家庭菜園は、手軽に始められることができる上に、自分で作った野菜を味わうことができるという喜びを感じることができるので、幅広い年代でブームになっています。

そんな家庭菜園ですが、おいしい野菜をつくためには、土の入れ替えが必要だということをご存じですか?

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

新しい作物を作り始めるときに、前に使った土があるからとそのまま使用してしまうと、作物の育ちに影響が出てしまう場合があるので、注意が必要です。

でも、土の入れ替えって結構大掛かりな作業のようなイメージがありますよね。


そこで、今回は家庭菜園での簡単な土の入れ替え方法や費用などについて、初心者の方にもわかりやすく紹介していきます。

スポンサードリンク



家庭菜園、なぜ土の入れ替えが必要なのか?

・作物が病気にかかりやすくなる

前回育てた作物が病気にかかっていた場合、その作物を収穫したとしても土には病原菌が残っている場合が多いのです。

そのため、そのまま次もその土を使い続けてしまうと、次に育てる作物も病気にかかってしまうので、おいしい野菜を作ることができません。


その場合には、土を入れ替えるか、土を殺菌することで、土の中にいる病原菌をいなくなさせる必要があるのです。

・作物の育ちが悪くなる

同じ土を使い続けることによって、水はけが悪くなったり根腐れを起こしたり虫が湧いてくる原因にもなります。
 
また、作物が生長するときには土の中の栄養を吸収していきます。
そして、その土は栄養分が少なくなる上に、土の中に残された根によってさらに養分が吸われていきます。

そのため、一度作物を再び使ってしまうと栄養が作物に行き届かずに生育不調となってしまうことがあります。

同じ科の植物を同じ場所に植えてしまうことで、連作障害というものを起こしてしまう場合があるので、できるだけ一度使った土は入れ替えるようにしましょう。

スポンサードリンク



家庭菜園で、土の入れ替えのタイミングとは?

・作物の栄養状態が悪いなと感じたとき

家庭菜園の土は、肥料で栄養を補い続ければいくらでも使えるというわけではありません。

もちろん、野菜を作ることで土の栄養は吸収されるのですが、その土に栄養を与えすぎてしまうと、栄養過多になって野菜が枯れる原因となるのです。

そのため、作物の栄養状態が悪いなと感じた場合には、肥料を足すだけではなく、土の入れ替えも考えましょう。

・輪作をする

同じ場所で同じ作物を続けて作っていくのではなく、違う科の野菜をその場所で育てることを輪作といいます。
野菜によって吸収する栄養分は異なるので、輪作をすることで、連作障害を防ぐことができるのです。


例えば、オクラやほうれん草などは輪作年限が1年なので、オクラやほうれん草を作った場所では次の年は違う作物を作るようにしましょう。

また、イチゴやジャガイモ、ブロッコリーなどの輪作年限は2~3年です。



家庭菜園の土の入れ替え方法と費用は?

・プランターの場合

プランターで作物を育てるには、団粒構造の土が必要です。

しかし、植物を育てていくと土の大きな粒は壊れ、小さな粒になってしまいます。
それにより、水はけや通気性が悪くなるので、作物が生育しづらい環境になってしまうのです。

プランターの土を入れ買いたい場合には、業者に頼むより断然自分たちの手で入れ替えたほうがお得です。
費用も1000円前後くらいなので、そこまで高くはありません。


まず、荒めのふるいと細めのふるいを使用して、一度使った土から根などの不純物を取り除きます。
不純物を取り除いたら、腐葉土やたい肥を使って栄養を補充しましょう。

入れ替えた土を処分したい場合は、近くのホームセンターの無料回収サービスを利用したり、土の回収業者を活用しましょう。
回収の費用は、土の量や回収業者によってもさまざまですが、大体の相場は500円から3000円くらいです。


土は自然物なので、自治体のごみ回収では回収されないことが多いです。
そのため、くれぐれも自治体のごみ回収と一緒に混ぜて出さないようにしましょう。


・庭や広い菜園の場合

庭の場合は自分でも入れ替えることはできますが、プランターに比べると少し大変かもしれません。
そのため、一人で行うよりは数人で行うほうがおすすめです。

また、庭や広い菜園の場合には専門の業者にお願いすることで、手間と労力を省くことができるかもしれません。
業者にお願いする場合の費用の相場は、土の量や家庭菜園の土の深さによっても異なりますが、だいたい5~15万円ほどでしょう。



家庭菜園の土の入れ替えは必要?【まとめ】

今回は、家庭菜園の土の入れ替えのタイミングや入れ替え方法などについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

野菜作りには土の環境も影響してくるので、良きタイミングで土の入れ替えをすることがおすすめです。



また、業者に土の入れ替えをお願いするときの費用も土の量や家庭菜園の深さ、業者のプランによってもさまざまだと思うので、自分の家庭菜園に合ったものを選んでください。

野菜がおいしく育つためにも土の入れ替えを忘れないようにしましょう。