ケンタッキーのハロウィンバーレル2021を大胆予測!過去の商品は?

CMを見ると、思わず食べたくなってしまうのがケンタッキーフライドチキンですよね。

ケンタッキーのオリジナルチキンの好きな部位は、人によって分かれますよね!

脂身を感じたいという方は「サイ(腰)」、やわらかい肉質を楽しみたい方は「キール(胸)」、食べやすさ重視の方は「ドラム(脚)」…挙げだしたらきりがないのでこの当たりで止めておきます。


画像はイメージです。本文との関連はありません。

そんなみなさん大好きなケンタッキーにもハロウィンの時期に数量限定で販売している商品があります。

それが「ハロウィンバーレル」です。ハロウィンバーレルは数量限定販売ですので、欲しいという方は予約することをおすすめします。

今はまだ2021年のハロウィンバーレルについての情報が公式より発表されていませんので、過去の商品の紹介と2021年のハロウィンバーレルの内容を予想していこうと思います。

みなさんもぜひ一緒に予想してみてください!

スポンサードリンク

ハロウィンバーレル2017までは2種類あった!?

過去のハロウィンバーレルについて調べていると、ハロウィンバーレルはレギュラーサイズとラージサイズで販売されていたことが分かりました。

「レギュラーとラージで何が違ったの?」と思われた方に説明しますと、レギュラーは2人で分け合うのに十分な個数(夫婦や恋人など)であるのに対し、ラージは3人で分け合うのに十分な個数でした。

2017年の商品内容は、レギュラーサイズは、オリジナルチキン4個、クリスピー2個、カーネリングポテトS2個、リングチュロス2個でした。

価格は1,890円です。

ラージサイズは、オリジナルチキン6個、カーネリングポテトS3個、リングチュロス3個でした。価格は2,290円です。

レギュラーサイズ、ラージサイズともにハロウィンパッケージに入っており、紫いもメイプルがついていました。

紫いもメイプルがどんな味だったのか気になってしまいました。

これだけの商品が入ったバーレルはお得に感じてしまいますね!

入っている商品の内容によって、レギュラーかラージかで購入を決めた方も多そうですね。

ビスケットからチョコパイに変化!

2018年からハロウィンバーレルは、レギュラーサイズとして販売されていた時とほぼ同じ内容と価格で販売されています。

2018年と2019年はオリジナルチキン(4個)とビスケット(2個)はそのままでした。

クリスピー(2個)とポテトS(2個)が、カーネルクリスピー(2個)とカーネリングポテトS(2個)になっているかという違いがありました。

みなさんはどちらの方が好みですか?
私はどちらも好きですが、どちらかというと通常の方が好きです。

そして、2020年はハロウィンバーレルではなく、「チョコパイパック」としてハロウィンの期間に販売されていました。

「え、チョコパイ!?」と驚かれた方もいたと思います。私もそうです。

チョコパイパックには、骨なしケンタッキーが3個、ポテトSが2個、クリスピーが2個、チョコパイ2個が入っていました。

これまでオリジナルチキンが入っていたところに、骨なしケンタッキーが来たのも驚きでした。
骨なしケンタッキーの方が食べやすくて好きという方には、嬉しい内容ですね。

ハロウィンバーレル2021は○○パイパック!?

昨年が「チョコパイパック」だったことから、2021年もパイが来るのではないかと私は予想しています。

パイが来るとすれば、みなさんはどんなパイがいいですか?

私はアップルパイが季節的にもぴったりなので、アップルパイが来てほしい気持ちです。

なぜ、アップルパイかというと2017年に発売された「ウォーリー限定デザインのカーネルBOX」にミニアップルパイがついていたからです。

BOXで販売されるなら、バーレルにもつくのではないかという安直な考えとも言えますが…
「ケンタッキーといえば、チキン!」というイメージが強いので、デザート系のバーレルはなかなか発売されないかもしれません。
でも、淡い期待は抱くのはいいですよね!?

スポンサードリンク

ケンタッキーのハロウィンバーレル2021が待ち遠しい!【まとめ】

今回は、ケンタッキーのハロウィンバーレルについて紹介しました。

ハロウィンの仮装をしながらケンタッキーフライドチキンを食べるのも良さそうですよね!

2021年のハロウィンバーレルは、どんな内容になっているのでしょうか?

私はアップルパイパックが来てくれると嬉しいです。

みなさんはどんな予想になりましたか?

ハロウィンバーレルが気になる方は数量限定ですので、お近くの店舗で予約してみてくださいね。

2021年はおうちでハロウィンパーティーを楽しみましょう!

私はこの記事を執筆しながら、無性にケンタッキーが食べたくなってしまいました。

今日のランチはケンタッキーにしましょうか…