花火大会中止で残った花火はどうなる・破棄される?中止基準はある?

夏の風物詩である花火大会!
家族や友人、または恋人とのデートなど、夏の思い出の一幕となる素敵なイベントですよね。



誰もが楽しみにしている花火大会ですが、毎年気になるのが当日の天候。
残念ながら、花火大会が中止になってしまうことも珍しくありません。

ここで1つ生じる疑問。
残った花火は一体どうなっているのでしょうか。

今回は花火大会が中止になった時に残された花火について調べてみました。また、合わせて気になる中止基準についても触れています。

皆様の疑問の答えが見つかれば幸いです!




花火大会が中止になった場合!残った花火の使い道は?

調べてみると、中止になった花火大会で使われなかった花火は、基本的には別の花火大会や、来年の分として使われるようです!

そりゃあ、そうですよね。
せっかく職人さんが心を込めて作ったのですから、きちんと 夜空で花開かせてあげたいものです。

ただし、全ての花火がそうなるのではないようです。

直前での中止となったものは全て廃棄処分されてしまうのです!

導火線が湿気にやられてしまうと、再利用できなくなるというのがその理由。安全が保障できないのですね。

これは非常に残念です。
当日の中止だと、見物客の予定も空いてしまうため、かなりショックですよね。

「たまやー」「かぎやー」の由来としても知られる隅田川花火大会も、2013年に中止となったことがあります。



この時は珍しく花火大会開始後の中止でした。
激しい雷雨により、花火大会開始後わずか30分での大会中止です。

当然、花火は全て破棄されてしまいました。

このように、花火大会で使用される花火は、事前に中止が決まっていれば、いずれ再利用されるのですが、直前(もしくは直後)の中止の場合は処分されてしまうのですね。



花火大会の中止基準は法律で決められていた!

では、花火大会の中止基準はどのようになっているのでしょうか。
実は、花火は火薬を使用するので、火薬類を取り締まる法律の制限を受けます。

花火大会に関して言えば、『雨』と『風』の2つを基準とし、大会中止の判断が下されます。


  • 地上風速7メートル以上の強風が10分間以上継続して吹く
  • 大雨もしくは落雷注意報が発令されたとき

このように、明確な基準があるのです。


注意報に関しては各地域の自治体によって基準が違っています。
もし、気になるようであれば、気象庁のホームページから確認できるで調べてみてください。


花火大会は、開催の中心地だけでなく、周囲一帯の交通や経済にも大きな影響を与えます。
主催者の一存で決行・中止を判断できるものではなく、警察をはじめとした関係各所との話の上で決められます。


それ故に、一度決まった決定が簡単に覆ることはありません。
中止になった場合は諦めて、他の予定を入れるようにしましょう。


また、花火大会の中止を判断する時刻も、花火大会申請時に決めるようになっています。
花火大会のホームページに記載があるイベントもありますが、もし記載がない場合は電話で問い合わせれば確認できるでしょう。



花火大会中止!残った花火はどうなる?中止基準は?まとめ

今回は花火大会の中止で残された花火の使い道と、花火大会の中止基準についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

花火大会には大勢の人が関わります。

  • 企画し、運営する主催者。
  • 人々を魅了する花火の制作と安全管理を担う花火職人。
  • 大会を盛り上げるタレント・メディア。
  • 周囲への影響をコントロールする公共機関。
  • 開催に合わせて活気付く地元のサービス業。
  • そして、花火大会を楽しみにしている見物客。

関わり方はそれぞれ違っても、花火大会が無事に行われることを願う気持ちは変わらないでしょう!

当日、無事に花火が打ち上がった時は、多くの人の努力と、天候に恵まれたからこそ花火大会が開催されている、と考えると美しい花火がより一層尊いものに思えてきますね。

花火大会の思い出が素敵なものになるように祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください