菱餅ってカロリーが高いの?ダイエットには向いていない? まとめて調査!

独特のフォームと色が目を引く菱餅。

桃の節句用のお菓子として、無くてはならないものの一つではないでしょうか。

でもカロリーが高いと食べようかどうか迷いますよね。

市販の菱餅のカロリーは高いですが、工夫次第ではダイエット用にアレンジできるようです。まず菱餅の栄養について見ていきましょう。

スポンサードリンク

菱餅のカロリーは高いの? どんな栄養があるの?

菱餅の原材料はもち米です。

色をつけるために、よもぎや食紅などが使われています。もち米でできていることから、やはりカロリーは高めになります。主な栄養分としては、次のようになります。

カロリー・・・150g あたり300-350キロカロリー
タンパク質・・・約6g
脂質・・・約1g
炭水化物・・・約75g
糖質・・・約75g
食物繊維・・・約1g

少なくとも300キロカロリー以上あることを考えると、お菓子としてはカロリーが高いです。

カロリーが高い菱餅、利点はないの?

一般的には3色で知られている菱餅。

上から赤 (ピンク)、白、緑という順番は決まっているようです。

この順番にも意味があります。白い雪の大地の下には緑の新芽が隠れていて、白い大地を突き抜けて桃の花を咲かせる、という説が知られているようです。

色付けに使われている植物にも意味や役割があるようです。

緑色

発祥地である中国で使われていたのは母子草というものでした。

ただ、「母子」を杵でつく、ということに難色を示した当時の人々は、代わりによもぎを使うことにしたそうです。

よもぎには、貧血を抑える増血の効果があると言われています。よもぎは春の草ですし、この新芽は厄除けや魔除けとして使われたようです。

赤色

解毒作用があるというクチナシが使われていることから、デトックス効果が期待されるようです。

赤色にも厄除けの意味がありますし、健康を祝うという桃の節句にはピッタリです。

白色

使われている菱の実には、血圧を下げる効果があるそうです。
色の意味としては清浄、雪の大地。

高カロリーの菱餅! ダイエット中の人には不向き?

菱餅はもち米が原材料であるため、どうしてもカロリーは高くなりがちです。

栄養的にも偏っていることもあり、ダイエット中の人にとってはあまり好ましくないお菓子ではあります。

そんな方には、手作りの菱餅はいかがでしょうか。

野菜を使う

砂糖をたっぷり使う和菓子は、糖質も高いです。

砂糖の代わりに甘めの野菜、サツマイモやカボチャなどを使うことで、カロリーダウンできます。サツマイモは食物繊維が多いので、便秘の解消に役立つかもしれません。

あんこの手作り

市販のあんこ、甘いですよね。

このあんこの部分だけでも手作りするだけで、カロリーダウンができます。自分で作れば、砂糖の量も調整できます。

手間はかかりますが、圧力鍋をお持ちの方なら時短で作れます。

寒天・ゼラチンを使う

寒天といえばダイエットの味方ですね。甘さも調整できますし、カロリーコントロールがしやすい材料と言えます。

色付けには、イチゴやキウイ、ほうれん草、抹茶などが使えるそうです。同様に、ゼラチンと牛乳を使ってムース風にすることもできます。

スポンサードリンク

菱餅ってカロリーが高いの?【まとめ】

菱餅のカロリーの高さに、食べるのを諦めていたダイエット中の方々、いかがでしたか?

市販のものは甘過ぎになりますし、原材料がもち米なのでカロリーは高くなってしまいます。

でも、もち米を野菜や寒天などに変えることで、かなりカロリーカットできるようです。甘さも低めに調整できますから、糖質も抑えられます。

来年のひな祭りには、手作り菱餅を試してみませんか? 多少手間はかかってしまいますが、ダイエットを気にせず美味しく食べて、みんなと一緒にひな祭りを楽しく過ごしましょう。