フジロックのズボン情報まとめ!長ズボンと半ズボンならどっち?

新潟県苗場スキー場で開催されるフジロックフェスティバルは、夏の自然の中で行われる音楽イベント。

参加者にとって、当日の服装は気がかりなポイントのひとつではないでしょうか。

そこで今回は「フジロックのズボン情報」をテーマに記事をお届け。

フジロックにおける一般的な服装がどうあるか、長ズボンと半ズボンのメリットとデメリットにどのようなものがあるかに加え…ズボンを活用したおすすめのスタイルをご紹介。

フジロックのズボン選びに役立つポイントもまとめてお伝えしてまいりますので、ぜひとも最後までお付き合いくださいね!

フジロックにおける一般的な服装と、ズボン選びのポイントとは?

最初に…フジロックでの一般的な服装についてと、どういった点に注意してズボンを選ぶか、というところからお話ししましょう。

フジロックをはじめとする夏の野外フェスでは…男女・大人子ども問わず Tシャツとハーフパンツ(短パン・半ズボン)」のスタイルが主流

もちろん女性の場合は、オールインワン・ワンピーススタイルなどが採用されることもありますが…。

今回は、ベーシックなTシャツスタイルをメインとして、合わせて現地で使用したいズボン選びについて考えていきたいと思います。

まず、フェスへ持っていくズボンを選ぶ際のポイントとしては…。

  • 動きやすさを重視
  • 厚手の素材を避ける

こちらを押さえておきましょう。

移動距離・運動量が多く、自然の中で山道を歩くような野外フェスでは特に…機動力はイベントを楽しむ上で重要なポイントです。ここは動きやすいズボンを選択するように心がけましょう。

また通気性の悪い素材のものや厚手の生地のものは、夏の日差しの中で1日過ごすと蒸れや汗のベタつきが気になります。
ジーパンなどはその筆頭で、「とにかく暑い、雨に濡れると重い」といった夏フェスに向かないマイナス面が目立ちますが…。

「転んでも怪我の心配が少ない」、「フェス向きのTシャツと合わせやすい」などの特長もあります。

ズボンを複数持っていく場合の一候補にしたり、アクティブに動き回るお子さんの下半身装備に採用したりと、選択の可能性としてはゼロではありません。情報サイトによっては、虫刺され対策を強く意識するならジーパンをおすすめする、という声も。

また参加日数にもよりますが、雨や泥で汚れる可能性、昼夜の寒暖差なども考慮して…。

予備のズボンは用意しておくという点も押さえておきましょう。気候だけでなく気分に合わせて変えられるよう、全日程分のズボンを用意するオシャレなフジロッカーも当然いらっしゃいますよ。

ズボン選びのポイントは以上となります!

フジロックにおける長ズボン・半ズボンのメリット・デメリットは?

こちらでは…フジロックのズボンに長ズボンを採用するか、半ズボンを採用するかを考えるべく、それぞれのメリット・デメリットを簡単に見ていきたいと思います。

まずは長ズボンから。

長ズボンのメリット

  • 下半身を広範囲で保護することが可能

長ズボンのデメリット

  • 半ズボンと比べると暑い
  • 雨や泥でズボンを汚しやすい

次に、半ズボンの場合。

半ズボンのメリット

  • 軽快に行動しやすい
  • 涼しげで夏フェス向き

半ズボンのデメリット

  • 日焼けや虫刺されから足を守れない
  • 雨や泥で足を汚しやすい
  • 夜は寒い

と、上記のようになっています。

これらをもとに…次の項目では、それぞれを選ぶ上で気をつけたいポイントを見ていきましょう。

フジロックでの長ズボンと半ズボン…採用ポイントとおすすめは?

それでは…フジロックにおいて、長ズボン・半ズボンを採用する上でのポイントはどこにあるか、おすすめはどういったスタイルかを検討してみます。

長ズボンを採用する上でのポイント

足をしっかり保護できる点で優秀なのは何と言っても長ズボン。

自然の中で開催され、虫刺されや怪我から身を守るという観点から…フジロックでは肌の露出を極力抑えた服装が望ましいです。

実際、公式サイトでもそのようにアナウンスされています。
しかし活動のしやすさも重要なので、「動きやすい素材のもの」を意識して選ぶ必要があります。

長ズボンの場合のおすすめスタイル

やや値は張りますが「登山用パンツ」を選べば、動きやすさや吸水速乾性など機能面がしっかりしており安心。

あるいは、ストレッチ性を備えた素材のものが多く、瞬発的な動きにも対応可能な「スポーツタイツ」もおすすめ!

半ズボンを採用する上でのポイント

半ズボンは軽快に行動しやすく、夏場に適しているという何よりの長所があります。

しかし反面、足を保護する能力に欠けるため…「日焼け、虫刺され対策」や、「寒さから足を守るための手段」は事前に準備しておいた方が良いでしょう。

半ズボンの場合のおすすめスタイル

「綿素材のハーフパンツ」をベースにして、動きやすさと快適性をキープ。ただしこまめに日焼け止めを塗り、虫除けスプレーをかけることをおすすめします。

また標高が高い場所ならではの寒暖差により、夜は冷えるため…「タイツを着用する」、「長ズボンに履き替える」といった、状況に応じた対処が出来ればベスト。もちろん、どんなスタイルであれフジロックでは上着の用意が必須です。

結論としては…長ズボンと半ズボンにそれぞれ違った特徴があるので、あなたのスタイルに合わせた方を選んで問題は無いでしょう。ただし…選んだズボンの長所を活かし、欠点をカバーできるよう、対策を怠らないように万全に準備をしてフェスに臨んでくださいね。

以上となります!

フジロックのズボン情報まとめ! まとめ

さて今回は「フジロックのズボン情報」をテーマに記事をお届けしてまいりましたが、いかがでしたか。

やはりこういった野外のイベントでは、環境に対応可能な、機能性のあるものを身に付けるのが重要なのではないかと思います。おしゃれやこだわりを服装でアピールすることも大事ですが…身を守ること、快適に過ごせることもきちんと考慮してズボンを選んでみてくださいね。

それでは…当記事があなたのフジロック参加の助けとなれれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください