マッチングアプリでの【成功例】は?出会いの成功率を上げる秘訣・コツは何?

簡単に異性と出会えるとのことで話題のマッチングアプリ。

「挑戦してみたいけど、うまくいかなかったらどうしよう。」と考えて二の足を踏んでいる人も多いのでは?


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

何も始めないで、ずっと仕事と女子会だけで過ごしていると、ずっと彼氏ができないということになってしまうかも?

そのような状況にならないためにも、マッチングアプリを検討してみては。



マッチングアプリを使ってみたいけど不安な気持ちがあるというあなたのために、今回はマッチングアプリでの成功例をお届けします。

この記事を読めば、マッチングアプリへの不安が払しょくされるはず。



8個のマッチングアプリを使って52人の男と出会い、マッチングアプリ経由で出会った方と付き合った経験がある筆者がお届けします。


マッチングアプリ成功例①だらだらメールをせずにすぐ会った

私は、メールを1週間くらいして仲良くなったら、自分から「今度軽くお茶でもいかがですか?」と誘っていました。

実際に会わないとその人がどんな人かわからないですし、だらだらメールばかりして時間を食われるともったいないからです。



婚活において、女性は時間との戦いでもあります。
やはり、女性は若ければ若いほど、出会える男性の層が広いからです。


今は一番あなたが若い年です。
自分に興味がない人に割く時間は1秒もないので、とにかく多くの人と会えるように、時間にもシビアになってみてください。

その方が最終的に自分にもメリットがあります。



いきなり会うのが不安、という方は、まずは喫茶店かランチデートにしてみてください。
費用の負担も少ないですし、時間も1時間くらいで済むはずです。

男性側にとっても、初回の費用の負担が少ない方が会いやすいですよね。



マッチングアプリ成功例②受け身にならずに、自分からデートの場所を提案した

次に会う約束ができても、気を抜いてはいけません。

男性にまかせっぱなしにするのではなく、自分からデートする場所を提案してみましょう。



具体的には、次のデートの場所がある程度決まっていたら、相手の好きなものを聞いて、そのお店を3候補くらい調べて、相手に提案しましょう。



「こういうことって男性がするものではないの?」と思っている方は、その考え方はまずいったん捨ててください。

もちろん、女性にずっと任せっぱなしにする男性はどうかと思いますが、お互いに好きなものを提案できる関係が理想だと思うのです。



男性の方も、こちらが提案したら「前は探してもらったから今度は僕が探すよ。」となるかもしれません。

自分が女性だからと言って、相手に任せきりにするのは絶対にやめましょう。



マッチングアプリ成功例③本当に付き合いたい人には、手土産を渡していた。

私は、本当にいい人で付き合いたいな、と思った人には2回目のデートで手土産を渡していました。

高いものでなくてよいので、500円以下くらいのものを「駅で時間つぶしているときにおいしそうだったので食べてください。」等言って渡してみてください。



重要なのは値段ではなくて、男性に「自分のために時間を割いて選んでくれたのだ。」と思ってもらうことと、男性にデートが終わった後も自分を思い出してもらうことです。


簡単にできることなので、ぜひやってみてください。


マッチングアプリでの成功例は?【まとめ】

成功例として3つの例を挙げましたが、大切なのは相手のことを思いやって行動することです。

マッチングアプリを使っての失敗談等を聞くと、マッチングアプリを使おうと思っていた気持ちが萎えてしまうこともあると思いますが、躊躇せず、まずは気軽に試してみては?

皆様に良い出会いがあることを、心から願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください