お花見弁当初心者でも作れる?手作りで簡単に作るための心構えとは!

普段の学校や仕事に持って行くお弁当と一線を画しているのがお花見弁当などの行楽弁当と呼ばれるものではないかと思っています。

その中には運動会や体育祭の学校行事で家族で食べるお弁当も含まれるのかもしれませんが、個人で食べるお弁当ではなくみんなで食べるお弁当という意味もあるような。

核家族化が進む中そういう事もずいぶん減ったように感じますが、お花見というのは今も昔もグループ単位で続いている物だと思います。

その時に必要なアイテムがお花見弁当ではないでしょうか。

初心者だからと言ってハードルが上がっていませんか?

スポンサードリンク

お花見弁当の定義とは?

よく見聞きするお花見弁当。けれど明確な定義はないそうです。

読んで字のごとくお花見の時に持って行く弁当って事なのか?ふとそんな疑問にたどり着きました。今は便利な時代ネットで調べてみよう。

お花見弁当は行楽弁当と呼ばれる物の一種である事がわかりました。

お花見と言うと日本では春先の観桜と呼ばれる花見が一般的ですね。

またその時期になると会社や学校その他グループ単位で、桜の名所と言われる場所で集まりわいわい花見と言うことが多くなります。

会社では恒例行事となっているところも多いとか。

その場合にみんなで食べるものをお花見弁当というみたいです。

誰もが想像する弁当を指しているわけではなく様々な形態の食べ物の総称とでもいうのかな。

だから、お花見弁当はこれじゃないと駄目という縛りはないそうです。

つまり、初心者であってもお花見で美味しく食べるための料理を作るという気持ちで作ればそれは立派なお花見弁当になり得るわけです。

お花見弁当初心者でも手作りできる。

会社だとお花見行くけどお弁当は持ち寄りで一人1品というようなことがあります。

そんなときに困るのが料理初心者。

何を作って良いかしかも自分に作れるのかと言うことを考えて頭でっかちになってしまいます。

けれどお花見弁当にはこれじゃなきゃと言う物はありません。その時々に食べたいものや見栄えで選ぶと言うことも出来るのが行楽弁当というカテゴリーのものではないかと思います。

最近ではインターネットで検索すると沢山のメニューがヒットします。

その画像で見ても縛りはなくオリジナルで食べたいものを選んで作ろうと思えます。臆せずチャレンジすることが一番大事ではないかと思います。

お花見弁当手作り簡単なメニューの話

お花見弁当と言えば思い浮かぶ食べ物は何でしょうか?プレートに並べてあるオードブル形式の物、重箱に詰めてある本格的な和食。

バスケットに詰めてあるサンドイッチなんかもあるでしょう。変わり種のおにぎりやホットドッグ。多岐にわたりますね。

手作りで簡単って単語から考えると変わり種のおにぎり、卵焼き唐揚げ等ですか。

煮物などの和食はどうしてもハードルが高いし、揚げ物を作るのは苦手であるなど色々な条件もあることでしょう。

けれど一貫して言えることは、美味しく食べて貰いたいという気持ち?精神論ですが。

会社の同僚や上司相手だと難しいかもしれませんが、親しい仲間であれば失敗してもご愛敬。やってみることが一番じゃないかと思っています。

現在は調理器具も優秀な物が沢山あります。

揚げ物の料理一つとってもコンロで油ハネをよけながら必死に揚げ物を上げることはしなくて良くなりました。便利な調理器具を使ってみるのも手作り簡単の近道かもしれません。

スポンサードリンク

お花見弁当初心者でも作れる?【まとめ】

お花見弁当。

それだけに区切ってしまうと難しいことのようになりますが、行楽弁当の一つであると言う認識であれば幅が広がるのではないでしょうか。

季節の物を字うまく取り入れるというのも大事になってくることではありますが、料理初心者だから難しいではなく色々な調理器具など使える物は何でも使うという精神で考えると手作りも簡単にできるのではないかと思います。

使えるモノはコネでも何でもって気楽に挑戦してみるそれが一番の近道のような気がします。