ハロウィンのお菓子はドンキがおすすめ!配るときのポイントもまとめ!

ハロウィンと言えば、「トリックオアトリート」と子どもたちがお菓子をもらいに家を回りますよね。

あまり日本では見られない光景ですが、スーパーなどに行くと、ハロウィン限定のお菓子がたくさんあります。

子どもが友達とハロウィンをやりたがっているけど、お菓子ってどのくらい配ればいいの?

普段お菓子を配ることが無いと、1人どのくらいの量がいいのか、値段はどのくらいなのか悩みますよね。

ここではそんなお悩みを解消できるようになっています!

スポンサードリンク

ハロウィンにお菓子を配るならドンキがおすすめ!

安くいろんな種類のお菓子が欲しいなら、ドン・キホーテがおすすめです。

売っているものはスーパーなどと同じですが、スーパーだとお店によって置いているお菓子が違いますよね。

ドンキなら、市販のハロウィン限定デザインならほぼすべて手に入るのではないでしょうか。

さらに、ドンキは商品が安いことが売りですよね!

他のお店と比べると100円も安いなんてこともよくあるのがドンキです。

どれも安いし、たくさん種類があるしで悩んでしまいますね。

ファミリーパックだと個包装になっているものがほとんどなので、衛生面でも安心です。

1袋に数種類のお菓子が入っていれば2袋程度で済みますし、多くても3種類もあれば充分です。

参加する子どもが多ければ1人あたりのお菓子の量は減ります。

しかし、その分多くの家をまわるはずなので、最終的には子どもの元にはたくさんのお菓子があるので、心配ありません。

ハロウィンで子どもに配るおすすめのお菓子

どんなお菓子を配ればいいのか悩みますよね。

アレルギーや好き嫌いなど、気になる点もあります。

一人ひとりのアレルギーなどを確認することは難しいですよね。

また、お菓子にも好き嫌いはあります。

以下のお菓子を入れれば、どれか1つは食べられるはずです。

・クッキー、ビスケット
・おせんべい
・チョコレート
・マシュマロ
・グミ
・キャンディー

ちなみに、おすすめの順番で記載しています。

クッキー、ビスケットであればどのメーカーでもほぼ同じ味ですよね。強いこだわりが無ければ気にせず食べられます。

また、エビなどが入っていないおせんべいだとアレルギーが気になる子でも食べられます。

ハロウィンの定番のお菓子はキャンディーですが、年齢によっては飲み込んでしまうおそれがあるので注意してください。

最近はあまり見かけませんが、棒がついているキャンディーは遊びながらくわえてしまう子がいるので、おすすめできません。

クッキー、おせんべい、チョコレートを1つの包みに入れるとちょっとしたプレゼントのように感じますよ。

ハロウィンのときにお菓子を配るとどのくらいの値段なのか

お菓子代や、包装代などどのくらいの金額になるのかは気になりますよね。

ハロウィンの仮装の準備でもお金がかかるので、できるなら少しでも安くしたいです。

配るお菓子をドンキで購入すれば、地域差はありますが、1袋200円ほどになります。

セールがあれば100円で買えることも!

スーパーなどで同じものを買おうとすると、1袋300円ほどしますよね。
100円の差は大きいです。

また、配る際の包装は100円ショップで手に入ります。

底にマチがついていなければ20枚前後、丈夫なつくりであれば5枚ほどが1セットで販売されています。

100円ショップの包装袋は季節限定のデザインもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ドン・キホーテや100円ショップでお菓子や包装袋を揃えれば、500~600円ほどで済みますよ。

スポンサードリンク

ハロウィンのお菓子はドンキがおすすめ!【まとめ】

普段からお菓子を買っていても、いざ配るとなるとお菓子の種類や値段など気になりますよね。

いつも食べているお菓子でも、ハロウィンらしい袋に入っていれば違ってみえます。

近くにあるドンキや100円ショップを活用して準備しましょう!

「Trick or Treat」(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)

このセリフとともにやってくる、かわいいお化けたちの喜ぶ顔が楽しみですね。