uqモバイルを【途中解約】したい!違約金や機種代の請求、料金の日割り計算などを解説!

現在quモバイルを契約しているものの、他社で魅力的なキャンペーンが行われている、サービスやサポートに満足できないなどの理由で途中解約を検討している人も少なくないと考えられます。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

uqモバイルを途中解約するにあたって、

・違約金は請求されるの?
・機種代金の請求はどうなるの?
・利用料金は日割り計算されるの?

これらの疑問を抱く人は大勢いると考えられます。
これらの疑問を解消しつつ、quモバイルを途中解約する際の要点を解説していきます。

uqモバイルを途中解約したら違約金は請求される?

結論から申し上げますと、現在uqモバイルで提供されているスマホプランやデータ高速プラン、データ無制限プランには契約の縛りがないため、いつ解約しても違約金が請求されることはありません。

しかし昨年末まで提供されていたプランでは契約の縛りがあり、場合によっては違約金が請求されることがあるので注意が必要です。

各プランごとの契約の縛りや違約金の情報をまとめると次のようになります。

・スマホプランS/M/L/R、データ高速プラン、データ無制限プラン…違約金はありません。

・データ高速+音声通話プラン、データ無制限+音声通話プラン…12ヶ月間の最低利用期間があり、最低利用期間経過前に途中解約すると9,500円の違約金が請求されます。

・おしゃべりプラン、ぴったりプラン…2年間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の月に途中解約すると9,500円の違約金が請求されます。

なおスマホプランM/L、データ高速+音声通話プラン、データ無制限+音声通話プラン、おしゃべりプラン、ぴったりプランは新規受付が終了しています。

これからuqモバイルを契約する場合には、違約金を心配しないで途中解約ができます。

uqモバイルの機種代金の精算方法は?

新規契約の際にもともと持っていたスマホを流用した場合、自分でSIMフリー端末を別途購入した場合、一括支払いでスマホをセット購入した場合、既にスマホ代の分割支払いが完了している場合には、途中解約をしても機種代金が請求されることはありません。

しかし端末を24回払いや36回払いなどの分割支払いで購入し、まだ支払いを終えていない段階で途中解約した場合、機種代金は引き続き支払い続けることとなります。

そのまま分割支払いで支払いを続けても良いですし、一括支払いで残債を精算することもできるので、自分の都合に合わせて支払いを済ませましょう。

利用料金は日割り計算される?

quモバイルを途中解約した場合、基本使用料は日割り計算されます。

月初に解約した場合と月末に解約した場合で不公平が生じることはないので、途中解約をしたいと思ったらいつ解約しても大丈夫です。

またスマホプランに付帯できる通話定額オプションや電話基本パック、端末補償サービス、メールサービス、割込通話サービスなどのオプションサービスも途中解約した場合には日割り計算となります。

一方で上記以外のオプションサービス(家族みまもりパックやUQあんしんサポートなど)の途中解約しても日割り計算とならず、一ヶ月分のオプション料金が請求されます。

日割り計算の対象とならないオプションに多数加入している場合には、やや注意が必要です。

uqモバイルを途中解約したい!【まとめ】

quモバイルでは現在新規申し込みができるプランでは違約金が請求されることがないので、いつでも安心して途中解約ができます。

また途中解約しても機種代金はそのまま分割支払いで支払い続けることができますし、基本使用料や主要なオプションなどは基本的に日割り計算となるため、月初に途中解約をした場合でも損をすることがありません。

格安SIMの中では特に良心的で途中解約がしやすいサービスと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください