海水浴で車の鍵はどうするのがベスト?盗難や紛失対策を完全攻略!

夏の思い出作りに車で海水浴に出かける人は多いでしょう。しかし、そんな楽しい海水浴に水を差すのが車上荒らしです。

残念なことにこうした犯罪は人気のレジャーにはつきもの。しっかりと対策しておきたいところです。


そこで今回は海水浴での車の鍵の保管方法をまとめました。また万が一紛失してしまった時の対策も合わせてご紹介しています。

お出かけ前に、ぜひ参考にしていただければと思います!

スポンサードリンク

海水浴での車の鍵の保管方法

これまで車上荒らしにあったことがない人は警戒心が緩みがちです。
鍵をロックせず、車の中のダッシュボードに隠したり、タイヤの裏側に隠して海水浴に出かけてしまう人も多いようです。

このまま車上荒らしを企んでいる人に目をつけられてしまったら、簡単に荒らされてしまいます。

では、具体的にはどのような対策をすれば良いのでしょうか。

防犯レベル1:身近なものに隠す

海水浴に必須な日焼け止めやペットボトルなどの容器を利用して、小銭や車の鍵を隠しておくという方法があります。

ぱっと見で貴重品が入っているようには見えないため、盗まれないという考えです。
ただし、うっかりゴミと間違えて捨てないように注意が必要です。

同じようにクーラーボックスに隠しておくという手もあります。または、レジャーシートを敷く場合、その下に隠してしまう人もいます。

ただし、これらは紛失や盗難のリスクが依然として高いままです。
もう少し防犯性の高い手段も考えてみましょう。

防犯レベル2:肌身離さず携帯する

防水性のあるポーチなどを利用して身につけておくほうがより安心できます。
様々なタイプの商品があるのでいくつかご紹介しますね。

アイテム1:マリンカプセル

詳細

小銭や鍵を入れておくのに最適な小さなカプセルです。
首からぶら下げておけば紛失や盗難のリスクを減らせるので、のんびり海水浴を楽しみたい人にはおすすめです!

アイテム2:防水ポーチ

詳細
オーソドックスな防水ポーチです。先ほど紹介したカプセルよりもサイズが大きいのでスマホなどを携帯したいという人でも使えますね。

アイテム3:ウエストポーチ

詳細

ビーチボールを使った遊びなど、よりアクティブに海水浴を楽しみたい人にはウエストポーチタイプのほうが身動きが取りやすいでしょう!

アイテム4:アームパック

詳細

腕に着けて使うアームパックはウエストポーチと同じく、アクティブに楽しみたい人におすすめです。

今回ご紹介した防水グッズの中で、海を泳ぐ時に一番邪魔にならないのはこのアームパックでしょう。

以上のような防水グッズを利用すれば、紛失や盗難の恐れはグッと下がるでしょう。
それでも、リスクが0になるわけではありません。

そこで、もうワンランク上の防犯があります。

防犯レベル3:鍵を預ける

海水浴場には貴重品ロッカーが用意されているところがあります。
割高にはなるのですが、盗難や紛失の心配をせずに海水浴を楽しめるメリットは大きいです。

また、海の家によってはで貴重品預かりサービスを提供しているところもあるので相談してみましょう。

さらに穴場となるのが、最寄りの駅や旅館/民宿のロッカーを利用するという手です。

少し手間はかかりますが、海水浴場のロッカーに空きがない時でも利用できるかもしれません。
旅館や民宿に訪ねる時は事前にそういったサービスを行なっているか、電話やホームページで確認してみると良いでしょう。

また、自分でロッカーを作ってしまうという手があります。

キーボックス

ダイヤル式の小型の貴重品ボックスです。車のホイールなどに着けて使うことができます。

こちらは非常に便利に見えますが、1つ注意点があります。
1173(いいなみ)や0073(おおなみ)といった海を連想させる暗証番号は簡単に破られてしまうようです。同様に車のナンバーや当日の日付なども使用しないよう気をつけましょう。

海水浴で鍵を紛失した場合の対処方法

万が一、鍵を紛失してしまった場合は冷静に対処しましょう。
とにかくまずは思い当たるところをしっかりと探すことが大事です。
また、海の家などに落とし物として届けられていないか、きちんと確認しましょう。

車の中に鍵を置いたままロックした場合

インロックはありがちな鍵のトラブルです。
こうした場合はJAFのロードサービスや鍵業者に依頼することになります。

JAFの会員であれば無料で対応してもらえることもあるのでまずは確認してみましょう。
有料の場合は、鍵業者に頼むのとどちらがいいのか、対応までにかかる時間やコストを検討してみましょう。

完全に紛失した場合

通常はディーラーに相談するところですが、鍵の再作成には何日も時間がかかることが多いようです。
海水浴など、身動きが取れない緊急の時は鍵業者に相談してみると良いでしょう。早ければ即日対応できることもあるようです。

また、鍵の紛失の場合は警察に遺失物の届け出をするようにしましょう。
詳しい状況の説明なども必要になるので、できるだけ早めに相談したほうが良いです。

海水浴での鍵の紛失トラブルを防ぐグッズ

失くさないように気をつけるのが一番ですが、万が一紛失しても大丈夫なように備えておくことも大事です。
スペアキーを用意しておくことも有効ですが、紛失対策グッズを使うのも良い手段です。

スマートキュリオタグ

スマートキュリオタグはGPSを利用して、探し物を見つける手助けをしてくれます。
こうした紛失防止グッズはGPSを使うタイプとBluetoothを使うタイプに分かれています。

簡単に言うと、GPSは失くしたものの位置情報がわかるに対し、Bluetoothは失くした場所がわかるようになっています。

紛失トラブルを未然に防ぎたい方はこうしたグッズの利用も検討してみてくださいね。

スポンサードリンク

海水浴での車の鍵対策まとめ

以上、海水浴での車の鍵の紛失についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

せっかくの夏の楽しいレジャーが台無しにならないように、防犯紛失対策はしっかりしておきたいですね!皆様の夏の思い出が素敵なものになることを祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください