ペットボトルをゴミ出しするときラベルをはずさないで出すとどうなるのかな?と悩んでしまうことありますよね。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

以前はそのままゴミ出ししていたのに最近はラベルをはずさないといけないというルールになっていますし…


自治体によっては回収日に回収してくれる所と、回収ステーションに持って行かないといけない所があり、特に厳しくなっているようです。

ペットボトルの正しいゴミの出し方って、どこまでするのが正解なのでしょう?


ペットボトルの回収センターによると、切り取り線のあるラベルのものは取り外してゴミ出ししてほしいそうです。

スポンサードリンク



ペットボトルをゴミ出しした後はどうなっているのだろう?ラベルをはがす目的は?

ペットボトルは回収後リサイクルして再利用するようです。
ペットボトル本体、ラベル、キャップでは素材が違うため、再利用されるものが違ってきます。


以前はそのまま分別せずにゴミ出ししても良かったのに、はずさないといけなくなった理由はあるのかな?と思いませんか?

容器包装リサイクル法の品質基準として、ラベルをはがすことが追加されたそうです。
ラベルをはがすことでペットボトル以外の異物が除去され、より効率的に高品質のリサイクルができるようです。

スポンサードリンク



ペットボトルのラベルをはずさないでゴミ出しするのはNG?正しいゴミの出し方は?

ペットボトルは回収後、リサイクルセンターに運ばれ全て手作業で仕分けされているようです。
毎日膨大な量を仕分けするのは大変ですよね。

夏などペットボトルの需要が増える時期は手が腱鞘炎になる方もいらっしゃるようです。


私たち一人一人が正しいゴミの出し方を守れば、少しは負担が減るかもしれませんね。

ちなみに、再利用されたペットボトルはワイシャツやカーペット、タマゴのパックや定規類、クリアホルダーなどの生活雑貨になるそうです。



ペットボトルの正しいゴミの出し方には、いくつかルールがある!

ペットボトルをゴミ出しするとき、つぶして下さい、ラベルをはずして下さい、軽く水洗いして下さいなどいくつかのルールが決められています。

決まった曜日に集積所に回収に来てくれる所や、回収ステーションに持っていく所など自分の住んでいる自治体はどうなるの?と確認することも大切ですよね。


隣どうしの市町村でも、ゴミ出しの方法は全く違いますよね。

集積所に回収に来てくれる自治体は良いのですが、新型コロナの影響でゴミステーションが閉鎖されペットボトルが捨てられない!!!という自治体もあったようです!

普段の生活がストップしてしまうのは困りますよね…



ペットボトルのゴミ出し、ラベルをはずさないとどうなる?【まとめ】

ペットボトル本体はリサイクルして再利用。キャップは以前プラスチックゴミとして回収されていましたが、現在は専門の業者さんが回収し、リサイクル資源として売られているようです。

その利益のお金は寄付されワクチンが作られるようです。
よく学校やスーパーなどでペットボトルのキャップ回収ボックスがありますよね。


ワクチンは世界中の子供たちのワクチンになるようです。

捨ててしまえばただのゴミになってしまいますが、これはこの後どうなるの?と少しの意識で社会貢献にも繋がるので決められた正しいゴミの捨て方をしてみるのも良いかもしれませんね。



自動販売機の横に設置されているリサイクルボックスですが、外ではなかなか分別して捨てることは難しいと思います。

自動販売機に飲み物を補充した後、リサイクルボックス内のペットボトルを回収してくれるそうですが中にはリサイクルボックスをゴミ箱と勘違いして、いろいろなゴミが入っているそうです。


ゴミが混ざったリサイクルボックスのペットボトルは衛生的にリサイクルできないとなると焼却処分となるようです。

自分の何気ない行動の後どうなるのか?と少し優しい気持ちで過ごしていきたいですね。