婚活中の【ライン(Line)】は毎日必要?頻度や話題についても教えて!

婚活をしていると相手との連絡のやり取りは避けて通れないものです。
寧ろ、婚活で出会った相手となると、お互い知らない部分が多いことから、ライン等よる意思の疎通はより重要度が増してきます。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

しかし、仕事などに追われていたりすると、そのやり取りが時に面倒くさいと感じてしまうこともあるのではないでしょうか…。

そこで、婚活を経て理想の相手と結婚をした筆者が、成功へ導くラインの会話術をお伝えします!


婚活中のライン毎日は正直面倒くさい?

婚活中、相手とのラインの頻度はどの程度にしたらよいか…悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

筆者も婚活を通じて出会った男性とは必ずラインを交換してメッセージを交わしていました。
時に複数の男性と同時にやり取りをすることもあり、ラインは外せないツールでした。

しかし、仕事などで多忙な毎日を送っている女性にとって、その返信一つが、時に面倒くさいと感じてしまうことがあるのも事実。ではなぜ、面倒くさいと感じてしまうのか…。

その原因は、ラインの頻度にあるのです!



婚活で面倒くさくない理想のライン頻度は?

「ラインの途切れが縁の切れ目」と言われることもあるように、婚活中は相手とのラインのやり取りが途絶えた時点でその相手との脈もなくなってしまうことも多々…。

そのような前提が頭にあるため、なんとかして毎日メッセージが途切れないように、と四苦八苦してはいませんか?


しかし筆者は、そのようにしてメッセージを送った男性とは上手くいくケースはありませんでした。
上辺だけの会話だということが見透かされていしまうのかもしれません。


筆者が結婚までこぎつけた相手とのライン頻度は実に「1日1往復!」。
これ以上はお互い送りません。

どんなに話したい気持ちがあっても、続きのネタがあっても、です。
でも、この1往復がお互い面倒に感じさせず、また明日のラインを楽しみにできる鍵なのです!


そしてもう一つ大切なこと、それは、最後は必ずお互いに「おやすみなさい」の挨拶で締めくくってください!



婚活のラインで面倒くさくならない話題とは

婚活中の相手とのやり取りと言えば、ついつい仕事の話などの堅い話や、タイプの異性の話、理想の家庭像、過去の恋愛話などの、真髄をついた話になりがちです。

しかし、筆者は仕事の話や異性の話は全くと言っていいほどしておりません。(勿論どんな仕事をしているかくらいの情報交換はしていますが)


例えば相手のこれまでの女性遍歴など、気になってしまう女性もいるかと思います。
正直、筆者も気になっていました。

しかし、そこは我慢してその話題には触れないようにしたのです。
すると、自然とそれ以外の話になり、より自然な会話になっていくのです。


趣味や休日の過ごし方について、より純粋に会話を楽しめていることに気が付きました。
また、どこにデートに行きたいか、どんなご飯が食べたいか、そんなことも少しずつ二人で話し合って決めていくようにしました。


デートの行き先やご飯のお店を決めるのは、男性主導な風潮がありますが、二人で決めていくことで、「共同作業意識」を植え付け、二人で一緒にやっていくという、その先にある「結婚」をより意識することができるようになったのです。

婚活中のライン(Line)は毎日必要?【まとめ】

婚活の先にある結婚を目指している以上、ラインなどのメールのやり取りは避けて通れないものです。

しかし、義務として捉えてしまうと、やり取り自体が機械的になってしまう恐れがあります。
義務として捉えるのではなく、「二人で作り上げていくもの」そんな気持ちで進めていけると、より自然に楽しく毎日やり取りができます。


そして、二人の結束力も強まり、その先の新婚生活をも想像できるようになってくるのです。
実はライン交換から二人の人生は始まっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください