五月人形の平均予算はどの位?買い方や買う時期も抑えておこう!

大切な子どもの健やかな成長を願い、節句のお祝いにお雛様や五月人形を飾るという風習を大事にしているご家庭も少なくはないでしょう。

今回はその中でも、男の子の端午の節句に飾る五月人形に焦点を当ててみました。

すると、まず最初に登場する疑問がこれです。

「五月人形の平均予算はどのくらいか!?」

かわいい孫のためにとおじいちゃんおばあちゃんが買ってくれる場合でも、愛する我が子に自分たちで用意するという場合でも、ある程度の金額を知って納得のいく買い方をしなければなりません。

しっかりと予習していきましょう!!

スポンサードリンク

五月人形の基礎知識

五月人形は鎧や兜をメインとし、弓や太刀などの強く勇ましさを感じる道具が並びます。

これらの道具は、武将にとって身を護るための大事な装備品です。

そのため端午の節句では、これらの道具に「我が子の身を守り力強く成長しますように」という願いを込めて飾るといわけです。

つまり、五月人形は男の子にとって大切なお守りになるというわけですね。

五月人形の種類別平均予算

五月人形も雛人形のように種類によって大きく予算も変わってきます。

主にどのような種類があるのか確認しながら、その平均予算をチェックしておきましょう。

鎧飾り

頭も護る兜はもちろんのこと、胴体を護るための鎧も含めた全身タイプのものになるので、飾るスペースがそこそこ必要になります。

最も迫力があり豪華なタイプの五月人形ですね。

平均予算:10万円~50万円

兜飾り

鎧飾りのように全身ではなく、兜の部分だけの飾りなので比較的コンパクトなタイプとなります。

兜だけとはいえ色や形も様々で、お気に入りの武将のモデルを選びたいなど、こだわればいくらでも選択肢があるので、予算の幅も広くなってしまいますね。

平均予算:5万円~20万円

大将飾り

鎧兜のような迫力のあるタイプとは異なり、愛らしい顔をした男の子の人形のお飾りです。

柔らかい雰囲気のものが多いのが特徴的ですが、兜をかぶったり弓太刀を持った男の子のお飾りなどもあり、柔らかさの中に勇ましさも感じられる五月人形です。

平均予算5万円~15万円

上記のように、平均予算といっても価格帯の幅が広く参考にしづらいかもしれません。

ですが、高いものにはそれなりのわけがあり、ブランド品であったり国産材料の使用割合であったり、有名な職人さんの手作りであったりと、目にしても手にしても、やはり何かが違う感じがします。

コスパや置くスペース、収納スペースなどに重きを置いたり、品質に重きを置いたり、その価値観は様々なので、誰が何を持っているからなどは気にしないようにしましょう。

いずれの種類の五月人形も、ケース入りのものはコンパクトになるせいもあってか、比較的安い価格帯に多いようです。

五月人形の買い方や買う時期は?

五月人形の買い方としては、主に人形屋さん、デパートや大型ショッピング施設などの催事場、インターネットでの販売となります。

それぞれに特徴があり、人形屋さんで買う場合にはやはり専門家の知識の元で選ぶことができる安心感と種類の豊富さ、在庫の確保などの強みがあります。

また、デパートや大型ショッピング施設などの催事場での購入は、その施設のポイントが貯まったり、気軽に下見しやすいことなどの特徴があります。

そして、インターネットでの購入は、とにかく幅広く商品をチェックできること、比較検討がしやすいこと、24時間いつでもチェック・購入できることが強みです。

ただ、多くの人が手軽にチェックできるだけあって、売れ筋商品はすぐに完売となってしまうのが難点となります。

買う時期としては、納期のことも考えるとあまりギリギリはオススメできません。

桃の節句が終わる3月上旬から4月上旬までの期間が、種類も豊富となってオススメですが、インターネットでの購入を考えている場合は、それよりも少し早めの2月あたりからこまめに在庫チェックしながら、これ以上の新商品は出ないかな、セールにはならないかな、という見極めも必要になってくるのでがんばりましょう。

このように、買い方によっては早めにチェックする必要があるので注意してください。

スポンサードリンク

五月人形の平均予算【まとめ】

用意できる予算や好みの違いはもちろんですが、大きな広間がある家と、飾るスペースの少ない家とでは、五月人形の選び方も大きく異なってくると思います。

大きければ良い、高価なほど良い、というものではありませんし、何でも良いというものでもありません。
平均予算はあくまでも目安です。

大切な子どもを守り健やかな成長を願うために飾る五月人形ですから、本当に気に入ったものを用意できるよう、下調べをしっかり行い時間に余裕をもって準備しておきましょう。