メンズ化粧水の塗り方は?適正量や手順を解説!

最近では男性でも美意識の高い人が増加しており、その中でも肌のケアは一番関心の高い項目となっているのではないでしょうか。

以前は関心がなかった人でも世の中的に流行となると自分の肌の状況を気になりだすのも人間の心理と言えるでしょう。

正直、年齢の若い頃はそこまで肌のことを気にしなくても、ある程度のキレイな肌を保つことは出来たことでしょう。

しかし、年齢を重ねてくるとどうしても気になってくるのが肌のシミやシワ、そして肌荒れではないでしょうか。

そこで今回は男性の化粧水の塗り方や適量、塗り方の手順などを解説していきます。

メンズが行う化粧水の塗り方や適正量は?

男性でも女性でも塗り方の違いは正直ありません。

いずれにせよ、肌をキレイに保つための方法はほぼ、男性でも女性でも同じといっても良いでしょう。

そこで化粧水の塗り方や付ける量、手順までを具体的に解説していきます。

塗り方

先ずは塗り方から解説していきます。

・手のひらに直接つけて塗ってもOKコットンを使うと尚良し
・肌に染み込ませるように手のひらで押し込むように塗る

塗り方については簡単です。

基本的に肌に染み込むように塗るというよりも、押し込むといったイメージの方が良いかもしれません。

コットンを使うとパックのように一時的とはなりますが、肌に染み込みやすくなります。

適正量

つける量としては基本的に多めの方が良いと思います。

最初は手のひらに10円玉程度の量を取り、手から溢れない程度の量を取りますが、その後に足りない量を再度出すといったように状況によっても変わりますが、量は多めを意識しましょう。

メンズ化粧水の塗り方の具体的な手順とは?

では、具体的な手順を解説していきますが、塗り方と少し重複することもあるかと思います。

手順としても簡単ですので、実践してみることをオススメいたします。

・ホットタオルを作り顔にあてる
・洗顔をする
・化粧水をつける

洗顔をしてから、化粧水をつけるところまでは一般的かもしれませんが、洗顔前にホットタオルを顔にあてると肌をキレイにする効果は高まります。

ホットタオルを顔にあてることにより、肌の汚れを浮き出してくれる効果が期待できるため、このひと手間が本当にオススメです。

そもそも気持ち良いので一度実践するとリピートしたくなるかもしれません。

肌のお手入れは基本的に毎日の事となりますので、そこまで細かく決めるというよりも日々、実行出来ることを確実に毎日こなすといった事が後々、年齢を重ねた肌に自信を持てる要因となるでしょう。

継続することが何よりも一番大事なこととなってきます。

化粧水を購入する際もご自身のお財布事情と相談とはなりますが、手頃な物で十分な場合がほとんどです。

高い物だと、毎日の事となりますので、どうしてもランニングコストが高く付きます。

少し安い化粧水でも継続して利用できる物を選べると良いですね。

メンズ化粧水の塗り方は?【まとめ】

お気づきかもしれませんが、肌のお手入れについては意外と簡単な手順の事が多いです。

その中でも細かな注意点もありますが、習慣化することが出来ればストレスなく毎日実行できる事でしょう。

肌荒れやシミ、シワに気づいた時には取り返しのつかない事態になりかねないので、早め早めのケアを心掛けていきましょう。

そして、肌の状況や質は人によってそれぞれ違うのも事実です。

日々のケアを実践している内に自分なりの最適な方法を見つけ出せることもあります。

最初のわからない時は人のマネをすればよいと思いますが、慣れてくると今の状況に合わせて、適切な対応が出来るようになってきます。

先ずは実践です。

この記事を見た日からでも遅くはありません。

あなたの今は人生で一番若い時なのですから。

今が満足いく肌でない場合でも、手遅れと思わず先ずは実践してみることをオススメいたします。