日常の風呂掃除では使っている方が少なくなってきた手袋ですが、大掃除などの時は手荒れ防止のためにほとんどの方が使っていると思います。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

しかし、一口に「手袋」と言ってもたくさんの種類がありますよね。

今回はその使い勝手や使用感などからおすすめの人気商品とちょっと変わった商品をランキング形式でご紹介します。
ぜひ、参考にしてください。

スポンサードリンク



風呂掃除に使いたい手袋のおすすめ人気ランキング♪第一位は意外なメーカー「ダンロップ」

日常のお掃除であれば着脱しやすい事、コスパがいい事の二つが重要ではないでしょうか?

しかし大掃除ともなれば耐久性も…となりますよね。
どんな風呂掃除でも使える手袋の人気商品はこちらになっております♪


第3位  MARIGOLD 「Longer Bathroom Gloves」

イギリスの元祖ゴム手袋のメーカーであるマリーゴールドの手袋です。
緑色の手袋が風呂掃除用なのでお間違いなく。

手首部分にあるちょっとしたクビレのお陰でずり落ちにくく、また手の甲から裏面までのザラザラした加工は滑り止めの役割があります。

少し長めの袖が手袋内に水が入るのを阻止してくれるという文句なし!の風呂掃除用手袋です。


第2位  オカモト株式会社 「カシニーナ フィッティングドレス」

次は日本の誇るゴムメーカーのオカモト社の手袋です。
こちらは風呂掃除用ではないのですが、指先のダブルコートや長めの袖口は風呂掃除にぴったりです。

また、袖口部分にポリマーコートがあり着脱がかなりスムーズに出来るようになっています。
もちろん手首部分が縛られているのでズレも平気。Made in JAPANも安心材料のひとつですね。


第1位  ダンロップ 「リッチネ」

敏感肌さんにうれしいセラテックス素材の手袋です。
セラテックスとは天然ゴムから手荒れの原因とされるタンパク質のほとんどを取り除いた物で、アトピー肌の方なども安心して使える素材です。

普通のゴム手袋よりも柔らかいですが強度的に落ちる訳でもなくゴム臭が少ないという利点もあります。
毎日使用するものだけに「手袋が原因で手が荒れた」なんて事が起こりにくいおすすめの商品です。

スポンサードリンク



手袋の域を超えた!アイデア満載の手袋もたくさんあります♪

手にはめるから手袋、ですがその手袋も常に進化しています。
はめるだけじゃない!

風呂掃除にうってつけの便利機能を兼ね備えた人気の手袋からおすすめランキングTOP3を紹介します。


おすすめ第3位 TEIJIN 「あっちこっちおそうじ手袋」

マイクロファイバーで出来た手袋で、当然ですが凄く吸水します!

こちらの手袋は風呂掃除の中でも鏡や蛇口などにおすすめ。
一度濡らして絞った手袋を着けて指先で軽く擦ると水垢の跡などが綺麗になりますし、タワシやスポンジが届きにくい場所でも指先なら届きますよね。

両手を広げて天井の水分を取るのにも大活躍できる手袋です。


おすすめ第2位 monocoto 「MAGIC GLOVE」

手のひら部分が細かなブラシ状になっているシリコーン素材の手袋です。
この手袋を使う時はスポンジが必要ありません!

洗剤を手袋に付けて両手をこすり合わせるだけで細かな泡が発生し手の届く範囲全てを掃除する事が出来ます。
洗面器や浴槽の蓋など細かすぎる場所の掃除から浴槽そのものの掃除まで色々な場所で使える手袋です。


おすすめ第1位 ビストロ先生 「和歌山生まれの手袋たわし」

和歌山の手袋職人が考案した手袋型の掃除道具です。
異型断面繊維と言う特殊な繊維を使用し、水だけで汚れを落とす事が出来ますので洗剤が苦手な方にもおすすめ。

人差し指と親指部分が独立しているので細かい所には人差し指を、大きな部分には手のひら全体を使って掃除する事が出来ます。

普通の掃除では難しいシャワーホースも綺麗になります。


風呂掃除に使う手袋のおすすめは?【まとめ】

風呂掃除の方法が多様化したように手袋も多様化しています。
それぞれのご家庭の掃除方法に合った手袋が見つけられるといいなと思います。

また、どの手袋も使い捨てではなくしっかり水洗いし乾かせば繰り返し使用できますので人気商品になるのも頷けますよね。
今まで手袋は使ってなかったと言う方もぜひ手に取って一度試してみて下さい♪