現在では、ほとんどの方が満年齢の60歳で還暦祝いを行っています。

数え年…と言われると、ややこしくなってしまいますよね…



お祝いをするにふさわしい日取りは結婚式などの慶事でも選ばれる大安が良いでしょう。

大安は、お祝い事をするのにふさわしい日と言われていますが、仏滅にお祝い事をするのは避けた方がいいのでしょうか。

今回は、還暦祝いと仏滅についてまとめました。

スポンサードリンク




仏滅とは

何をするにも凶とされる日と言われ、特にお祝い事には不向きとされています。

しかし、絶対にお祝い事をしてはいけないというわけではありません。

六曜を大事にされるご家族であれば、お参りや祈祷の日程、祝い事や行事などの日程としては避ける、もしくは1日予定をずらすことで大安となるので、大安日を選ぶという人もいらっしゃいますが、家族みんながなかなか合わない事もありますよね。

大安、仏滅にこだわって家族みんなで日にちを合わせることに苦労するのも、ちょっと違うようにも感じます。

でも、参考に考えておくと良いかもしれませんね。

スポンサードリンク



仏滅に還暦祝いを行うメリットとデメリットは?

仏滅と言えば、あまり良くないイメージが強く、多くの人に避けられている日とされています。


こんな不吉な日にお祝い事を行うなんて…
と、特にご年配の人からそのように思われるようです。

みんなに避けられている仏滅ですが、仏滅の日にお祝いすることにもメリットもあるようです。


還暦祝いを仏滅に行うメリット

結婚式ではよく聞くと思うのですが、仏滅に結婚式の予約は少なく、予約を入れやすいこと、また仏滅は値段が安くなると言われており、経済的な事を考えて仏滅にお祝い事を行うという人もいるようです。

大安なら半年先でさえ予約がいっぱいで、なかなか予約をとりにくいものです。

一生に一度の結婚式、仏滅はやはり嫌だ!と気になる方にはお勧めは出来ませんが、特に気にならないのであれば、仏滅のお祝い事もいいのではと思います。

還暦祝いも同じように、お店の予約が取りやすく、気になるお店があった時には、予約がいっぱいで…と言った心配もありませんね。

また、仏滅には終わりと言う意味があり、新たに新しくスタートさせようと言う区切りの意味でもおすすめな時期だと言われています。

還暦祝いを仏滅に行うデメリット

還暦祝い等の祝い事を仏滅にする場合のデメリットについては、 世間体が一番大きいですね。

どうして仏滅なのにお祝い事をするんだろうと、非常識な人と言った印象を持たれることもあるかもしれません。

でも、家族で話し合って納得して行うなら、仏滅であろうが気にすることはないのでは…と思います。

還暦祝いの主役であるおじいちゃん、おばあちゃんが、仏滅を嫌う人でなければ、仏滅に還暦祝いを行うのも悪くはないかもしれませんが…
出来ることなら大安の日に行えると良いというのが本音ではないかなと思います。



還暦祝いを仏滅に行うのはOK?【まとめ】

いかがでしたか。

仏滅にお祝い事をするのは、縁起が良くないのでは?と思われがちですが、仏滅は思想の中の1つでありこれが原因で悪いことが起こるということはない、仏滅にお祝いはダメでないということも覚えておくと良いですね。

ただ、仏滅にお祝い事をするなんて非常識だ!
と思われる場合もあるので、お祝い事を行う前に、家族みんなで話し合ってから行うようにすると、いいかもしれません。

どうしても日を合わせることが難しい…
たまたまみんなが同じ日に休みを取ることが出来たのが仏滅の日だった…
と言うケースもあると思います。

そんな時でも、みんなで話し合って納得した上であれば、仏滅に行っても、思い出に残る良い還暦祝いになるのではないかと思います。

日頃の感謝を伝え、この先も長生きしてほしいですよね。
そして、これからもたくさんの思い出を作っていきたいですね。