マッチングアプリでは【偽名】を使った方が良い?本名を教えるタイミングは?

「マッチングアプリを使ってみたいけど、本名で登録した方が良いの?」と疑問に思う方は多いのでは?


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

結論から言うと、マッチングアプリで本名を登録することは危険なので絶対にやめてください。

今回の記事では、本名を教えてはいけない理由と、本名をばらさないようにする対策法等をお伝えします。


*筆者紹介
筆者は、8個のマッチングアプリを使って52人の男と出会い、マッチングアプリ経由で出会った方と現在お付き合いしています。
本当に優しい恋人で、今はとても幸せです。
今までのマッチングアプリでの経験を元に記事を書いています。


なぜマッチングアプリで偽名を使った方が良いの?本名を使わない理由とは?

読者の方は、きっとfacebookやlineを使っている方が多いですよね。

例えば、本名を教えた時に、その本名をGoogleで検索して個人のページに飛んでしまうと、あなたの出身の高校・大学・どの会社に勤めているか・友達は誰がいるのか等、すべてわかってしまいます。



もしマッチングアプリに業者がいて、あなたの本名で検索して情報を入手して悪用されたら危険ですよね。
自分自身を危険にさらさないためにも、本名で名前を登録することは絶対にしないでくださいね。



マッチングアプリの人に本名がばれないようにするには?

まだ知り合って間もないから、本名を教えたくないけど、「LINE交換しよう」等を言われて、LINE交換せざるを得ない時もありますよね。



危険に身をさらさないためにも、LINEのアカウントは本名の名前をひらがなで登録する等をして、対策をしてください。
下の名前の漢字が珍しい場合もあるので、漢字で登録することは避けましょう。



実際に筆者は下の名前の漢字が割と珍しい漢字なので、下の名前を漢字でよく知らない人に知られるだけでも、個人情報が特定されるのではと怖いです。


下の名前の漢字が珍しくない人でも、「自分の下の名前+どこに住んでいるか」がわかったときに、個人情報知られる危険性がないのか?考えてみると危険性がわかります。



マッチングアプリで、本名を伝えるタイミングは?

本名を伝えるタイミングは「実際に会って、相手から聞かれたら」でよいです。

マッチングアプリに本名の下の名前をひらがなで登録していたら、偽名ではないですし、呼ぶのに困ることもないはずです。



私は、相手の本名を聞くときは、会って3回目にしていました。
本名は非常に大事な個人情報ですし、相手の男性も、初回で本名を教えるのは嫌かなと考えたためです。

3回目に会うのであれば、お互いに多少なりとも好印象があるので、3回目のデートで本名を聞くのは問題がないです。



実際に筆者は、現在お付き合いしている方はマッチングアプリで出会ったのですが、ラインを交換してから本名を聞きました。



お付き合いした後に、お互いがfacebookを使っていたので、facebook上で友達になりました。

付き合う前にfacebookで友達になることはやめましょう。

Facebookが情報の宝庫なので、特に親しい人・自分の所属する組織の人以外に教えるのはリスクが高いです。



Facebookでは、登録していても、名前で検索しても情報を非公開にすることもできるので、そちらを使うのも手です。
自分自身に友達申請をできるようになるのが「自分の友達の友達まで」等の設定ができるので、おすすめです。

筆者もこの設定をしているので、Facebookを利用していますが、検索した人が自分の友達の友達でない限り、自分の情報を検索することはできません。


マッチングアプリでは偽名を使った方が良い?【まとめ】

マッチングアプリで本名を登録することは絶対にやめてください。

偽名を使うまではしなくても、本名の下の名前のみ、ひらがなで登録する等の工夫をしましょう。
LINEのアカウントも本名で登録している方が多いですので注意が必要です。

そこに気を付ければ、安心な出会いがあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください