年の差で破局した理由は?なぜ振られたのか、復縁可能なのか解説!

年の差カップルの破局理由は一体何が多いのでしょうか?

順調にいっていたと思っていたら、突然降られたというケースもありますよね。

なぜ振られたのか分からなくて悶々としたり…。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

また、破局後も相手のことが気になる場合は、復縁は可能なのかも気になるところですよね。

破局後は、気持ちの整理がなかなかつかない人も多いはずです。

今回は、そんな年の差カップルの破局理由に迫ります!

また、振られた時の対処法についてもご紹介いたします!

年の差カップルの破局理由はずばりコレ!

一つ目の破局理由として考えられるのが、年の差があることで、恋人同士というよりも、「兄弟」や、時に「親子」のような関係性になってしまうことが挙げられます。

これは、ある程度長くお付き合いをしているカップルによく見られる傾向です。

そのため年下側は、普段からあまり年上側に頼りすぎないようにすることも大切です。

一度、兄弟や親子のようだと感じてしまうと、なかなか恋人同士のようには戻りにくく、破局につながってしまうのです。

二つ目が、周囲の声に惑わされてしまうことが挙げられます。

年の差カップルは、その年齢差に対して、どのように思われているかを気にします。

認めてくれる賛成意見ならよいのですが、場合によっては、反対意見もあることでしょう。

特に親や親族からの反対意見は、本人たちにとっても真摯に受け止めてしまいます。

そのため、周囲の反対意見により、自分たちの関係性をこのまま継続してもよいのかどうかを悩むようになることがあります。

すると、次第に熱が冷めてしまい、破局を迎えてしまうのです。

年の差カップルの破局!振られたのはなぜかわからない時に考えられることとは?

年の差カップルで上手くいっていたのに、突然降られた場合、その理由は一体何なのでしょうか?

これと言ったはっきりした理由が思い当たらない時ありますよね。

そんな時、考えられる振られた理由がこちらです。

一つ目の理由としては、年の差ゆえに相手に甘えすぎてしまい、相手がいつしか重く感じるようになり、別れを告げるというパターンです。

知らず知らずのうちに相手に依存しすぎてしまった結果、振られてしまうことはありがちです。

二つ目の理由として多いパターンが、年上側が、年下側に年齢差のことで申し訳なく思ってしまい、振ってしまうというものです。

もしかすると、相手と長い老後を一緒にいられないかもしれない、あと十数年で介護をさせてしまうかもしれない、と相手を想うあまりに、別れを決断するケースがあります。

相手を想うゆえに別れを決断するなんて、切ないですよね。

年の差カップルの復縁は可能なのか?

破局を迎えても、相手のことが気になる場合、復縁は可能なのか頭によぎりますよね。

できればもう一度あの時に戻りたい、そう思うこともあります。

ずばり、年の差カップルが破局後に復縁することは、可能なのです!

具体的にどのような場合、復縁可能なのかというと、年上の相手が一方的に年齢に引け目を感じたりして破局した場合です。

この場合は、年下側がフォローすれば、今後の関係を続けることもできます。

逆に、話が合わなかった場合などは復縁の可能性は低くなりそうです。

これは、性格や価値観の相違であるため、ただ単にお互い合わなかったものとして諦めるより仕方ないのかもしれません。

年の差カップルの破局で、気持ちの整理が難しいときの対処法とは?

突然の破局を迎えると、気持ちの整理が難しいですよね。

自分が悪かったのかもしれない、とかあの時こうしていればなどの後悔が頭をよぎって離れなくなりがちです。

しかしそんなとき、おススメの方法があるのです!

それは、一旦、「ひとつの出来事」として受け止めるということです!

客観的に「出来事」として見届けるのです。

出来事の中には、楽しいこともあれば辛いことや悲しいこともあるはずです。

自分のひとつのアルバムとして、遠くから優しく見つめてみましょう!

すると、次第に心も落ち着きますよ!

年の差で破局した理由は?【まとめ】

年の差カップルは、その破局理由が一見はっきりとわからないことがあります。

そんな時は、今回お伝えした理由が考えられるかもしれません。

また、破局理由によっては、復縁も可能になってきます。

その場合は、年の差をしっかりフォローするようにしてください!

もし、復縁しない場合であっても、一つの出来事として心にそっとしまって、また新たな一歩へと前進してくださいね!