フジロックの雨具まとめ!ポンチョの特徴とおすすめアイテムを攻略!

新潟県苗場スキー場にて開催される夏の音楽フェス・フジロックは、自然の中で行われるため雨対策が必須のイベントですよね。

どのような雨具を持っていくか…に頭を悩ませている参加者の方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

そんな中で今回は、フジロックにおいてレインスーツなどと並んでよく使用されている「ポンチョ」にフィーチャーした記事をお届け。

「フジロックでおすすめのポンチョ」をテーマに、フジロックにおける雨具の選び方やポンチョの特徴、おすすめアイテムなどをご紹介してまいります。

ぜひとも最後までお付き合いいただいて、ご自身の参考にしてみてくださいね。

フジロックにおける雨具の重要性と、選び方のコツ!

まず、フジロックにおいて雨具がいかに重要かを確認しておきます。

基本的に、フジロックでは…。

  • 例年のように、開催期間中のどこかで雨が降る
  • 会場の標高が高いため急に天気が変わる
  • 会場内での傘の使用は禁止

となっており、「体を覆う雨除け」を持っていくことは必須であり重要項目

常にリュックの中にレインウェアの類を入れて持ち歩いておくのがベストと言えます。これとは別に、会場外で使用する「折り畳み傘」もあればなお心強いですね。

そんな中で、雨具を選ぶ上でのポイントはどういったところにあるかを確認していきましょう。

雨に強く、防水性の高い雨具がおすすめ

コンビニの雨合羽や、低価格帯のレインウェアでは…耐久性能も低く防水性にも乏しいため、長時間の雨対策としては不向きです。

しっかりと雨を防げるアイテムの用意をおすすめします。

透湿性素材のものや、通気性の良い雨具であれば蒸れにくく快適に過ごせる

ゴアテックスに代表される透湿性素材のレインウェアや、通気性の良いポンチョであれば一般的な全身用雨具にありがちな蒸れ対策にもなります。

以上です!お次は、ポンチョが他の雨具と比べてどういった特徴があるかを見ていきますよ。

フジロックにふさわしい?雨具としてのポンチョの特徴とは

こちらでは、ポンチョという雨具の持つ特徴を確認していきます。

様々な種類のアイテムがあり、素材ごとに重さや耐水性能が違う

商品の選択幅が広く、自身に合わせたものが選びやすいです。当然、性能面に優れるものほど高価になります。

通気性の良いものが多く、透湿性素材のレインウェアと比べると安価

ポンチョは形状的にも通気性に優れています。蒸れにくいアイテムを選びたい場合でも、ゴアテックスのレインウェア等を購入するのと比べ、コストを抑えることが出来ます。

リュックごとすっぽりかぶれるので雨から荷物を守ることも

荷物ごと体を覆うことが出来るため水濡れ対策がしやすい、という点もポンチョの特徴と言えるでしょう。

着脱しやすく便利

着脱のしやすさにおいてもポンチョは優秀。

レインスーツ上下(特に下が面倒)に比べ、かぶるだけなので急な天候変化に対応しやすいと言えます。

足元の防水性能に難がある

上半身の防水性は問題ありませんが…構造上、下半身まで完全に水を防ぐことは出来ません

雨天時、足元には長靴などの雨に強いものを身に付けられることをおすすめします。

防寒着を兼ねるなどレインウェアの方が優秀な面も

高価格帯のレインウェアには、野外フェスだけでなく登山などにも対応可能な機能面の充実したものが多いです。
風雨をしのぐ能力に長け、雨以外のタイミングでも防寒着として役立てられるという面においては、ポンチョよりもレインウェアに軍配が上がります。

雨具としてのポンチョの特徴は以上となります!

フジロックで使うのにおすすめのポンチョはこちら!

それではいよいよ、フジロック向けのおすすめポンチョのご紹介をしていきたいと思います。

1.モンベル トレッキング レインポンチョ
背面がゆったりとしており、バックパックを雨から守るのに適した構造。それでいて、コードを絞ることで荷物のだぶつきを抑えられる点もグッド。
地形や身長、雨量などに応じて、ホックを使って丈を調節することが可能。素材はしなやかで軽く、フジロックで活躍すること間違いなしの逸品です。

2.カリマー ポンチョ
耐水性の高い生地は透湿性をも備えているため…雨が続く中でも蒸れを抑えられ、快適に過ごすことが可能。専用のスタッフバッグが付いており、コンパクトに携行可能という点も魅力的。また裾にコードが付いており、雨や土砂の侵入を抑えるのに一役買います。

3.コロンビア ウォマック2 ポンチョ
コロンビア独自開発の、オムニテックと呼ばれる防水透湿テクノロジーが搭載されたポンチョ。着脱のしやすさと程よい丈感という機能性の他、カラーデザインのバリエーションが豊富で選べる魅力もあります。こちらもスタッフバッグ付き。

4.ザノースフェイス WP キャンプケープ
手の出し入れが可能なフロントのスルーポケット、防水性を高める首元のジッパーなど、かゆいところに手の届く気の利いた仕上がりのポンチョ。耐水性・透湿性は言わずもがな、生地の張り付きの不快感を考慮した肌触りなど素材にもこだわりが。やや高価格な分、品質も申し分ないおすすめの逸品。

以上です!

フジロックでのポンチョ選びにおいては…。

  • しっかりとした耐水性があるか(小雨・普通程度の雨対応のものでは不十分)
  • 収納性や軽さといった持ち運びの利便性はどうか
  • 縫い目から水が染み込まないような防水措置がとられているか
  • 換気性に優れた構造となっているか

…といった点をチェックすることも、雨天時を快適に過ごすための重要なポイントですよ!

フジロックの雨具まとめ

さて今回は「フジロックでおすすめのポンチョ」をテーマに記事をお届けしてまいりましたが、いかがでしたか。

雨具の選び方のポイントや、ポンチョの特徴などお分かりいただけたかと思います。

雨対策はもちろん大事ですが…晴天時の日差しや暑さ、夜の冷え込みなど、雨以外の天候時の対策もきっちり行い、「自然と音楽の共生」をテーマに掲げるフジロックを満喫なさってくださいね。

当記事が、あなたの参考となれましたら幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください