謝の気持ちを贈ります。
来月は、いよいよお母さんとの海外旅行ですね。そのときの足しにしてくれたら、嬉しいです。」

などと短くてもよいので、一言添えればお父さんも嬉しさ倍増だと思います。

現金をプレゼントするなら、自信を持って!

今回は父の日のプレゼントとして現金を贈る場合のあれこれについて解説しました。金額や贈り方、どんな袋に入れるのか、など参考にしてください。

私の経験では、一生懸命選んでも結局使ってもらえない父の日のプレゼントがあり、とても残念でした。現金なら、必ず何かの役に立ちます。だから今は現金を贈ることに賛成です。

自分が贈った現金が、少しでもお父さんの役に立てば嬉しいですよね。最初はちょっと勇気がいるかも知れませんが、今年は父の日に現金を贈ってみませんか。今年の父の日は6月17日(日)ですよ。忘れないでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください