家で手軽に始められることから大人気の家庭菜園。

しかし、家庭菜園でも虫除け対策に悩んでいる人も多いはずです。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

そこで、虫除け効果が期待されているのがハーブです。

ハーブは、日当たりと風通しが良いところなら基本的に育つので、栽培も簡単で、初心者の方にもおすすめです。


そこで今回は、虫除けに効果があるおすすめのハーブとその育て方について、簡単に紹介していきます。

手の込んだ準備もお金もかけずに虫除け効果があるハーブを育てて、家庭菜園を楽しみましょう!

スポンサードリンク



家庭菜園で、虫除けに効果的なハーブとは?

・バジル

バジルの香りには、「シオネール」という成分が含まれています。
蚊やハエはこの成分が嫌いなので、害虫対策にとても効果的なハーブと言えます。

また、バジルはベランダの日当たりが良いところで簡単に育てることができるので、初心者の方におすすめです。
種から育てられるバジルもありますが、どちらかというと苗からの方が育てやすいでしょう。

・ラベンダー

ラベンダーは香りも人気なうえに、殺菌作用や消毒作用があるため、美容などにも使われています。

このラベンダーは、特に蛾に対して虫除け効果があるので、窓際においておくことで、虫除けにも役立ちますし、香りも良いのでリラックス効果も期待できます。

ラベンダーを育てるポイントは、日当たりと風通しが良くて、排水性が良い場所で育てることです。

雨にあたりっぱなしにしてしまうと、弱ってしまうことがあるので、できるだけ雨が当たらないようにしたほうが良いでしょう。

・ペパーミント

ペパーミントは、虫除けに一番効果的なミントともいわれています。

このペパーミントは、主にゴキブリやカメムシなどの害虫対策に役立ちます。
清涼感のあるにおいが害虫対策に効果があるほか、気分も爽快にしてくれるので、とてもおすすめです。

ペパーミントは、とても繁殖力が強いのが特徴で、基本的に水とを用意して日当たりが置い所においておけば育つので、栽培も簡単なことから初心者の方にはとてもおすすめです。

もし、ペパーミントのメントールのにおいが苦手だという方は、スペアミントを使うと良いでしょう。

ペパーミントに比べてスペアミントは香りがマイルドできつくないので使いやすいですし、リラックス効果も期待できます。

・ユーカリ

コアラが食べているというイメージが強いユーカリですが、実は虫除けの効果があるのです。
葉の形もハートの形があったりとさまざまなので、観葉植物としても好まれます。

ユーカリは、暖かくて乾燥した原産国のオーストラリアのような環境に近づけて育てるのが一番ですが、基本的には日当たりと風通しが良ければ育ちやすいです。

ただし、寒さには弱いので、冬は特に注意が必要です。

スポンサードリンク



家庭菜園で育てたハーブの活用法とは?

・ハーブの寄せ植えを作る

ハーブを寄せ植えにすることで、より虫除けの効果が期待できます。

ハーブの寄せ植えをベランダに置いておくことで、おしゃれな雰囲気を演出することができますし、虫除け効果もあるので、一石二鳥です。


ハーブの寄せ植えは、市販の培養土を使って簡単に作ることができるので、ラベンダーやミントなど、さまざまなハーブを使って香りも楽しみましょう。

・虫除けスプレーを作る

育てたハーブを使って虫除けスプレーを作ることができます。

鍋であハーブの葉を水に浸して、弱火で15分ほど煮だします。
これを冷ましてスプレー容器に入れたら、簡単に虫除けスプレーを作ることができます。

作ったスプレーを育てている作物に吹きかけることで虫除け効果が期待できるほか、香りのよいラベンダーなどのハーブを使うことで、リラックス効果を得ることもできます。



家庭菜園の虫除けにはハーブが効果的?【まとめ】

今回は、家庭菜園の虫除けに効果のあるハーブの育て方や活用方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ハーブは、ベランダなど日当たりや風通しが良く、排水性がある環境でなら簡単に育てることができるので、初心者の方にもおすすめです。


さらに、虫除け効果が期待できるだけでなく、香りも良いため、私たちにリラックス効果をもたらしてくれるので、まさに一石二鳥です。

家庭菜園に虫の問題はつきものですが、香りも豊かなハーブを使って、おいしい野菜を作るためにも乗り越えていきましょう!