60代の父の日 に「帽子」か「Tシャツ」

母の日にはカーネーションを贈ることが良く知られていますが、父の日のプレゼントにはいろいろな物が選ばれます。

母の日と同じように花を考えるのであれば、バラの花が一般的ですが、実際にはもっと実用性のあるもののほうが選ばれやすい傾向にありますよね。

働き盛りのお父さんであれば、ネクタイやハンカチが定番ですが、もうじき定年、あるいはすでにリタイアしている60代のお父さんに贈るものであれば、これからの生活で使えるアイテムのほうが喜ばれそうです!

そこで今回はそんなお父さんたちに喜んでもらえそうなプレゼントの中でも、帽子とTシャツをピックアップしました!

プレゼント選ぶポイントを纏めてみたので、どうぞ最後までご覧ください!


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

60代の父の日のプレゼントに帽子

父の日は6月の第3日曜日です!
これから夏本番という時期で、梅雨が明ければ日差しの厳しいシーズンが幕を開けます。

そんな時に役に立つのが帽子です!
年齢を重ねてもお父さんには元気でいてもらいたいですよね!
帽子をプレゼントしてあげれば、外に出かけるのも楽しみになり、いつまでも活発でいれくれそうです!

せっかくなのでお洒落でカッコいい帽子をプレゼントしてあげましょう!

帽子の選び方

一言に帽子といってもいろいろなタイプがあります。

  • ベースボールキャップ
  • 中折れハット
  • ハンチング
  • ニット帽

などなど、実に多彩です。

こうした帽子の中からお父さんに似合うものを探すためには、2つのポイントを押さえておく必要があります。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

1.お父さんのよそ行きの服装に合わせる。

人によって好みの服装は違います。
コーディネートは無限に存在しますが、服装にはカジュアルとドレスのバランスが大事になってきます。

わかりやすい例はパーカーとジャケットです。
パーカーはカジュアルな洋服のため、同じくカジュアルなアイテムであるジーンズと合わせると全体のバランスがカジュアルに偏り過ぎてしまい勝ちです。この場合、素材や色にも拘らない限りはあまりお洒落な感じがしません。

しかし、パーカーを脱いでドレス感のあるジャケットを合わせると、なんだかこなれた感じになりますよね?
これはカジュアルとドレスのバランスが良くなったからです。
こういったポイントを押さえることで、スタイリングはお洒落に決まります。
帽子を選ぶ際には、お父さんのよそ行きの服のバランスに合わせてあげましょう。

シルエットで分けると、キャップやニット帽はカジュアル寄りで、ハットやハンチングはドレス感があります。

デザインや素材によっても変わります。
派手な柄はカジュアル。モノトーンはドレス。
編み目の荒い物はカジュアル。光沢感のある素材はドレス。
ざっくり言うとこんな感じです。

シルエット、色、素材。こういった部分の組み合わせによってその帽子がドレス寄りか、カジュアル寄りかが論理的に判別できます。

まずはお父さんの恰好を確認して、カジュアルに偏りすぎていないか、ドレスに偏りすぎていないか見てみると良いでしょう。
もし、どちらかに偏っているようなら、その反対のテイストがお洒落度をアップする秘訣になります。

2.趣味や行動に合わせる

帽子はお洒落のためだけのアイテムではありません。
防寒のためにニット帽、落ち葉などから頭を保護するための登山帽、といったように機能面にも気を配らなければなりません。

例えば、釣りが趣味だというお父さんに、厚手のウール素材のハットを贈ったとしても使いづらいでしょう。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

潮風に晒されても問題のない、耐久性の高いキャップの方が実用的です。

カフェでコーヒーを飲みながら読書をするというお父さんであれば、少し気取った雰囲気の帽子でも、場の雰囲気に合います。愛用してもらえるでしょう。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

このように、趣味や行動範囲に合わせることで、お父さんにも喜んでもらえるプレゼントとなります。

まず、実用性を考えればシルエットや素材が決まるため、後はお父さんのファッションに合わせて色や柄を選んであげれば良いというわけです!

60代の父の日のプレゼントにTシャツ

部屋着としても、よそ行きの洋服に合わせるにしても、Tシャツは非常に使い勝手の良いアイテムです。
ただ、品質に対してのコスパを考えればユニクロで充分なものが手に入ります。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

プレゼントとして贈るのであれば、やはりお洒落なものを贈ったほうがいいでしょう。

Tシャツの選び方

では、具体的にどのように選ぶのかということですが、基本的な考えは帽子のところで説明したものと同じです。
お父さんが今持っているアイテムとの組み合わせを考えてあげると良いでしょう。

シックなジャケットを着るお父さんであれば、多少派手な色や、柄のあるTシャツをインナーとして着てもお洒落に決まります。
反対にTシャツ一枚しか着ないということであれば、あまり派手過ぎると一目を惹き過ぎて着心地が悪いかもしれませんね。

また、普段使う、靴やカバンといった部分にも着目してみましょう。
他のアイテムがカジュアルなものや柄ものが多いのであれば、シンプルな黒いシャツの方がバランスが良くなります。

プレゼントされた物を褒められると嬉しい

帽子にしろ、Tシャツにしろ、贈られたモノを使っていて、お父さんが一番喜ぶタイミングはいつでしょうか?

それは貰った時ではなく、同僚や知人に褒められた時です。
「〇〇さん、素敵な服着てますね」
「ああ、息子(娘)が父の日にくれたんだよ」

このような会話の時こそ、お父さんが一番嬉しく感じているのではないでしょうか。
このようなシチュエーションを引き起こす確率をあげるために有効なもの、それは「ブランド力」です。

ワンポイントでも有名ブランドのロゴが目に入れば、ある程度ファッションに詳しい人であれば気づきます。
これを利用しない手はありません!

貰ったものを褒められるというのは、自分が嬉しいだけでなく、プレゼントしてくれた家族のことも褒められるように感じて誇らしいものです。
父の日のプレゼントがもたらす結果としては、最高ではないでしょうか!

終わりに

今回は父の日のプレゼントとして、帽子とTシャツについて記事にしました。
身近なところで簡単に手に入るものですが、プレゼントするからにはしっかり選びたいですよね。

そして、きちんと考えてみると結構奥が深く、プレゼントとしてはかなり素敵なアイテムになりうることがお伝え出来たかと思います。

お父さんに似合う一品を是非選んでみてください!
今回の記事が皆さまのお役に立てば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください