レジャーシートの厚手タイプ!しまむら商品の特徴は?

レジャーシート厚手しまむらちょっと気になる。

レジャーシート。厚手のものや薄手のものコスパ重視の代名詞しまむらでも色々取り扱いがあります。

そもそもレジャーシートは近年おしゃれなものが増えてきました。

以前は建築現場でよく見かけるブルーシートと呼ばれる青色のビニール製シートを持ち歩いていました。

それが材質はほぼ変わらずカラフルになりました。

今でもコンビニや行楽地売店などで売っているのを見かけます。

ここ数年ではレジャーシートの座り心地や手触りなどを重視して厚手のものが増えました。

肌寒い時期に使うこともですが、赤ちゃんなどがいるときでも重宝します。色、柄、大きさも様々です。そこで調べてみました。

スポンサードリンク

花見に必要なレジャーシートどんなもの?

花見といえば様々な形があります。

大規模の大宴会から家族単位の小規模なものまでそれと土地柄でも変わってきます。

その花見の時に飲食物もなくてはならないものかとは思いますがそれに匹敵するくらいレジャーシートがないというのはあまり見かけません。

最近では折りたためる椅子などを使っている事も多いものですが、やはり椅子の下にはレジャーシートですね。

花見に限っていえば少し肌寒い季節です。花冷えという言葉もあります。最近では厚手のレジャーシートも手に入りやすくなりました。

家族単位などで花見の場合は子供さんもいることでしょう赤ちゃんだっているかもしれません。

ビニールのレジャーシートだと赤ちゃんを寝かせるのにはちょっと躊躇しますね。

厚手のもので手触りの良いレジャーシートも最近はしまむらでも手に入りやすくなりました。

お高いレジャーシートだと使うのにも躊躇したりして。コスパの良いものが増えてくるのは嬉しい限りです。

それでもやはり昔からある汚れたらさっと洗ったり拭いたり出来るビニール製のレジャーシートも大事ですね。

レジャーシートの値段はさまざま?

屋外レジャーに使うことの多いレジャーシート。

今ではコンビニからアウトドア用品専門店まで様々な場所で購入できるようになりました。

少し前まではレジャーの時期にホームセンターなどで買うのがメインでしたが、それに伴い値段も様々になりました。

ただ、コスパ重視でも勿論良い商品も多いですがなにぶん外で使うもの。なかなか値段と釣り合わなかったと思うものもありますね。残念な気持ちになります。
完璧にコスパ重視で使い捨て感覚にするのもありだとは思います。

いや、良いものを長く使うのが一番だと思うし昨今の環境問題に配慮する観点からも使い捨てなんて。という意見もあります。

庶民の味方しまむらでもいろんな商品を扱っています。一度見に行ってみるのも良いかもしれないですね。

レジャーシート100均と比較してみる。

今では100均でも手に入るようになったレジャーシート。

手軽にいろんな場面でコストを気にせず使えるようになりました。

100均と比較っていうと値段で比べる?素材で比べる?色々ありますが、手軽に使えるという点で考えると一番手軽なのは100均の賞品ではないでしょうか?

けれど、そこは侮るなかれ100均とは思えないクオリティのものが今は沢山あります。大きさも様々で素材もそうです。

以前は安かろう悪かろうの言葉が当たり前のようにありました。

けれど最近ではそういう事は無知ではないかと思えるものが沢山あります。

100均のメーカーの企業努力などによりホームセンターなどで販売しているものと遜色ない或いは優れているものを販売しています。

100均と比較なんて言葉がちょっと失礼に当たるのでは?と思えるようになっています。

スポンサードリンク

レジャーシートの厚手タイプ!しまむら商品の特徴は?【まとめ】

レジャーシート。様々なものが手軽に手に入ります。厚手のもの薄手のもの。

クッション性の高いもの、防水シート。

種類も沢山あります。花見や運動会、ピクニック。使う用途も人それぞれ。

販売店の種類も様々で衣料品をメインで扱っているしまむらやアウトドア用品専門店、スポーツ用品店やデパート。

100均にもあります。どこででも手に入るようになったレジャーシートです。

個人的にはコンパクトに折りたたみが出来てそれ一つで持っていても違和感のないようなデザインのものが好きですが、釣りに行ったときなど手軽に100均やコンビニなどで調達することもあります。

災害時などにも役に立つであろうレジャーシート。

品物にこだわって揃えておいても良いものだと思いました。