マッチングアプリで出会った人に実際会ってみたら、顔が全然違う!そんなエピソードよく聞きますよね。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

実は、マッチングアプリでの写真を本来の自分とは全く違う別人のようにしてしまうことが原因なのです。


これは「写真詐欺」と言われていたりします。

そこで今回は、マッチングアプリの顔写真から写真詐欺を見極めるポイントと対処法をお伝えいたします!

スポンサードリンク



マッチングアプリの顔写真ってどんな感じなの?

マッチングアプリでの写真、それは一番最初に目につく大事なプロフィール写真。

そのため、誰もが意気込み、自信のある渾身の一枚を載せてくるのです!


しかし、その気持ちが大きく出てしまい、実物とはかけ離れた「傑作」を載せてしまうことになってしまうのです。



マッチングアプリ、実物とは顔が違う写真をどうやってつくるの?

今、若者の間では、盛れるアプリが普通に使われています。

この盛れるアプリの機能性が高まり、実物とは全く違う顔にしてしまうこともあるのです。


先程申し上げたように、マッチングアプリでのプロフィール写真に、素敵な自分の写真を使いたい気持ちは痛いくらいわかります。


しかし、盛れるアプリを使うことで、本来の自分が全く分からないような写真にしてしまう人がいるのも事実なのです。

また、写真を加工してしまう理由として、コンプレックスを隠すためにこのような加工アプリを使用する人もいます。


結婚するためには、本当の自分をみてもらうことを避けては通れないのに、第一印象を良くしたいあまり、本当の自分とはかけ離れてしまうのです。

スポンサードリンク



マッチングアプリの顔が違う?「写真詐欺」でがっかり…

よく、マッチングアプリで出会った人と実際に対面したら、全くの別人の顔でがっかりした!という話を聞きます。


マッチングアプリの画面上では、自分の好みの女性だと思っていたのに、いざ会うと、全く真逆の顔をしていた!というのです。
折角、時間をかけて、ここまで駒を進めてきたのに…


そう考えると悔やみきれない気持ちでいっぱいのはずです。
裏切られた気持ちにもなるでしょう。

そうならないためにも、対処法を学んでおきましょう!



マッチングアプリで写真詐欺を見極めるポイントとは?

加工した写真にはいくつかの特徴があります。


それは、目が極端に大きいこと、顎が極端に細くなっている事、顔が明るすぎる、しわが全くないなどです。

まず、これらのポイントに引っかかる場合は、加工しているかもしれないと疑ってよいでしょう。
それらは、明らかに感じる違和感ばかりなのです。


しかし、相手に「加工してる?」と聞くのはご法度です!
そっと心の中で、アラートを鳴らし続けましょう。


対処法としては、加工していない写真を送ってもらます。

お互いメッセージになれてきたら、アプリを使わない写真を送りあうようにするとよいでしょう。


送って、と一方的に写真をねだるのは、疑っていることが前面に出てしまうので、自分も送るから送ってと、一緒に交換しましょう。


対面する前に、本来の姿を確認しておくことで、写真詐欺を防ぐことができます。
また、対面の場で、写真詐欺だと気付くこともあるかもしれません。


その時に、がっかりしないように、初めから期待しすぎないことも重要です。


対処法として、対面の場で写真詐欺だと気付いたら、早めに切り上げるなどして、短時間で終わらせるようにすることも、ストレス軽減になります。



マッチングアプリと実際の顔が違う?【まとめ】

マッチングアプリで見かける写真には、加工されているものも多く使われています。


その写真を信じたままだと、いざ対面するときに、写真詐欺だと感じてしまうかもしれません。

プロフィール写真には誰もが一番のお気に入り写真を載せたいものだということを念頭に置き、対面する前に、相手の本当の姿を確認できるよう、上手く距離を縮めしょう。


そして、本来の自分の姿をお互いに確認するようにしましょう。

折角の対面の場で不快な気持ちにならないためにも、対処法を学んで、実践してみてくださいね!