ゴルフクラブは長さがあるのでほとんどの自治体では粗大ゴミとしてゴミ出しするところが多いようです。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

自治体によっては、不燃ゴミとしてゴミ出ししても良いようですが、その場合は切断して不燃ゴミ袋に入る長さにするなどのルールがあるようです。

簡単に粗大ゴミとして、頑張って切断して、リサイクルショップを探してリサイクルして…と処分する本数によって処分方法を選ぶのも良いかもしれません。

スポンサードリンク



切断?リサイクル?粗大ゴミ回収?ゴルフクラブのゴミ出しはどれが良い?

自治体によってはゴルフクラブ1本なら不燃ゴミの袋をゴルフクブの上下にかぶせて完全に包み込んでしまえば不燃ゴミとして回収してくれるところもあるようですが、一度に2枚のゴミ袋を使うことになりますよね。

ゴミ袋もお金を出して買わないといけませんしねぇ…
少しもったいない気がします。


頑張って切断して袋に入る長さにすると他の不燃物と一緒にゴミ出しする事ができるのですがあの金属を切断するのは簡単じゃないですよね。

専用のノコギリや電気ノコギリがあれば簡単に切断できるのでしょうけど…



リサイクルショップや販売サイトで売る方法もありますが、住んでいる地域によってはゴルフクラブ買取の専門リサイクルショップがなく、何でも引き取ります~というリサイクルショップに持ち込むことになるかもしれません。


リサイクルショップによってはゴルフクラブを取り扱っていない店舗もあるようで事前に確認して持ち込んだ方が安心かもしれませんね。



本数が多い場合は、自治体の粗大ゴミ回収センターに申し込みをして回収してもらうことも出来ます。

回収の日程が決まっているので申し込んですぐに回収してもらえる訳ではないので、なかなか片付かないわ…なんてこともあるかもしれません。


処分する本数により粗大ゴミシールの必要枚数が変わってくるので、せっかくなら1枚のシールで出せるギリギリの本数をまとめて出したいところです!

どの処分方法もメリット・デメリットがあり一番捨てやすい処分方法を選ぶほうが良いかもしれませんね。

スポンサードリンク



ゴルフクラブのゴミ出しに切断も簡単!女性でも簡単に扱えるノコギリがある!?

金属も切断できるノコギリというと、専門の職人さんが使っているイメージですが、1万円台でコンパクトな電気ノコギリや、金属も切断できる手動式のノコギリも1000円台で売られているようです。


金額も大きさもコンパクトで扱いやすいのなら一家に1個あっても良いかもしれませんね。
カーペットや物干し竿などにも使えるようですよ。


最近はゴミ出しにも細かくルールがありますもんね。
意外とお得かもしれません!



大切にしていたゴルフクラブを少しでもお金に換えたい!リサイクルショップで高く売るコツは?

ゴルフクラブ買取専門のリサイクルショップがあれば店員さんは商品知識が豊富なので本当の価値での引き取りをしてもらえるかもしれません。

反対に、いくら大切にしていてもブランド力の低いものや汚れたものなどにはシビアな金額になるかもしれません。

そこは商売!思い入れなんて関係ありませんよね。



少しでも高値での取引をするためには、下準備が必要です!!
・ピカピカに見えるように磨いて新品に近づける。
・バランスウェイトやシールをはがす。
・調整器具や収納ケースなどの付属品を捨てずにとっておく。
・8月、12月のボーナスシーズン・夏のゴルフシーズンを狙う。

など努力と時期も考えた方が良さそうです。



ゴルフクラブのゴミ出しは?【まとめ】

大切に使ってきたゴルフクラブ。あなたにとってはとても大切な宝物かもしれませんがゴルフクラブにも耐久年数があります。

使用頻度やお手入れによっても違いはでてきますが、大目に見ても約10年といわれているそうです。

10年・20年前のモデルの物は基本的に買取拒否されることもあるようです。


リサイクルショップによっては、買取をしてもらえなくても無料で引き取りをしてもらえる店舗もあるようなので、お金を出さずに処分するか手間とお金をかけるか。

どの処分方法にするかはあなた次第かもしれませんね。