ちらし寿司のえびの種類のおすすめは?味付けや開き方も解説!

ひな祭りやお祝い事など、特別な日のために作ることが多いちらし寿司ですが、必ずえびが入っているイメージがあります。

えびといっても、種類は様々ありますが、ちらし寿司に使うなら、どの種類を選べばいいのでしょう。

冷凍のものでも良いのでしょうか。味付けはどうしたらいいのかなど、色々迷いますよね。

そこで、今回はちらし寿司に使うえびについて、その種類や背の開き方、味付け、冷凍ものを使う場合の解凍方法についてもご紹介します。

ちらし寿司のえびに関する疑問を、少しでも解決していただけたら幸いです!

スポンサードリンク

ちらし寿司にはバナエイエビかブラックタイガーがおすすめ!

まずはえびにはどのような種類があるのか、みていきましょう。
一般的にスーパーで売られているえびは、

・バナエイエビ
・ブラックタイガー
・車エビ
・赤エビ
・甘エビ

といったものがあります。その中で、ちらし寿司の材料に向いているのは、バナエイエビやブラックタイガーではないでしょうか。

スーパーでもこの二種類はよく見かけるので、手に入りやすいと思います。

二つの特徴を見ていきましょう。

バナエイエビの特徴

・流通量が多く、価格が安い。
・薄いグレーかピンクっぽい色味。
・甘みがありプリっとしてやわらかい。
・小ぶりものが多いので、エビチリや炒め物やサラダなどに向いている。

ブラックタイガー 

・バナエイよりも少し値段が高め。
・濃いグレーの色味で、黒い縞模様が特徴。
・大きくて弾力があり、歯ごたえがある。
・エビフライや天ぷらなどに使われる。

バナエイエビとブラックタイガーには上記のような特徴があります。

どちらを使うかは特に決まりもないので、その時に手に入りやすいものや、お好みで選ぶと良いかもしれません。

その他、車えびはお正月前によくみかけますが、すこし値段が張る分、豪華なちらし寿司になりそうですね。

刺身用の赤エビや甘エビは甘みと、うま味も豊富なので、マグロやサーモンなど生魚と一緒に添えると、美味しいかもしれません。

えびの下処理、背ワタ取りは必須!

ここでは、えびの下処理の方法についてご紹介します。

えびは背ワタ取る下処理を行います。

背ワタを取らないと、食感がザラっとしたり、苦みが出たりして、口当たりが悪くなってしまうので、きちんと下処理をすることをおすすめします。

背ワタの取り方

1)楊枝か竹串を用意する。
2)頭から尻尾の真ん中あたり、節と節の間の身の部分に、背から3mmほど少しうち側に入ったところに、楊枝を刺し入れる。
3)ゆっくりと上に引き抜く。
→途中で切れた場合は、残った背ワタの部分に楊枝を差し入れて取るといいです。

以前、えびに楊枝を刺すときに勢いがついて、指に刺してしまったことがあるので、行うときは十分注意してくださいね!

私はえびの臭みを取るために、洗うとき、水に塩と片栗粉を溶かして少しもみ洗いします。

背ワタを取ったら、殻付きのものは殻がついた状態で下茹でし、少し冷ましてから殻をむきます。

茹でて殻をむいたえびは、そのまま使うのはもちろん、背から包丁を入れて身を半分に切ったり、開いたりして、用途に応じて切り方を変えると良いでしょう。

えびの開き方、身の反りは竹串で防止!

続いて、えびの身の開き方をご紹介します。

盛り付けるときに、開いたえびを飾り付けると豪華に見えますよね。えびはそのまま茹でると、身が反ってしまいます。

少し手間はかかりますが、まっすぐ開いたものはやはり見栄えが良いので、試してみてはいかがでしょう。

腹の開き方

1)背ワタをとった殻付きのえびの腹側、一番頭に近いほうの足のところから、殻と身の間にそって、尻尾の方まで竹串を刺す。
2)塩を入れて沸騰したお湯に入れて、1分ほど茹でる。
3)取り出したら、冷めるまでバットなどにいれて冷ます。
4)冷めたら殻をむいて、竹串もぬく。
5)尻尾が上になるように、まな板に寝かせて、腹の中心に沿って包丁をいれてゆっくり開いていく。
→この時、しっぽに近い部分に割としっかり包丁を入れると、開きやすいです。

塩茹で、酢に漬ける、みりんと醤油で煮る、味付けはお好みで!

ちらし寿司に使うえびは、下準備であらかじめ塩茹でしたり、蒸したりしたものをそのまま使うのが一般的なようです。

中には、甘酢に浸けたり、みりんと醤油で煮たりして、下味をつける場合もあります。
お好みで下味をつけるのと良いですね。

私はちらし寿司に入れる、れんこんの甘酢漬けにえびを一緒に入れてしまいます。

みりんと醤油で下味をつける場合は、えびが茶色くなってしまうので、だしを入れる、薄口醤油を使うなど、少し色を抑える工夫が必要かもしれません。

冷凍えびはうま味を逃さない解凍方法で!

最後に、冷凍のえびと解凍方法についてご紹介します。

ちらし寿司に使用するえびは、スーパーで販売されている冷凍のものでも可能です。

お店によって置かれているえびの種類は違うかもしれませんが、ご紹介したブラックタイガーやパナエイエビも冷凍で販売されています。

冷凍えびの解凍方法

・塩水で解凍

ボウルに海水と同じくらいの塩分(大体3%くらい)になるように水と塩を入れます。
凍った状態のえびを入れ、冷蔵庫で1時間ほど置いて解凍します。解凍出来たら、キッチンペーパーで、水分を取りましょう。

・冷蔵庫で解凍

キッチンペーパーを敷いたバットやお皿に1個ずつ寝かせてラップをし、冷蔵庫で6時間ほど置いて、解凍させます。

・流水で解凍

密閉できる保存袋などにえびを入れて、氷水をはったボウルに沈めて、2時間ほど置きます。

解凍出来たら、キッチンペーパーで水をふき取ります。氷が途中で溶けてしまったら、補充しましょう。私は、氷と保冷剤を一緒に入れるようにしています。

解凍出来たら、先にご紹介した背ワタを取るなどの下準備を行ってくださいね。

スポンサードリンク

ちらし寿司のえびの種類のおすすめは?【まとめ】

いかがでしたか。ちらし寿司に使うえびの種類や下処理、開き方に味付け、冷凍のえびの解凍方法についてご紹介しました。

えびが入っているちらし寿司は、やはり華やかで美味しそうだなと感じます。赤と白が映えますし、プリっとした見た目の存在感は大きいですよね。

ぜひ、お好みの種類のえびを使って、味付け、切り方や盛り付けなどいろいろ試して、美味しく食べていただきたいと思います!