ハロウィンコスプレの売っている場所は?メイクで映えるコツも紹介!

ハロウィンといえば、友達と一緒に仮装をして街に出かけたいですよね。しかし、学生の人だとあまりお金をかけられません。

衣装代も含めると、最低でも4000~5000円ほどしてしまうのがコスプレの難点です。

ここでは、ハロウィンにぴったりの衣装が売っている場所や、安くて写真映えもする小物などを紹介しています。

あまりお金をかけすぎずにハロウィンを楽しみましょう!

スポンサードリンク

ハロウィンコスプレの衣装が売っている場所

コスプレは衣装で全体の雰囲気が決まりますよね。

一番お金がかかるのが衣装ですが、一番こだわりたい部分でもあります。

少しでも安くしたい。そんなあなたにおすすめのお店をご紹介します。

ドン・キホーテ

誰もが気軽に入れるお店でコスプレ衣装が買える場所と言えば、ドン・キホーテですよね!

パーティーグッズがたくさんあるドンキですが、コスプレ衣装ももちろん豊富です。

メイド服やナース服など常に販売されている衣装もありますが、ハロウィンの時期にしか見られないアイテムも見逃せません。

中には2パターンの色を楽しめるリバーシブルの衣装もあります。

友達と双子コーデをするにはぴったりのアイテムですね。

動物の着ぐるみなら一着で済みますし、肌の露出が少ないので寒さもさほど感じません。

ドンキの場合、衣装だけではなく小物もセットなのは魅力的ですが、価格は3000~5000円と少し高めです。

ドンキのコスプレ衣装は、自分で小物を探すのは面倒という人におすすめです。

3コインズ

300円ショップの3コインズ。
ハロウィンの時期にはコスプレ衣装も入荷しています。

2020年は、警察の制服と囚人の服が販売されていました。
警察の帽子はつばが自立し、しっかりした作りになっています。

衣装は1500円、帽子は別売りで300円と、全身揃えると2000円ほどとなります。

100円ショップで手錠を買えば、即席の警察官のコスプレができますね。

ダイソー

実は、ダイソーにもコスプレ衣装を売っているお店があります。

もちろん子ども向けだけではなく、175センチの成人向けのものまで売っています

価格は600~1000円と、ドンキと比べるととても安いです。

ダイソーの衣装は小物がセットのものはほとんどありません。

それでも、ドンキよりはコスパはよいですよね。

100円ショップにはハロウィンのコスプレにぴったりの小物もたくさんあります。

大型店舗なら、衣装と小物を揃えられますね。

ハロウィンコスプレの小物の購入におすすめの場所

衣装は大切ですが、ハロウィンのコスプレの場合、特徴的な小物をもつことで雰囲気が出ますよ。

例えば大きなつばのついた三角帽子をかぶれば魔法使いに見えます。ステッキを持てば今にも呪文を唱えそうです。

カチューシャにも様々な飾りがついています。

猫の耳や、尖った悪魔の耳、ジャックオランタンがついているものもありますよ。

また、ハロウィンならではの傷メイクに使えるアイテムも気になりますよね。

小物や傷メイクの道具を安く手に入れるなら、100円ショップがおすすめです。

それぞれのお店のおすすめアイテムをご紹介します。

3コインズ

3コインズならではのアイテムに、ぬいぐるみのような素材のアニマル帽子があります。

人が集まっているとしても、ハロウィンの時期の夜はすこし肌寒いです。
アニマル帽子は耳まで隠れるので、寒がりな人におすすめです。

ドンキなどで動物の着ぐるみを買って、3コインズのアニマル帽子をかぶれば、動物コスプレの完成です。

着ぐるみだとフードで視界が狭まりますが、アニマル帽子なら邪魔になりませんね。

セリア

2020年のセリアにはフェイクスキンというアイテムがありました。

ヘアワックスのようなケースの中には、まるで梅干しのような赤い塊が。
繊維が混ざっているようですが、固まっているため必要な分取り出すのが大変そうです。

フェイクスキン単体ではなく、貼るだけでできる傷メイクなどと一緒に使うことで、よりぼろぼろとしたゾンビのような傷に仕上がります。

傷メイクのときにはぜひ使いたいアイテムです。

ダイソー

ダイソーでは、ハロウィンの時期に様々なデザインのつけまつげが販売されます。

くもの巣のようなものや、コウモリの羽のシルエットなど、普段づかいはできないような派手なデザインばかりです。

魔女のコスプレと合わせると、より個性的な魔女になりますね。

ハロウィンのコスプレを安いけど映えるようにするポイント

安く済ませたい、でも写真映えも大事。
そんなあなたにハロウィンのコスプレでおさえておきたいポイントをお伝えします。

ずばり、

・メイクにこだわる
・小物をもつ
・不器用な人にはアプリ加工

せっかくのハロウィンです。

かわいいあなたの写真はいつでも撮れますが、恐怖を感じるような写真はハロウィンのときにしか撮れません。

衣装が安っぽく見えても、顔や腕にリアルな傷を作るだけで怖さが増します。

貼るだけの傷メイクも、シールと肌の境目を見えないように血のりを使ってぼやかすことで、リアリティーが出るはずです。

血のりは100円ショップで手に入りますよ。

また、小物をもつことでより恐怖を感じさせるような雰囲気を作れます。

例えば、ぼろぼろの傷メイクをして光に反射する刃物をもっていれば、今にも襲われそうだと思いませんか?

傷メイクなんて難しいよ。

そんなあなたには、アプリでの加工がありますよ!

自撮りした写真にメイクのような加工ができるアプリや、モンスターのかぶりもののスタンプを貼れるアプリなど。
より怖くして見た人を驚かせませんか?

普段なら絶対やらないようなメイクで撮った写真は、思い出になること間違いなし!

スポンサードリンク

ハロウィンコスプレの売っている場所は?【まとめ】

ハロウィンで非日常を味わうための準備も、楽しいですよね。

ハロウィンのコスプレを少しでも安くするためには、100円ショップは必須です。

店舗によって置いているアイテムが違ったりするので、近くに何店舗もある人はぜひ店舗巡りをしてみてください。

今年のハロウィンは、コスプレをして楽しみましょう!