モテる電話の仕方や話題って?電話の切り方等注意点もご紹介!

みなさんは、異性との電話をするとき、電話の仕方についてどのくらい意識しますか?

実は、モテる電話の仕方があるのです!


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

今回は、モテるための話題づくりや電話の切り方といった注意点までも伝授いたします!

また、電話をする際に必ず目にするline背景やlineミュージックもモテるためには、とっても重要なのです!

そこで、おすすめのline背景やlineミュージックについてもご紹介いたします!

モテる電話の仕方とは?

電話は顔が見えないコミュニケーションツールだからといって、気を抜いて普段通りに話をしていませんか?

実は、声だけのコミュニケーションは良い方向にも悪い方向にも転びやすいのです。

時に誤解を生んでしまったり、時に恋愛に発展することだってあるのです!

声から始まる恋愛もあるのです!

それは、美声だったからというわけではないのです。

電話の仕方から好印象を与えることができるからなのです!

では、具体的にどのような電話の仕方がいいのでしょうか?

それは、

「言いたいことはコンパクトにする!」

ということです!

よく女子にありがちなのが、だらだらと女友達と話すように会話してしまうというものですが、実は男性は、あまりだらだらとした会話は好まない傾向にあります。

そのため、端的に伝わるような会話の仕方だと好意的に思われるのです。

モテる電話の話題って何がいいの?

異性との電話で何を話したらいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

話が続かなかったらどうしよう…

沈黙になってしまうかもしれない、などと不安は尽きませんよね。

そこでおすすめの話題が「その日の出来事を話す」というものです。

他愛もない日常の出来事の報告でよいのです。

そして、その際、気をつけたいポイントがあります。

それは、自分が中心になって話すのではなく、相手に共感して、相手から話を引き出すということです!

例えば、

「今日どうだった?」

「それは大変だったね~」

などの相手を主体にする話し方を心掛けるということです!

これをすることで、一気に会話がスムーズに流れ、電話をしていて楽しいと思ってもらえるようになるのです!

電話の切り方の注意点はコレ!

話したいことが終わったら、必ずやって欲しいこと、それは「挨拶」です!

挨拶といっても、改まったものではなくてもいいのです。

「また話そうね」

「今日はありがとう」

などの簡単なものでよいのです。

次につながるような終わり方はとっても大事なのです!

また、みなさんは電話が終わるとともに携帯のボタンを即座に押していませんか?

実は、モテる人はそのようなことはしていないのです!

電話の切り方にも注意点があるのです!

電話の切り方でおすすめの方法が、

「通話が終わってから3秒置いて切る」、

という方法です。

これなら、いきなり切られたというような誤解を相手に与えることもありませんし、相手にも良い印象を与えること間違いなしです。

モテるline背景とlineミュージックはコレ!

電話を掛ける時に必ず目にするのが相手のlineの背景ですよね。

普段はあまり見ることがないかもしれませんが、電話をかける際は必ず目に触れる部分です。

そのため、背景に何を設定するのかで、アピールする内容が大幅に変わってくるのです。

例えば、自分の好きなアーティストや好きな食べ物などを背景に設定している人は、自分の趣味などについてアピールしています。

今後、ここから話が膨らむ可能性があるのです!

また、今おススメのモテるline背景は、「アイコンと背景の統一感をもたせる」というものです。

例えば、背景にお花畑を設定し、アイコンには、自分が花冠を被っている写真を設定するのです。

そうすることで、ぐっとその世界に引き込んでしまうような世界観が出来上がります!

また、lineのミュージックも、電話を掛ける際には必ず目にするものです。

そのため、モテるlineミュージックにするには、相応の曲を選ばなくてはなりません。

一般的にラブソングがモテるlineミュージックなのでは、と思う方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし、実はラブソングだと重いと感じてしまう男性もいるのです!

そこで、おススメは「ラブソング以外の明るい曲」です。

前向きになれる曲や、幸せな気持ちになれる曲を選ぶことで、明るい性格を想像させることができるのです!

モテる電話の仕方や話題って?【まとめ】

電話で異性と話すことに苦手意識をもってしまっている方も多いですよね。

話す内容などを考えるだけで、緊張がとまらなくなってしまものです。

今回お伝えした、モテる電話の仕方を参考に、異性から好感をもってもらえる電話で、よりよい関係性へと育んでいってくださいね!