お花見料理の定番とは?お花見にピッタリの伝統食をご紹介します

お花見は春の風物詩ともいえる、桜が咲くと一度はやっておきたい行事ですよね。

そしてお花見に欠かせないのは「おいしい料理」。


仲間でワイワイでもいいし、カップルでいちゃつきながらでも、おいしい料理は必要です。

今回の記事では、お花見に持っていきたい料理の定番について再確認してみましょう。



スポンサードリンク



お花見料理の伝統的なメイン

ちらし寿司、五目ちらし、いなり寿司

ちらし寿司はすし飯に何も混ぜず、上にトッピングを載せたものです。

五目ちらしは、すし飯とお好みの具(椎茸、れんこん、人参、高野豆腐などを甘く煮る)やゴマを混ぜて、上にトッピングを載せたものです。

トッピングには、イクラやエビ、錦糸卵やサーモン、焼穴子、絹さやなどを細長く切って乗せると美味しいです。

いなり寿司は、五目ちらしで使ったお好みの具やゴマをあげで包みます。


手まり寿司

小さめの丸い形に握って、上に寿司ネタを載せたものです。

お刺身にできそうな生もののネタ以外にも、生ハムやスモークサーモンといった洋風の手まり寿司も美味しいです。

キュウリやラディッシュ、たくあんなどを薄くスライスして花模様にしてもオシャレになります。


巻き寿司

巻き寿司のバリエーションも豊富ですよね。

生ものは外で食べるのは不安な方は、生もの以外の巻き寿司を作ってみましょう。

桜でんぶを使ってすし飯に色付けし、キュウリや卵焼き、エビフライやスモークサーモンなどをのせて海苔で巻くだけです。


お花見料理の定番メイン


おにぎり

おにぎりは手軽に食べられるし、中の具材もバリエーションが豊富にあります。

普通のおにぎりでも美味しいですが、できたら季節感を出してみましょう。

三色団子風に、ピンク・白・みどりを、カットした桜えび(または梅ふりかけ)・何もなし・青のりを使って表現しても良いですね。

たけのこなどを使った炊き込みご飯を、おにぎりにしても嬉しいですよね。

花の形に切ったソーセージの真ん中に、ゴマを乗せても桜を表現したものを飾ったりしても良いですね。


サンドイッチ

卵やハム、キュウリの定番も外せませんが、アボカド&えびやスモークサーモン、照り焼きチキンなども美味しいですよね。

パンの種類を変えて、クロワッサンやフォカッチャを使うとオシャレなサンドイッチになります。


お花見料理のおかずご飯

から揚げ

お花見はお酒も入るでしょうから、おつまみの定番に絶対欲しいですよね。

から揚げの粉を使ってもいいですが、焼き肉のタレに漬け込んで、片栗粉をまぶすから揚げは時短にもなってオススメですよ。


玉子焼き

お弁当の定番、玉子焼きもお花見のおかずには欠かせません。甘い玉子焼きも、お好みの具材を入れた玉子焼きでも良いでしょう。


おでん

夜桜を見る場合は、春とはいえ結構寒いので、温かいものが嬉しくなります。

そんなときにぴったりなのが、おでん!じっくり煮込んだ大根やこんにゃく、煮玉子などを飲みながら食べるのもいいですね。



お花見のスイーツ


三色団子や桜餅


お花見の定番スイーツは、やはり三色団子や桜餅が欠かせません。ピンク・白・みどりの色合いは、春を感じさせてくれますよね。



スポンサードリンク




お花見料理の定番とは?【まとめ】


・お花見に持っていきたいご飯やおかずは、外で食べやすいおにぎり、お寿司、からあげなどが喜ばれる
・お花見なので、季節を感じさせるたけのこや桜色の食材を使用すると良い
・スイーツとしては、三色団子や桜餅が良い

今回の記事では、お花見に持っていきたい定番料理にについて考えてみました。

仲間内でワイワイ、カップルで桜を見ながらシットリ、家族で楽しくと…桜を楽しめる心の余裕が欲しいものです。