花火大会は誰と行く?家族/カップル/1人で楽しむ男女もいる!

花火大会は誰もが楽しめる夏のビッグイベントです!
そのため、家族に誘われたり、友達に誘われたり、気になる人を誘ってみようと思ったり、選択肢がたくさんあって迷ってしまうかもしれません。


家族やカップルはもちろん、1人で花火大会に行く人もいます。


打ち上げ花火は男女問わず、美しいと感じられるものですからね。いつでも見られる訳ではないので1人でも見に行く価値は十分ありますね!

誰と行くかで花火大会の感じ方も変わってくるはずです。

そこでこの記事では、それぞれのシチュエーションにおける花火大会の楽しみ方をまとめてみました。
誰と行くか迷っている方の参考になれば幸いです!






花火大会は誰と行くものなのか

一般的には花火大会というと家族や友人たちといったように、親しい人たちと一緒に楽しむイメージがありますね。


カップルのデートプランとしても定番です。
また、友達以上恋人未満の男女が出かけるイベントとしてもよく知られています。


このように、「誰かと一緒に楽しむイベント」というイメージが強い花火大会。
しかし、花火大会には1人でも充分楽しめる魅力があります。
夜空に打ち上げられる美しい花火や、出店に並ぶ食べ物など、多くの人出で賑わう花火大会はその場に居合すだけで、自然と気分が高揚してくるものです。




花火大会に誰と行くかは人それぞれ!

具体的にはどんな風に花火大会を楽しんでいるのでしょうか。



家族で花火大会へ行く

子供の頃、親に連れられて出かけた花火大会の思い出を覚えている人も多いでしょう。

筆者は親にせがんで綿菓子を買ってもらったことをよく覚えています。手がベタベタになった時の感覚を懐かしく感じます。



珍しいお菓子に加えて、お面やヨーヨーなど子供心をくすぐるオモチャもたくさんありますよね。

家族で出かけた花火大会が楽しい思い出として残っている方も多くいることでしょう。
両親はもちろん、兄弟姉妹や、おじいちゃんおばあちゃん、老若男女楽しめる花火大会はまさしく夏の風物詩。

子供の頃は純粋に楽しんでいたと思いますが、大人になってから考えると、家族でこうした行事に参加して思い出となること自体が、親孝行になっていたのかもしれないと感じますね。



カップルで花火へ行く

年頃の男女にとって、花火大会といえばデートに誘う/誘われる絶好のチャンスですね!
2人きりでデートする頃には、花火や出店も楽しみですが、一番気になるのは相手のことですね。



女性だったら浴衣姿を見せて、彼がどんなリアクションをするか考えて緊張してしまいます。
一方の男性は、彼女の浴衣姿を見て惚れ直すことも(笑)


そして、まだ交際を始めていない男女にとっては、一世一代の告白の場面を迎えるかもしれません。

男女2人のデートは緊張の連続ですが、これもまた忘れられない思い出の1つとなる方も大勢いるでしょう。



1人で花火大会に行くのは変なのか

さて、親しい人たちと過ごす花火大会のイメージから、花火大会に1人で行くことに抵抗を感じる方も多いようです。

しかし、1人で見ようと打ち上げ花
火は美しいものですし、この季節にしか見られないものですから見逃して後悔するのも惜しいですね。

実際に、花火大会の会場を1人で歩いている人も少なくありません。
もし、他人の目が気になるようならカメラを持っていけば様になります。



行きたいと感じるのであれば1人で出かけても全く問題ないですよ。


誰かと一緒に行くことに比べると、自由で気楽です。
1人で行くからこそわかる花火大会の風情もあるかもしれません。


とはいえ、夜の1人歩きとなると注意するべきこともあります。
男女別にみておきましょう。



男性人1人行く時の注意点

からかわれる
花火大会の会場で知り合いに会うと1人でいることをからかわれるかもしれません。
さらっと流して気にしないのが一番です!

浴衣姿の女性を見すぎるな
美しい女性の浴衣姿に見とれてしまう気持ちもわかりますが、ジロジロと見てしまうのは失礼です。

気持ち悪いです。やめてください。

おまわりさん、この人です。



女性人1で行く時の注意点

防犯
暗がりの女性の1人歩きはとっても危険です。
人気の少ない場所へ行かないように気をつけましょう。


また、帰り道も完全に1人きりにならないように、時間や道順に注意してください。
決して大げさではなく、防犯グッズを用意しておくべきでしょう。

ナンパ
女性が1人でいると、ナンパ目当ての男性たちに声をかけられる可能性も高くなります。
手軽なナンパ対策は、家族連れの近くにいることです。


赤の他人の家族であっても、声をかける側からすると本当の家族なのか見分けが付きにくいです。
1人でポツンとしていることのないようにすると良いでしょう。




花火大会は誰と行く?終わりに

以上、花火大会の楽しみ方についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。
誰と行くかによって花火大会の感じ方も大きく変わります。


家族の絆、恋人と一緒に過ごす緊張と幸福、1人でじっくりと味わう打ち上げ花火の美しさと儚さ。

筆者はどんな思い出であっても甲乙付け難いと感じます。

読者の皆様の花火大会の思い出はどんなものになるでしょうか。
誰と行くにしても、花火大会が素敵な思い出となることを祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください